JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kionawakaに今すぐ質問する

kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

こんにちは。ネットサーフィン検索で、こちらを拝見し、メールします。

解決済みの質問:

こんにちは。ネットサーフィン検索で、こちらを拝見し、メールします。 X市Y区在住のAと申します。 慰謝料+傷害賠償請求の書面作成をお願いしたいです。 結婚紹介所の紹介で、私は5/12から男性会員とデートし始めお付き合いを開始しました。 6/30に、彼の一人暮らしの住まいで、私一人で下水配管掃除をし、腰を強打しました。整形外科に行きましたところ診断結果は、「変形型腰椎症」という病名の怪我を負いました。それ以来、痛みがあり生活が不自由です。片足をびっこ引いて歩き、歩きまわりは20分間が限界です。 病院では飲み薬をもらい、他は、鍼灸院、整体、など、腰椎症のために医療代も膨らむ一方です。 お付き合いしていた男性は、私が怪我を負った当時、一人美容院に行ってました。彼が帰宅した後も、痛みがひかず、彼は私が怪我を負ったことも知っております。私が帰宅して数日後に病院に行った後に、診断結果を個人的な感情抜きで報告済ですが、以来、彼は一度も会ってくれなくなりました。 電話もなし。メールはたったの4回。私からは数回、「生活が困難なため、私の住まいに介助に来てもらいたい」と頼みましたが、「仕事が忙しい」「一人でいろいろ考えたいから」など理由をつけて会ってくれません。 昨夜、やっと電話で会話ができました。彼曰く、私とは別れて別の男性と付き合って下さいとのことです。 別の男性…と言われても、デートもできない身体なのに、無理です。 私の腰椎症については、事故と思っており、直接的に彼が原因とは思っておりません。しかしながら、彼の住まいで起こった出来事である点、そして、彼は掃除を手伝わず一人美容院に行っていた点については、彼には責任があると思います。 彼と別れるとしても、このまま私は黙って引き下がりたくありません。彼に慰謝料と医療代の支払いを請求したいです。 ちなみに彼とは、つきあっている間、セックスを2回しています。 医療代については、傷害賠償になるかと思うので、金額のめどのお見積りをお願いします。今のところ、月平均の医療代は3万円~4万円の出費です。 残念ながら、全治…週、全治OO月のような具体的な期間を、整形外科からはもらっておりません。 毎月、薬だけは出してもらっており、完治という状況が見えない怪我です。 しかしながら、いまだに痛いので、全治半年~一年間で、見積もって下さい。 病院診断書、ならびにレントゲン写真は、ご希望があれば、病院より取り寄せ可能です。 慰謝料については、彼が6/30以来、彼が会わない、こちらからお願いしてもお見舞いや介助にも来ない無責任さ、そして、こんな身体の状態で捨てられても他の男性を探せないため、今、そして今後の「婚活時間のロス」を焦点に金額を見積もってもらいたいです。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>6/30に、彼の一人暮らしの住まいで、私一人で下水配管掃除をし、腰を強打しました。

 

→これが彼の指示によるものか否かで違ってきます。

 

イ 彼の指示による場合

 

  彼にも責任があり、傷害の治療費、慰謝料の請求が可能です。

 

ロ 彼の指示がない場合

 

 質問者様が自分の判断で行った場合、民法的には事務管理(民697条)となります。

 

 1他人の事務を管理すること

 2 他人のためにする意思のあること

 3 法律上の義務のないこと

 4 本人の意思ないし利益に反することが明らかでないこと

 

 法的効果として、本人の意思に反しない場合は、本人は管理者が支出した有益費用の償還をしなければなりません。

 

 これにかこつけて何等かの請求は可能でしょう。彼はあなたのおかげでトクをしたのですから。

 

