JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

1つの会社からの未回収金が600万円弱あり、7/10返す約束を受けるも連絡がとれなくなる。HP掲載住所へ行くも、

解決済みの質問:

1つの会社からの未回収金が600万円弱あり、7/10返す約束を受けるも連絡がとれなくなる。 HP掲載住所へ行くも、最初はいたが、居留守をつかわれるようになり、登記簿をとって、記載住所へ行くも、実家になっており、親から連絡をするよう伝えるがなしのつぶて。 そうこうしているうちに、未回収の会社が弁護士を通して、返済に関して協議したいといってきたが、 こちらは返済がないから倒産しそうだ から、早く話し合いをしたい旨伝えると、対応がとても弁護士とは思えず、そんなにいうなら、弁護士でも雇うなり、裁判でもしたらいい。おまけに電話中に電話が入ったと言って、勝手に切られました。 未回収の会社は、とんでもなく、ずっとこういうことを繰り返しているようで、HPにはNPO法人の事務局もやっており、連絡がとれないため代表とコンタクトとりたいがため、協賛の会社へも連絡をいれたところ、協賛にある会社は、協賛にもなっていなかったり、勝手に名前を掲載したりしてます。その辺も伝えたところ、じゃ、弁護士でも雇うなりすればと、とても横柄で返済きちんとできるかとても不安です。新宿にあるX法律事務所なんですが、とても弁護士がとるような態度ではありませんでした。 こちらも弁護士を介入したほうがいいのでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.

弁護士です。 弁護士をたてることをオススメします 。 弁護士は依頼者の味方であることはもちろんですが、支払い義務があるにもかかわらず、開き直るような態度をとるのはいかがなものかと思います。 電話を勝手に切る、というのは弁護士云々の前にマナーの問題ですね。 このまま交渉を続けてへんさいを促したところで、返済がなされる可能性は低く、 しかもお金がさらに流出するおそれすらあります。 お金がないところからは回収もできませんから、早く行動に移すことが重要です。 早い者勝ちになっている印象もあります。 他の債権者に負けないようにしてください。 本当に倒産となると、回収はほぼ不可能です。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

未回収の会社は、弁護士にどうやって支払を踏み倒すか、払わない方向へ持っていこうと目論んでいる気がします。


また知っているだけで、同じように未払の会社が多数あり、うち2社は裁判になっているようです。


勝手に営業所にされた会社と話をして教えてもらえたのですが、3年前にも同じようなことをしたあと、すぐに資本金を増資+3千万したと教えてくださいました。


 


さらにこの状況下で新たな会社を興し始めたとも聞いているので、そのことを弁護士に言ったところ、あくまで未回収の会社の弁護をしているので、弁護士さんでも雇って聞いたらいいんじゃないか?と。びっくりな回答ですよ。


よく弁護士事務所をやっているもんだなと思います。


 


4か月も未納で連絡がとれず、不安が募り社員もやめていき大変な状況だから、余計に感情がでてしまい、社長が見つけて殺して自分も死ぬ、と普通ならそうですよね。会社の存続の危機なんですから。それに対しても脅しだから刑事告訴しますよって、言われました。


こちらの心情は全くの無視です。


 


返済の協議をしたいというので、こちらも待ってるほどの猶予はなく早く協議したいから、いつ事務所へ行けばいいか尋ねたのですが、まだ請求書のFAX確認しないといけない云々で、しかも事務所ではなく近場でと言われたのですが、ふつうは事務所とかじゃないんですか?


 


やはり弁護士を立てたほうがいいのか、でもそんなに費用はだせないし、と悩みます。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
協議は普通、事務所でしますね。

早く裁判にしたところから支払いを始める可能性があります。

弁護士費用が心配とのことですが、依頼しなくては現状がそのまま続くだけとも言えます。

このまま行くか、弁護士に頼んで訴訟にするかは決断するべきときが来ていると思います。
先ほども書きましたが、早い者勝ちになっています。

法律 についての関連する質問