JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kionawakaに今すぐ質問する

kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1353
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

はじめまして。 お忙しい所申し訳ありませんが、ご相談をさせて下さい。 実は今、とある大手のハウスメーカーと 家の建て替えのことでトラブルになっているんです・・・。

質問者の質問

はじめまして。
お忙しい所申し訳ありませんが、ご相談をさせて下さい。

実は今、とある大手のハウスメーカーと
家の建て替えのことでトラブルになっているんです・・・。

色々なハウスメーカーと比較した上でその会社に決めたのですが
契約をしてからの営業さんの仕事振りを 見ていて
本当にいい加減な仕事をしているということが分かり
全く信用ができなくなってしましました。

そこで、もう信用できないので契約を解除したいと申し出たのですが、
その精算金として、およそ40万のお金が見積もりとして上がってきたのです。

実際に、その契約の後にかかった費用については請求の対象になる、
ということは説明を受け、こちらもそれを承服した上のことでしたので
ある程度の精算金は覚悟していたのですが、
ただ、その見積もりを見ると、あまりに酷い内容なんです・・・。

まず、40万の内、7万円 弱は、1級建築士の方が家 の様子を見に来られ、
図面を作成してもらった費用となっていました。

「図面提出前打ち合わせ及び仮測定」   5万
「打ち合わせ費用(邸訪問)」      2万

というように計上されていました。
金額としては決して安くないと思いますが、
ここまでは、まだ想定の内として仕方ないと思えます。
問題はここからです。

①「弊社打ち合わせ図面作成費」      単価 25000  数量 7  合計 175000円
②「邸訪問及びショールーム案内」   単価 23000  数量 6  合計 138000円

①と②はセットのようなもので、つまりは、
営業さんが営業所から我が家まで来て、
一緒に図面の打ち合わせをしたということです。

しかし、この中の一度たりとも、自分から家に来て下さいとお願いしたことはありません。
向こうからの提言で、「また伺いますので次回の予定は?」というような繰り返しで
毎回 毎回、打ち合わせが続いていました。

その中に一度 、自分がショールームを訪れたことがあったのですが
その時も、実は自分ひとりで訪問する予定だったんです。
そのことは事前に営業さんにもメールで伝えていて、
「その日に一人で見に行ってきます。」と伝えていたんですが
向かっている途中に電話が鳴って、「私も今から一緒に行きます。」と、
頼んでもいないのについて来られました。
そこで確かに内部の案内はしてもらい、図面のことでも話はしたのですが・・・。


①「弊社打ち合わせ図面作成費」   単価 25000  数量 7  合計 175000円

この中で、「数量 7」とあるのは、訪問する度に手直しをし、
それが合計7回あったということのようです。

前回もお話しましたが、この営業さんは、こちらの要望を聞きっぱなしにして、
逐一メモをとることを省く癖があります。
こちらの意向を聞き取り、図面の中にたくさんメモを加えている様子はありましたが、
そのメモの内容もあまりに汚く、後で見返した時に、
本当に漏れなく確認できるのだろうか?と、こちらが不安になる程でした。
そして、次に図面を持ってきた時には、案の定、抜けている所や間違いがあるのです。
今まで、ただただその繰り返しでした。

もうお察しだとは思い ますが、この料金設定は、
向こうがミスを繰り返し、何度も何度も手をかければかけるほど、
料金が上がっていくという、あまりにバカげた仕組みなのです・・・。

さらに・・・。

②「邸訪問及びショールーム案内」    単価 23000  数量 6  合計 138000円

この内容説明の欄には 「交通費・諸経費を含む契約後の訪問」とありました。
営業の方はいつも軽自動車かバイクで高速にもほとんど乗らず、
下道を時間をかけてきていました。
自分でそう言っていたんです。

一体、どれだけの遠回りをしたら、
およそ50km程度の往復の交通費で23000円になるのか・・・。
仮に往復で高速にのったとしても、
軽であればガソリン代も含め、5000円で十分なお釣りがくるはずです。
その中に車の維持費などが入っているとしても、
あまりに金額が大きすぎるように思います。