 >医療代については、傷害賠償になるかと思うので、金額のめどのお見積りをお願いします。今のところ、月平均の医療代は3万円~4万円の出費です。
残念ながら、全治...週、全治OO月のような具体的な期間を、整形外科からはもらっておりません。
毎月、薬だけは出してもらっており、完治という状況が見えない怪我です。
しかしながら、いまだに痛いので、全治半年~一年間で、見積もって下さい。
病院診断書、ならびにレントゲン写真は、ご希望があれば、病院より取り寄せ可能です。
 

→治癒または症状固定(これ以上よくならない)を期限とするのが通常です。3万×治癒までの月数ですね。

 

> こんな身体の状態で捨てられても他の男性を探せないため、今、そして今後の「婚活時間のロス」を焦点に金額を見積もってもらいたいです。

 

→不法行為による損害賠償も無限に拡大するのではなく、相当因果関係にたつ損害のみとされるのが通常です。

 

 とりあえず、治療費を治癒段階にいたるまで請求、彼の指示による場合は、慰謝料請求(ちんばになったこと、デートができないこと、SEX2回とありますが、実際上請求可能なのは20万円くらいでしょうか 多額の請求を行うには裁判になります)、質問者が婚活している事実を彼が知っている場合は(本件はこれに当たります)、逸失利益の賠償請求というかたちになろうかと思います。

 

 介助の義務まで科すのは、夫婦や恋人というのでも婚約者でもなく交際相手というだけでは微妙ですね。保護義務があるかどうか疑問ですから。

 

 以上、内容証明で請求を行ってください。

 

 あと相談所の紹介とありますので、このような事態についてのマニュアルがあるように思いますので、ストーカーではないという真実を告げて、今一度お問い合わせください。

 

 *刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答ありがとうございました。素人のため、教えてもらいたい点と、内容証明の手順を質問させていただきますので、ご回答願います。


 


①下水管掃除の件


 


掃除当日前に、最初、私から「浴室の水が流れない。下水管を掃除してもいい?」と彼に提案をしました。彼が「はい、ぜひお願いします」と承諾しました。後日、私がスーパーで下水管掃除用液体を購入する際、彼に再度「下水管掃除する品を今から買うけどいい?」とメールで聞きました。彼は「はい、買ってきてほしい。お金は支払う」とメールで答えています。


掃除当日、彼は美容院に行きましたが、その時はもちろん、私がその間、下水管掃除をすることは知っていたということになります。


 


質問者が婚活している事実を彼が知っている場合は(本件はこれに当たります)、逸失利益の賠償請求というかたちになろうかと思います。


はい、彼は、私が婚活している事実を知っています。なぜなら彼のほうが一方的に「お別れしたいので、他の相手を探し始めて下さい」と婚活再開を提案してきたからです。そう、提案されても、こんな身体では婚活できないので、今回、傷害賠償と慰謝料請求をしようと決意しました。


 


****内容証明についてです。


 


今のところ、彼へ私から文書を郵送しようと考えてました。彼は、結婚紹介所を介して会話をし、今回の医療代支払を私から法的に依頼することを理解しています。そして、彼は、その請求書を受け取ったら、彼独自で、第三者の法的機関に相談の上、対応を考えたいと言っています。


 


そこで、内容証明書について


 


③私自身が作成し、kionawaka様の今回の説明解説分をコピーして添付し、相手に郵送したら、法的に価値がありますでしょうか?


 


④kionawaka様に、内容証明書作成を依頼する場合は、どのような手順をとればよろしいでしょうか?


