JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

相続の権利放棄をした人が、後からその人にたいして遺言書が出てきて、相続してもよい、とゆう内容だったとき、相続できるの

解決済みの質問:

相続の権利放棄をした人が、後からその人にたいして遺言書が出てきて、相続してもよい、とゆう内容だったとき、相続できるのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

相続できません。

相続放棄というのは、遺言書があるとかないとかにかかわらずするものです。

「遺言書があったら相続放棄しなかったのにー」と言うくらいなら最初からしなければいいだけの話で、相続放棄したことをなかったことにはできません。

相続放棄をなかったことにするには、騙されたとか勘違いで放棄をしたという場合に限られます。
しかし、本件ではそのような事情はなさそうですので、相続することはできません。

「借金ばかりだから放棄した方がいいぞ。」といったことを信じて放棄した場合くらいですね。
「遺言書があるとは思わなかった。」という場合には、放棄をなかったことにはできません。
jo-banをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問