最後の訪問の時には、
あまりに杜撰な仕事の仕方にこちらが苦言を申しまして、
向こうもその非を侘びて、「今から伺います!」と、
直接、図面の説明と訂正に足を運ぶことになりました。
もちろん、こちらからは来て下さいなど、一切の依頼はしていません。

それは完全に向こうの非であり、本来であれば不必要な訪問であるにも関わらず、
請求には きっちり計上されており、
こちらが向こうの誤りを正しただけで、
図面の料金と訪問の料金のおよそ5万近いお金が加算されています・・・。

素人の自分にとっては、この請求はあまりに酷いもので
まるで人を愚弄しているようにしか思えません・・・。

設備に お金をかければかける程儲かる電力会社のおかしな料金システムのように、
こんなシステムであれば、無能な営業ほど大きな利益を上げることになり、
極端な話、向こうのミスで100回手直しをすれば、
250万請求されることになってしまいます。
訪問も含めれば、500万近いお金ですよね・・・。
では、それが契約書の金額のどこに計上されて いたのか、
ということもこちらには見えませんし
そのような請求が本当にまかり通っていいものなのか・・・。


そんな見積もり書を目の当たりにし て、自分も頭に血が上ってしまい、
相手の会社に挑戦的なメールを送ってしまったのです・・・。

それは、もしもこの見積もり書が妥当と言い張るのであれば
不動産関連の掲示板やSNSを含む情報交換サイトなどで
この情報を広く流布しますよ、というものでした。

こちらがいくら不当な見積もりだと言っても、
結局は向こうの言い値になってしまうと思い
自分のつらい実情をなんとか理解して欲しかったというのが本音です。
多くの人がそれを目の当たりにして
みんながおかしいと思う内容であれば、
それは間違ったことだと自分でも思いますので
その事を相手にも考えて欲しかったのです。

そしてそのメールに対して、向こうは
弁護士を立てて対応すると言ってきまして
自分はこれからどうなってしまうのかと、ずっと胃が痛い状態です・・・。

自分のしたことは、脅迫や威力業務妨害などの犯罪なのでしょうか?
訴えられたり、罪に問われる可能性はあるでしょうか?
自分はそんなつもりはなかったのですが、
頭に血が上っていたこともあってか、
実際に送ったメールはきつい言い方をしてしまいました。
向こうの仕事を「阿漕な商売」などと言ってしまったり
厳しい言葉を使ったと思います。

どうか、よいアドバイスを頂けないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>もう信用できないので契約を解除したいと申し出たのですが、
その精算金として、およそ40万のお金が見積もりとして上がってきたのです。
>「図面提出前打ち合わせ及び仮測定」   5万
「打ち合わせ費用(邸訪問)」      2万
①「弊社打ち合わせ図面作成費」      単価 25000  数量 7  合計 175000円
②「邸訪問及びショールーム案内」   単価 23000  数量 6  合計 138000円
②「邸訪問及びショールーム案内」    単価 23000  数量 6  合計 138000円


>「弊社打合せ図面作成費」についてですが一度の打ち合わせで、25000円が加算されるのであればそれはそもそも最初に説明しておくべきでしょう・・・。 それ以前に、そんな設計料が発生するなら、契約書にはっきりと明記すべきです。契約書類にも記載の無いような訳の分からないお金を支払うことはできません。

 

→不動産の売買契約の場合、消費者契約法の適用になります。そうなると、消費者が払う損害賠償の額を予定する条項を無効とする規定が適用になります(同法第9条1号類推→契約書に明記ない場合は類推適用)。

 

>そんな見積もり書を目の当たりにし て、自分も頭に血が上ってしまい、
相手の会社に挑戦的なメールを送ってしまったのです・・・。

>そのメールに対して、向こうは
弁護士を立てて対応すると言ってきまして
自分はこれからどうなってしまうのかと、ずっと胃が痛い状態です・・・。

自分のしたことは、脅迫や威力業務妨害などの犯罪なのでしょうか?
訴えられたり、罪に問われる可能性はあるでしょうか?