 


⑤当方の一番の目的は、「相手にとっとと支払ってもらい、縁を切り忘れたい」です。これが一発で叶うのでしたら、多少の手続き費用がかかってもいいとまで思っています。


それが一番効果がある方法を教えてもらいたいです。


 


ちなみに、彼の職業は、教師です。そのため、裁判などの世間の評価には非常に敏感とは思います。


 


文章が長くなりましたが、ご回答よろしくお願いします。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

①下水管掃除の件

掃除当日前に、最初、私から「浴室の水が流れない。下水管を掃除してもいい?」と彼に提案をしました。彼が「はい、ぜひお願いします」と承諾しました。後日、私がスーパーで下水管掃除用液体を購入する際、彼に再度「下水管掃除する品を今から買うけどいい?」とメールで聞きました。彼は「はい、買ってきてほしい。お金は支払う」とメールで答えています。


掃除当日、彼は美容院に行きましたが、その時はもちろん、私がその間、下水管掃除をすることは知っていたということになります。

 

→彼の指示又は黙示の承諾があった場合ということになろうかと思います。


質問者が婚活している事実を彼が知っている場合は(本件はこれに当たります)、逸失利益の賠償請求というかたちになろうかと思います。


はい、彼は、私が婚活している事実を知っています。なぜなら彼のほうが一方的に「お別れしたいので、他の相手を探し始めて下さい」と婚活再開を提案してきたからです。そう、提案されても、こんな身体では婚活できないので、今回、傷害賠償と慰謝料請求をしようと決意しました。

 

→婚活が不可能になった事実の作出に彼も責任の一端があるということですね。交際のしかも一方的破棄ですね。

 

 ところで、結婚相談所の紹介による交際は、自由恋愛の交際と異なって、勝手に別れるについて全く無制約ということはないように思います(私は紹介所のことをよく知らないのですが、ご成婚までの流れとか書いてありますから、自由恋愛ではなく、結婚を前提としていて親兄弟も知っていることが多いですよね。そうなると準婚約者のような法的地位にいるとみられる可能性もありますね)。

 

 そうしますと、婚約者が婚約(婚姻の予約)を一方的に破棄した場合と同様に解することも可能になりますね。この場合は不法行為責任を負います(慰謝料)。

 

 

****内容証明についてです。

今のところ、彼へ私から文書を郵送しようと考えてました。彼は、結婚紹介所を介して会話をし、今回の医療代支払を私から法的に依頼することを理解しています。そして、彼は、その請求書を受け取ったら、彼独自で、第三者の法的機関に相談の上、対応を考えたいと言っています。


 そこで、内容証明書について

③私自身が作成し、kionawaka様の今回の説明解説分をコピーして添付し、相手に郵送したら、法的に価値がありますでしょうか?

 

→内容証明には添付書類は認められません。すべてのイイタイことを26文字20行におさまるように簡潔にまとめます。

 

 私の説明部分は法規説明として一般的事例を想定したもので、具体的事例にあてはまるとは限りません。なぜなら、対面でお話ししていない上、一方当事者の話だけを聞いて作成したものだから、具体的事実が欠落していることが往々にしてあるからです。

 

 まる写しではなく多少変えてください。そのためには行政書士等専門家に頼んだほうがよいでしょう。この原稿をコピーしてもっていってください。


④kionawaka様に、内容証明書作成を依頼する場合は、どのような手順をとればよろしいでしょうか?

 

→このサイトは直接の依頼や質問者と回答者のアクセスを禁じています。私の実在名がわかるような電話・メールの開示も禁止されていますので、あしからずご了承ください。。なお、この投稿は第三者が閲覧して後々まで証拠として残ってしまいますので、質問者様ご氏名をのせてみえますが、削除されたほうがよいですよ。そのように事務局に連絡しました。

 

 地元の行政書士会に紹介を依頼すれば、作成してもらえます。「民事法務専門の方」を紹介してもらうようにしてください。「結婚・離婚専門」でもよいでしょう。相場は2万円前後です。弁護士に頼む場合は5万円ほどかかります。


 


⑤当方の一番の目的は、「相手にとっとと支払ってもらい、縁を切り忘れたい」です。これが一発で叶うのでしたら、多少の手続き費用がかかってもいいとまで思っています。

それが一番効果がある方法を教えてもらいたいです。

ちなみに、彼の職業は、教師です。そのため、裁判などの世間の評価には非常に敏感とは思います。

 

