JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

保険金の受け取りについて

解決済みの質問:

保険金の受け取りについて
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

回答のために確認させてください。

保険金の受取人は誰になっていたのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

わかりません


保険の書類は前妻が持っていて、金額すら教えてもらえません


前妻が受取人なら私たちの了解を得るまでもないことなので、問題ないのですが、姉には「困ってるので少しでも分けて欲しい」と伝えてきたそうです


今度の日曜日にみんなで会って話し合う予定ですが、姉は前妻の味方なので、うまくいいくるめられそうでとても不安です

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
詳細は書類を見ないと分かりませんが、受取人を配偶者としていた場合には離婚しても受取人の変更手続きをしていなければ、元配偶者は保険金を受け取る権利を失いません。つまり、離婚していてもずっと保険金を受け取る権利を持ったままとなります。

保険会社も保険金を受け取る権利のない人に保険金を支払うことは、まず考えられませんので、恐らく保険金の受取人は配偶者のまま変更されておらず、お兄さんの元配偶者が正当に受け取られたのだと考えられます。

そうなると、元配偶者に対して保険金をお母様に渡すように主張するのは難しくなるでしょう。

もし、上記のような状況であり、お母様に少し援助が必要ならば、話し合いをして分けてもらうようにお願いすることになります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

保険金はまだおりていません 必要書類はまだ揃っていません


前妻は資料を取り寄せただけです


 


受取人をしるにはどうしたらよいのか受取人が本人の場合は母が相続できるのか知りたいです

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

受取人を知るには、保険証券を確認するか、それが手元になければ保険会社に連絡をして事情を説明し教えてもらうしかありません。
また、元妻が保険証券をもっているなら今度の話し合いの際に持ってきてもらえば、分かることです。

受取人が「本人」となっているなら、受け取る権利があるのは相続人です。そうなると、元妻は相続人ではないので受け取る権利はありません。お兄さんと元妻に子どもがいないなら、相続人はお母様となりますので、保険金はお母様が受け取ることができます。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問