JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

【亡くなった祖母の借金について】 祖母が亡くなって1年たとうとしています。相続人は私の母です。相続したものは、家と

質問者の質問

【亡くなった祖母の借金について】
祖母が亡くなって1年たとうとしています。相続人は私の母です。相続したものは、家と土地、生命保険くらいです。
祖母には兄弟がおり、最近になって祖母にお金を貸していたと言ってきており。現在住んでいない実家をを売るなりし て返済してほしいと言われました。
借金の事実など知るはずもなく、寝耳に水といった状態です。借用書があるかどうかはわかりません。
借金の事実も金額も確認ができないような私たち家族が返済をする必要があるのでしょうか?

貸したと言われる金額は50万円とのこと。遺品整理をしましたが、借りたという事がわかるものも見つかりませんでした。
ただ、気になることがあるとすれば、生命保険から同額の50万円を借り入れていた事です。もしかしたら、そのお金で祖母の兄弟に返済をしたのかもしれませんが、それを実証することができるかどうかわかりません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

質問者様のおっしゃる通り、祖母がお金を貸したという証拠がないのにもかかわらず、相手にお金を返済する必要はありません。
貸したという証拠がなければ、祖母が本当にお金を借りたとは分からないからです。当然のことです。相手が嘘を言っているかもしれません。

借りた証拠がないのに、「返して」と いう言い分が通れば、誰がそのように言って来てもお金を返さなければならなくなってしまいます。ですから、証拠がないなら質問者様のお母さんはお金を返済する義務はありません。

お金を借りたという相手に、「祖母がお金を借りたという証拠を持って来てください。それが無いのに信用することができますか?」と主張しましょう。
繰り返しになりますが、祖母が借金をしたという証拠がないなら、返済する義務はありません。きっぱりと断りましょう。



以上になりますが、参考になりましたでしょうか?不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.


迅速な回答、ありがとうございます。


急いではいなかったのですが、この様に早急にお返事が


いただけるとは驚きました。


 


やはりそうですようね。どうしても腑に落ちなかったため、専門家の


意見が聞きたかったのです。


 


こちらからは、この件についての接触は控えようと思います。


 


もし、万が一、借金の事実が証明できるものを提示された場合、


どういった点を注意して、対処したらよいですか?


 


また、このように時間が立ってからトラブルが起こることがよく


あると思うのですが、時効のようなものはないのでしょうか?


 


今回は、仮に借金が50万円ということで、+の遺産の方が多いため


早々に借金が発覚していたとしても、相続放棄などは適していないと


思いますが、もし負の遺産の方が多かった場合、相続放棄を


したくても、申請の期間を過ぎてからではできませんよね?


 


そういった場合の救済案のようなものが用意されてあるのでしょうか?


参考までに教えていただければ幸いです。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>もし、万が一、借金の事実が証明できるものを提示された場合、どういった点を注意して、対処したらよいですか?
→借金の事実を証明できるものというと、「借用書」になりますが、借用書を相手が持っていたとしても、偽造かもしれないことに注意しましょう。きちんと祖母のサインがされているか、祖母の所持していた印鑑が押印されているかということを確認しましょう。少しでも疑わしいのであれば支払わずに拒否しましょう。

もし(今回はないと思いますが)祖母の筆跡で書かれ、祖母の実印(印鑑証明書付き)の借用書があれば、本当に借金していたという十分な証拠となりますので、支払う必要があるでしょう。





>また、このように時間が立ってからトラブルが起こることがよくあると思うのですが、時効のようなものはないのでしょうか?
→個人間のお金の貸し借りの時効は、最後にお金を返済したときから10年となります。それが分からなければ、返済期日から10年。返済期日も定めてなければ、お金を貸した日から10年で時効になります。



最後の質問についてですが、相続後の相続放棄の期間(被相続人の死後3ヶ月)を過ぎてから、被相続人に多額の借金が見つかったということはよくあります。
その場合は、相続放棄の期間が過ぎていたとしても、理由を申告すれば家庭裁判所で相続放棄が認められる措置が取られます。ですから、被相続人の死後3ヶ月を経過していても、相続放棄が認められ、借金の返済を逃れることが可能になるのです。



参考になりましたでしょうか?不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


追加の質問にも回答いただきありがとうございました。


 


何から手を付けていいかわからなかった為、ご相談できたことで


頭の整理がつきました。


 


初めて利用させていただきましたが、予想以上にわかりやすく


丁寧にアドバイスいただけたのが、一番ありがたかったです。


 


お忙しいところ、本当にありがとうございました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
お役に立てて幸いです。またのご利用をお待ちしております。

法律 についての関連する質問