→内容証明で示談金・解決金の支払いの話がまとまればよいでしょう。まとまらない場合は、弁護士に委任して示談または裁判(不法行為訴訟ー事故ですが、彼に黙示の承諾という原因行為があるからです。ただ、彼は、抗弁として、あなたが好意でやったので、自分はしぶしぶ承諾したのであり、本意ではなかった、と主張してくる可能性があります。相手が弁護士等専門家を依頼した場合はとくにそうです)になります。

 

 この場合は10~30万円ほど出費がかさみます(着手金)。しかし高額の治療費・慰謝料がもどってきた場合には、そこから成功報酬を何%か払っても残る利益は大きいのでペイすると思います。

 

 行政書士が慰謝料の見積もりをするのは禁じられているので(弁護士法第72条本文)、弁護士に対面で聞いたほうがよいでしょう(訴訟の見込みー勝訴の見込みと敗訴の負担についても聞けます)。

 

 

 *刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


たびたびすいません。質問を続けさせていただきます。ご回答よろしくお願いします。

①下水管掃除の件は

→彼の指示又は黙示の承諾があった場合ということになろうかと思います。

 

と、ご回答いただきましたので、kionawaka様が最初にご回答くださった

 

「イ 彼の指示による場合

 

  彼にも責任があり、傷害の治療費、慰謝料の請求が可能です。」

 

に該当するという意味でよろしいでしょうか?

 

婚活が不可能になった事実の作出に彼も責任の一端があるということですね。交際のしかも一方的破棄ですね。

 

 ところで、結婚相談所の紹介による交際は、自由恋愛の交際と異なって、勝手に別れるについて全く無制約ということはないように思います(私は紹介所のことをよく知らないのですが、ご成婚までの流れとか書いてありますから、自由恋愛ではなく、結婚を前提としていて親兄弟も知っていることが多いですよね。そうなると準婚約者のような法的地位にいるとみられる可能性もありますね)。

 

彼と知り合った結婚相談所は、日本全国で第一位の知名度と会員数を誇る大手企業で す。ご指摘どおり、自由恋愛ではないです。会員全員が「結婚相手を探す、真剣交際をする」という会社の趣旨に同意した者が会員となり、その会員内で相手を探 します。自由恋愛とは違い、一緒にお茶を飲んでいる時でも、結婚相手としてふさわしいか否かを考えているということになります。だからといって婚約まではいかず、真剣交際してみて結婚相手としてふさわしくないと思ったら、お断りはいれても問題はありません。今回の当方のケースも、私が怪我しなければ、彼からお断りをされても、私個人的には問題がなく、結婚相談所ででも、双方、問題がない対応と別れになっていました。

この結婚相談所のホームページにも、「ご成婚の流れ」が書いてあり、お付き合いを始めた段階で、結婚相談所に「お付き合い開始報告」をし、それから半年後には「婚約期間3か月」のち「成婚で退会」という、シュミレーションスケジュールも掲載されています。

当方は、このお相手との「お付き合い開始報告」を5月末に済ませております。

以上のような関係の会社を介して、彼とお付き合いをはじめた立場です。

この場合は慰謝料という言葉がふわさしいでしょうか?

 

③内容証明の件、ご指示ありがとうございました。

 

なにぶん、こんな身体なうえに仕事を続けているため、なかなか行政書士事務所に面談に行く時間がないので、ネットでやりとりできる行政書士さんに依頼するかと思います。

 

私の内容証明でのポイントは、

私がした配管掃除でも、彼には罪責義務が発生することの説明

支払ってもらいたいものが、

**治療代

**(婚活している事実を彼が知っているため)逸失利益の賠償請求というかたちになろうかと思います。

**婚活が不可能になった事実の作出に彼も責任の一端があるということですね。→この慰謝料?法律的にはどう呼ぶのかが分からないです。

 

この3点を、私が彼に請求できる立場であり、彼に支払ってもらうと内容証明でまとめるということ処理で、正しいでしょうか?

