JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

jo-banに今すぐ質問する

jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。 専門家の方のご教授頂きたく 質問させて頂きます。 先日、知人と知人の営む店で飲んだ後、泥酔してしまい 呼んで貰ったタクシーで暴れてしまいました。 お恥

解決済みの質問:

はじめまして。
専門家の方のご教授頂きたく
質問させて頂きます。

先日、知人と知人の営む店で飲んだ後、泥酔してしまい
呼んで貰ったタクシーで暴れてしまいました。
お恥ずかしい話ですが、記憶が定かではありません・・・

その時は、お巡りさんも来て、彼女が迎えにきてくれて
話してくれたのですが、運転手の方は見る限り無傷で
「メガネにかすって飛んだ」と、証言された様ですが
「念の為、病院で検査する事は承知して欲しい」と言われ
お相手のタクシー会社の住所と電話番号、運転手さ んの携帯番号と
コチラの住所と電話番号を交換して別れ
翌日、コチラからタクシー会社に電話したところ
担当の者が明日でないと来ないという事で
また翌日に電話し謝罪したところ、運転席と後部座席の仕切りになってる
アクリル板が壊れた。整備課に見積もりを取らせるという事になりました。
(ドライブレコーダーに私が暴れてる姿が映ってる様です)
そして続けて、運転手さんの携帯にかけ謝罪し、
お加減を聞いたところ

「さっき病院に行って検査を受けてきた。」

それで、どこか怪我されてるのか確認すると

「分からない。だから1か月後位にまた検査する」

そして、

「今、警察にいて被害届を出してる」

「電話で謝罪してくれた事は心に留めておく」との事・・・。

正直、見る限り無傷で、(彼女と知人のお店の方もそう言っておりました)
(因みに、知人の店の人は目撃されてた様で、タクシー内で暴れてしまったのは見たが
運転手に当たってる様には見えなかった・・・と教えてくれました。)

当日お巡りさんが居た時点では、被害届を出されなかったのに・・・
という思いもありましたが、何分記憶も定かではないので

「では、今後どうすれば?」

と、聞いたところ

「警察からの連絡を待って対応してほしい」
「コチラから連絡する事はない」

との事でした。

長文になってしまいましたがお聞きしたいのは4点です。

1.「今後、どうなってしまうのか?」
(漠然とした質問で申し訳ありません)

2.「目撃談の食い違いや少なくとも外傷が確認出来ないのに
被害者の一方的主張で傷害になってしまうのか?」

3.「タクシー内の損害に関してはモチロン、弁償義務が発生してしまうのは
理解してるが、被害届を出されてしまった今、その弁償と
運転手さんに対する事とは別問題なのか?」

現在は自分自身、本当に情けない思いで猛省しておりますが
以上の“流れ”から・・・

4.「タクシー内損害分や治療費他等、不当請求されても
従うしかないのか?弁護士さんの力をお借りした方が良いのか?」

です。

どうかアドバイスの程、よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
はじめまして、弁護士です。

こうして相談していただけて本当によかったです。

1は最後にお答えします。

2について

なりません。怪我をしたかどうかは証言ではなく、医師の診断書が必要です。

3について

一応は別問題です。
どんなに弁償しても壊したり、殴った(かもしれない)事実は消えません。
犯罪として成立した以上、それをなかったことにはできません。

しかし、弁償(民事)さえ済めば、刑事(被害届)の方は終わると思いますよ。
弁償が済んだかどうかは、刑事事件にあたって非常に重要な事実です。

4について

そんはわけありません。
質問者様が賠償するべきなのは、壊した分と怪我をさせた分のみです。
裁判をしたってそれ以上の賠償にはなりません。
「不当」なんですから、応じる義務などありませんよ。
あまりに法外な請求があるようでしたら、堂々とお断りください。
そして警察には「無理な賠償を要求されて弁償できない。」と言えばいいのです。

現時点では、弁護士の力は不要だと思います。
警察や相手のアクションがあって、対応できないと思ったら、相談や契約を検討してみてください。


そして1ですが、警察からの連絡があるものと思われます。
本当に怪我がある場合には、警察も動くはずです。
質問者様は相手が提示した証拠に基づいて賠償をすればいいです。
診断書や領収証がない限り、支払う必要はありません。
警察には反省していることと、賠償する意思があることを伝えれば、悪いようにはしないはずです。
事件としては大きなものではないので、身柄拘束はないでしょう。

とにかく、すべてにいえることですが、相手の言いなりになる必要はなく、正当かつ適正な証拠に基づく賠償のみすればいいということです。
証拠というのは、ただ言っているだけではダメで、書面などの根拠ということです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速、ご回答下さり感謝致します。


 


幾つか理解しきれない点があったので質問させて下さい。


 


質問2について・・・


 


「怪我をしたかどうかは証言ではなく、医師の診断書が必要です。」


 


・・・ですが、


運転手さんはそのために病院に行ったと思うのですが


診断書ナシで「被害届」を出しに行けるのでしょうか?