→これは刑法犯ですから、告訴です。しかし、被害 者なのですから、多少行き過ぎがあっても、実力犯・粗暴犯(強盗、傷害、殺人等)ではないので、正当防衛等違法性が阻却されるかそもそも可罰性は低いと思います(なお構成要件該当性については、名誉毀損罪(刑230条)は不特定又は多数人の前でいわないことには犯罪になりません。威力業務妨害罪(刑234条)は、人の意思を制圧するに足りる勢力を使用することですが、被害者の自由意思を制圧するに足りる程度の勢力でなけばなりません。脅迫罪(刑222条)は生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害悪の告知がなければなりません。よって構成要件該当性が否定される可能性があります)。

 

 。呼び出しは警察であって弁護士ではありません。だいたいそんな会社に限って弁護士の名を使います。

 

 相手方がどうしても違約金をとりたいなら裁判に訴えるしかありませんが、このような見積もりが通るわけはありません。

 

 相談窓口としては、国民生活センター、弁護士会が、より直接的な対策ー本件ではほおっておいてよいと思いますが(裁判になってからで十分でしょう)ーを行えます。

 

 *契約法務の専門家たる行政書士として行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づく回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。

 

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1353
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ご回答ありがとうございます。ずっと心細かったので、一つの安心感を得られました。ただやはり、「刑法犯」という言葉にすごくびっくりしています・・・。


自分は、無条件にその情報を流布すると言った訳ではなく、もしも相手がその見積もりを正当であると主張するなら、そうしますよ、ということだったんですが、それでも法律に触れてしまうのでしょうか・・・。


 


それと、そのメールの内容の中に、一部、虚偽と言いますか、大げさな表現と言いますか、話を大きくするような内容が含まれていた場合、それも法律に触れてくるのでしょうか?


 


どうかよろしくお願いします。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>自分は、無条件にその情報を流布すると言った訳ではなく、もしも相手がその見積もりを正当であると主張するなら、そうしますよ、ということだったんですが、それでも法律に触れてしまうのでしょうか・・・。

 

→社会生活上正当なかけひきの範囲内であると思います。

 

 

>それと、そのメールの内容の中に、一部、虚偽と言いますか、大げさな表現と言いますか、話を大きくするような内容が含まれていた場合、それも法律に触れてくるのでしょうか?

 

→多少事実の緘黙(だまっていること)や誇張があっても、文脈から言って故意に相手を傷つけたり、ことさら脅迫的言辞を用いるのでない限り、社会生活上許された範囲内の行為であると思います。

 

  >それは、もしもこの見積もり書が妥当と言い張るのであれば
不動産関連の掲示板やSNSを含む情報交換サイトなどで
この情報を広く流布しますよ、というものでした。

 

→これは本当にやると名誉毀損罪になります。相手に非がある場合でも。よって絶対にしないでください。まだ同罪の着手にもなっていないのでご安心ください。

 

 

 しかし脅かした点、脅迫罪については微妙ですので(着手はあり?)、これ以上は絶対ダメですね。しかし刑事告訴まではない、と思います。相手にも非がありますので。告訴するとそのあたりの事情も明らかになってしまうので、相手もいやがるでしょう。

 

>そしてそのメールに対して、向こうは
弁護士を立てて対応すると言ってきまして
自分はこれからどうなってしまうのかと、ずっと胃が痛い状態です・・・。

 

→その気のないヤツ、悪いヤツに限って、ベンゴシベンゴシというものです。本当に委任したのなら、弁護士から内容証明が来ているはずです。悪い冗談です。悪趣味です。

 

 *契約法務の専門家たる行政書士として行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づく回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものにあらず。

 



質問者: 返答済み 3 年 前.


ご丁寧にご回答下さり、本当にありがとうございました。


とても役に立ちましたし、気持ちも落ち着きました。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>そんな見積もり書を目の当たりにし て、自分も頭に血が上ってしまい、
相手の会社に挑戦的なメールを送ってしまったのです・・・。

 

→カッとなってしまうことは誰しもあることですが、取り返しのつかないこともありますので、

ご注意ください。

 

 契約解除後には、解除されたがわが準備行為など履行に着手した後はいろいろ経費が発生しているというので、もめる例はあるようには思います。

 

 今回のメールはそんなに気に病む必要はないと思います。

 

 ご相談いただきましたありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問