JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

変造武器について、人づてに伺った話で、恐怖を覚えたので、質問したします。 ある人が、本物の槍や刀剣などを改造し、隠

解決済みの質問:

変造武器について、人づてに伺った話で、恐怖を覚えたので、質問したします。
ある人が、本物の槍や刀剣などを改造し、隠し持てるようにし、護身用と称しているということです。
購買時に、届出は出しているそうですが、上記のような行為は、違法ではないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、日本刀などを所持するのは、美術刀と言う扱いになり

登録だけで所持が可能です。

登録も、はがき一枚送るだけの簡単なものです。

あくまで人を殺傷するものでは無いと言う考え方です。

ただし、いくら登録してある刀剣類でも、改造は禁止されています。

お話からの仕込み杖的なものなら大変問題です。

銃刀法違反で逮捕される可能性もございます。

銃刀法違反は、懲役刑などある重たい罪です。

登録された刀剣類でも携帯をする場合は、正当な理由がないといけません。

正当な理由の中に「護身のため」はありません。

刀剣類を持たないといけないほど、日本は危険な国ではありません。

もし、そのような方がいたら、ご注意されるか、危険ですので警察に通報された

方が良いでしょう。

 

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問