 

最初の回答で、こちらの請求妥当金額が20万円と書かれてましたが、その後のやりとりで、さらに事実を追加してお教えしたこともあるので、最終的な妥当金額を教えてもらいたいです。

 

なお、これ以上もめたくないく、裁判や示談になったら弁護士が必要な件は理解しております。それもしたくないので、一発で彼に支払わせて、縁を切りたいため、そうならない請求妥当金額の目安も教えて下さい。

 

あとは、ご指示どおり、内容証明を作成する行政書士さんと最終相談し、kinowakaさんの妥当金額のお返事を元に、最終金額等決定したいと思います。  ご回答よろしくお願いいたします。

 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>①下水管掃除の件は

→彼の指示又は黙示の承諾があった場合ということになろうかと思います。と、ご回答いただきましたので、kionawaka様が最初にご回答くださった

「イ 彼の指示による場合彼にも責任があり、傷害の治療費、慰謝料の請求が可能です。」

に該当するという意味でよろしいでしょうか?

 

→そのとおりです。

 

>ところで、結婚相談所の紹介による交際は、自由恋愛の交際と異なって、勝手に別れるについて全く無制約ということはないように思います(私は紹介所のことをよく知らないのですが、ご成婚までの流れとか書いてありますから、自由恋愛ではなく、結婚を前提としていて親兄弟も知っていることが多いですよね。そうなると準婚約者のような法的地位にいるとみられる可能性もありますね)。

 

>彼と知り合った結婚相談所は、日本全国で第一位の知名度と会員数を誇る大手企業で す。ご指摘どおり、自由恋愛ではないです。会員全員が「結婚相手を探す、真剣交際をする」という会社の趣旨に同意した者が会員となり、その会員内で相手を探 します。自由恋愛とは違い、一緒にお茶を飲んでいる時でも、結婚相手としてふさわしいか否かを考えているということになります。だからといって婚約まではいかず、真剣交際してみて結婚相手としてふさわしくないと思ったら、お断りはいれても問題はありません。

 

 今回の当方のケースも、私が怪我しなければ、彼からお断りをされても、私個人的には問題がなく、結婚相談所ででも、双方、問題がない対応と別れになっていました。

 

 この結婚相談所のホームページにも、「ご成婚の流れ」が書いてあり、お付き合いを始めた段階で、結婚相談所に「お付き合い開始報告」をし、それから半年後には「婚約期間3か月」のち「成婚で退会」という、シュミレーションスケジュールも掲載されています。

当方は、このお相手との「お付き合い開始報告」を5月末に済ませております。

以上のような関係の会社を介して、彼とお付き合いをはじめた立場です。

この場合は慰謝料という言葉がふわさしいでしょうか?

 

→交際期間等があるていどパターン化されている場合、成約にならなかった、破談になったといっていちいち損害賠償請求にはなりがたいように思います。これが1点。

 

 昔よくあった知人の紹介等によるお見合いが破談になったからといって、いちいち損害賠償まで発展するのは、結納等婚約をしていた場合に限られていたと思います。

 

 今回は事故による賠償の意味合いがあるので、事故という特殊事情(しかも彼が承諾した掃除に基因する事故)を含めれば、賠償責任はやはり発生すると思います。

 

 あと婚活不可能による賠償責任をどうやって算定するかですが(病気といっしょで、何時までの時期を算定に入れるか)、相談所に払った料金がムダになった等の可視的な損害は比較的容易に算定できますが、それ以上は個々の事実をもっと聞かないとなんとともいえないですね。

 

 

 

>③内容証明の件、ご指示ありがとうございました。

なにぶん、こんな身体なうえに仕事を続けているため、なかなか行政書士事務所に面談に行く時間がないので、ネットでやりとりできる行政書士さんに依頼するかと思います。

→ネットだけでは不十分なので、出張相談もしてくれる人がいると思いますので、行政書士会で「民事法務専門」の方の紹介を受けてください。

 