 


運転手さんが主張する「かすった」(決して「殴られた」と当日も電話した時も


言わずこういうニュアンスでした。)程度のモノでも


お医者さんに訴えれば、お医者さんは診断書を書いてしまいそうな


気がして・・・


しかも相手がタクシー会社勤務なので、そういう病院(接骨院?)も


多分、知り合いに居そうで不安です・・・


その場合、警察も被害届を受理する際に、


その点を考慮して下さるのでしょうか?


それとも書類さえあれば事務的な処理になるのでしょうか?


 


質問3のご回答について・・・


 


「弁償(民事)さえ済めば、刑事(被害届)の方は終わると思いますよ。」


 


・・・ですが、


このお答えの解釈だと「被害届」はタクシーの


破損についてなのでしょうか?


(スミマセン。モチロン、警察から呼び出しもない時点で


弁護士さんが分かるハズもないのを承知の愚問です。)


 


つまり「被害届」は運転手さんが受けたと主張する「暴力」と


タクシーに対する「損害」2つで出されていて


その片方が弁償すれば終わる・・・という意味でしょうか?


 


質問4のご回答について・・・


 


「質問者様が賠償するべきなのは、壊した分と怪我をさせた分のみです。
裁判をしたってそれ以上の賠償にはなりません。
「不当」なんですから、応じる義務などありませんよ。」


 


とても心強いお言葉を頂き、嬉しかったです。


では今後、病院に行って仕事出来なかったうんぬんの「営業保証」や


「慰謝料」などの名目の要求は堂々とお断りして良いという風に


理解してよろしいでしょうか?


(当日、彼女に運転手が一瞬、「慰謝料」という言葉を口にし


すぐ「治療費」と言い直した・・・という事実があります。)


 


最後に弁護士さんから


 


「事件としては大きなものではないので、身柄拘束はないでしょう。」


 


というお言葉を聞けて、少し安心出来ました。


理解力がなく質問を繰り返してしまいましたが


どうかお答えよろしくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
わかりました。

質問がわかりやすくてこちらも助かります。

診断書がない場合には、被害届は出せません。
物の方の器物損壊について出すことになるんじゃないかと思います。
器物損壊であれば、診断書は関係ないですね。

診断書が形式的にあれば、警察がそれを疑うわけにはいきませんから、形式的に処理します。
ただ、軽い怪我には違いありませんから、そのことを考慮しますよ。

壊したタクシーが何日間か営業に使えなければ、その分は発生します。
また、会社から休業証明が出れば、その分も必要です。
怪我が軽いですし、物損で慰謝料は発生しないので、その分は不要です。
ただ、迷惑料として何万円か上乗せしておくと示談しやすいです。
これは気持ちの問題なので、なくても構いません。

弁償は両方について必要です。

すみません、被害届の被害の内容はご指摘のとおりわかりません。
お話しからすると、人身の方が大事かと思います。
物損は本当にたいしたことはないんです(あまり軽くは考えてほしくないのですが・・・)。
質問者: 返答済み 3 年 前.

度々のご回答、ありがとうございました。


 


コレを最後の質問に致しますので


どうかお付き合い下さいませ。


結論から言って、


 


警察から呼び出し→事情聴取だと思うのですが


それでこの程度なら不起訴(起訴猶予?専門的な事は分かりませんが・・・)で、裁判所から「示談しなさい」という命令が下り


話し合う・・・という流れなのでしょうか?


 


最初に弁護士は必要ない・・・というご主旨のご回答を頂きましたが


そう理解してて大丈夫でしょうか?


(何度もスミマセン・・・)


 


それと、似た様な他の方の投稿のご回答で


「被害届」を出されてから警察から呼び出しがくるのは1週間後位・・・


と読んだのですが、正しいでしょうか?


 


正直、自分のしてしまった事とはいえ


ろくに眠れず、食欲もなくなってしまい


かなり参ってます・・・


 


プロフィールからHPも拝見させて頂き


電話相談も受け付けて下さるとの事だったので


今後、分からない事が発生してしまったら


ご相談に乗って下さるでしょうか?


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
不起訴なら裁判所は関係ないです。
本件は不起訴が十分にあり得る事案です。
弁償できれば、ほぼ確実だろうと思います(質問者様に前科がない、という条件つき)。
不起訴ならもうそれで終わりですよ。警察から連絡が来ることはなくなります。


はい、現時点では弁護士不要と考えます。
相手との話し合いが全くまとまる気配がない、不当な請求が続くという場合に検討してください。


1週間かどうかは何とも言えないです。
身柄拘束がない事件は、本当に処理スピードがまちまちなんです。
1ヶ月くらい経ってから来ることもあるんですよ。


恐れ入りますが、直接のやりとりについて、ここで回答することは出来ないのです。
それができてしまうと、このサイトの利益が減ってしまいますので・・・。
一般的に、相談をお断りすることはないですし、またこのサイトを利用していただいても構いません。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問