JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3488
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が生前、社員姉に給与を定期給付してきましたが、父が危篤状態に陥った時、其の姉社員にせがまれて、姉の退職後も生活費名

質問者の質問

父が生前、社員姉に給与を定期給付してきましたが、父が危篤状態に陥った時、其の姉社員にせがまれて、姉の退職後も生活費名目で生涯的に継続給付する記した承諾書を残して亡くなりました。其後会社を受け継いた 息子が一年間だけ継続的に給料として給付をしたが、その叔母が息子に対し大変な不誠実行を起こしたため、父死亡後の三ヶ月後に退職した叔母に対して、給与の給付を停止しました。そして9年後、その叔母が息子に対し、父の債務を履行せよと、海外の法廷に訴えを起こしました。
一審では、給付の承諾は贈与に該当し、此の贈与は父の債務であるから、息子が父のさいむの相続者であるから、過去5年分の贈与を支払え。。と判決がありました。
息子は、叔母が会社の職員で有るため社員として毎月給与を支払ってきた。つまり、承諾書の生活費は給与支払い継続の主旨であり、債務に当たらない、と、弁論しましたが聞き入れて貰えませんでした。今は高裁で審理中ですが、勝敗は如何なもんでしょうか。ご指導お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問