 

私の内容証明でのポイントは、

私がした配管掃除でも、彼には罪責義務が発生することの説明

→配管掃除について相手方の承諾があったことから、掃除に付随して通常起こるであろう事故についても一定の予見義務・予見可能性がある場合、相手方の注意義務を否定することはできない(過失)。

 

支払ってもらいたいものが、

**治療代

**(婚活している事実を彼が知っているため)逸失利益の賠償請求というかたちになろうかと思います。

**婚活が不可能になった事実の作出に彼も責任の一端があるということですね。→この慰謝料?法律的にはどう呼ぶのかが分からないです。

 

→これは逸失利益(失った利益 時間を含めて)です。慰謝料は法律用語で、不法行為等、故意・過失ある行為により損害をこうむった場合に、精神的損害に対する賠償としていわれるものです。

 

 逸失利益については上述の箇所をみてください。どこまで算定の基礎に入れるかですね。婚活ができないことにより発生する具体的損害の明細を書き出すことです。

 

この3点を、私が彼に請求できる立場であり、彼に支払ってもらうと内容証明でまとめるということ処理で、正しいでしょうか?

→そのとおりです。

 

 

>最初の回答で、こちらの請求妥当金額が20万円と書かれてましたが、その後のやりとりで、さらに事実を追加してお教えしたこともあるので、最終的な妥当金額を教えてもらいたいです。

 

→慰謝料の具体的算定は弁護士法第72条(非弁)にふれますのであからさまに行うことはできませんのでご了承ください(感覚的にいえば、婚約不履行の慰謝料がだいたい100~200万円が上限ですので、どんなによくいって三桁ではないかと思います。その程度の上乗せは可能だと思います)。

 

 

 

>なお、これ以上もめたくないく、裁判や示談になったら弁護士が必要な件は理解しております。それもしたくないので、一発で彼に支払わせて、縁を切りたいため、そうならない請求妥当金額の目安も教えて下さい。

 

→高額の場合は分割で、という話もありうるので、行政書士に立ち会ってもらって、返済計画書(合意書)を作成することです。

 

 もめたくない、長引かせたくない場合は、端的に「いくらなら出せるのか」と持ちかけてみることです。その上で、こちらは最低いくらはほしい、と呈示して、折り合いをつける、裁判・和解などはほとんどこういう手法が多いようです。

 

*刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.


さっそくご丁寧に、ご回答ありがとうございました。

 

さきほど、「離婚 慰謝料 専門行政書士」さんにお断りの返事をいただきました。

 

民事専門の行政書士さんを探せばよろしいのでしょうか?

 

また、行政書士さんで、電話で予約を入れる際、「内容証明作成希望ですが 過失賠償の件での内容」とお伝えしたらよろしいですか?

 

このご回答をいただきましたら、「承諾」でkinowakaさんにお支払いいたしますので、よろしくお願いいたします。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>さきほど、「離婚 慰謝料 専門行政書士」さんにお断りの返事をいただきました。

 

民事専門の行政書士さんを探せばよろしいのでしょうか?

 

→依頼を断るには正当な理由が要るのですが・・・・・。

たぶん難しい案件だからというので断るのだと思います。そんな依頼を断るほど忙しいはずないですよ。そんな人いませんよ、きょうび。

 

 何件か当たってください(少なくとも4、5件)。「民事法務専門」です。地元の行政書士会にお電話しましたか?そのから直に紹介を受けたほうがよいでしょう。

 

 

 

>また、行政書士さんで、電話で予約を入れる際、「内容証明作成希望ですが 過失賠償の件での内容」とお伝えしたらよろしいですか?

→「不法行為による損害賠償請求の内容証明」とお伝えください。

 

 

*刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問