JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3501
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私の親が通所介護施設の泊まりサービス(約1 ケ月)を利用していた時に施設内で転倒して骨折。 右大腿頸部骨折と診断され手術もして、40日の入院生活を送りました。 ところがこの間、

質問者の質問

私の親が通所介護施設の泊まりサービス(約1 ケ月)を利用していた時に施設内で転倒して骨折。 右大腿頸部骨折と診断され手術もして、40日の入院生活を送りました。 ところがこの間、施設側からは一度も本人に見舞い謝罪はなく平然と利用請求書を送り付けてきました。 あまりにも無責任、無誠実な態度なので慰謝料請求の文書を施設側に送付しました。 先週に施設側から委任された弁護士から通知書なる文書が送られてきました。   ↓  冠省 株式会社XXXXXXXXXX(以下、通知人)に委任を受けましたので、 同社を代理してご通知申し上げます。 通知人は横浜市XXXXXX NN-N-NNに おいて「XXXXXXXX」 という通所介護施設を運営しておりますところ、施設をご利用いただいお りました貴殿のご母堂NNN様が、平成25年3月21日、施設内で転倒さ れ骨折される事故が発生いたしました。 この事故につきましては、ご本人様のご苦痛に加えて、貴殿におかれまし てもご心痛のほどはいかばかりかと考え、喪心よりお見舞い申し上げる次 第です。  ところで、貴殿からは、本年6月25日付「重要事項」と題する書面により まして本件事故に関して諸実費と300万円の慰謝料請求をいただいてお りますが、本件事故は、施設において回避措置を取ることが困難な状況で 発生したものと認識しており、施設には損害賠償義務は存在しないと考え ますので、ご請求に応じるこが出来ません。  しかしながら、この件の解決については、厳密な法的責任の有無のみで 判断するのではなくて、当方からNN様に対し、必要不可欠な諸実費と若 干のお見舞い金(合計で30万円程度)をお支払いすることで解決する用 意がございます。このような考え方にご同意いただけるのであれば是非ご 一報いただきたいと存じます。 なお、本件については全て当職ら(担当北田)が受任しておりますので、今 後の連絡は当職宛てにいただきますようにお願い申し上げます。 以上、取り急ぎ受任のご通知まで。                                                                                            草々 ______________________ 上記の内容でした。 施設側は最高2000万円の施設賠償保険に加入していたようで損害保険会社の担当者と最近まで電話で話していて保障内容は1日8400円で40日の入院で33万6000円がベースでこれに実費(入院費用、タクシー代、オムツ代等)をプラスすると聞いていて合計すると約50万円の金額になります。 ところが委任された弁護士からの通知書ではたった30万円程度の提示で到底納得がいかない金額です。 こちらの慰謝料請求額は300万円+50万円、総額350万円です。 私の母親(91歳)は今は老健施設に入所しています。入所から約3ケ月になりますが最近になってやっとリハビリとして歩行訓練が始められた程度で車椅子生活が続いています。いまの状態ですと一生車椅子生活になる可能性は非常に高いです。 こちらとしては請求額の10分1以下なので到底納得は出来ません。 それとお金の問題以前に謝罪もしない態度に施設運営者の人間性を疑います。 また今回の事故について施設側は横浜市の担当部署への報告は一切しておらず実に無責任だと思 います。横浜市にもこの事故を通報しましたが、介護保険適用外のサービスのため、指導、監督は 出来ないとの回答でした。 こういう高齢者の施設は , 介護サービス等を提供するにあたり , 利用者の生命 , 身 体 , 財産等の安全に配慮しなければならない義務・債務を負っています ( 一 般 的 に 「 安 全 配 慮 義 務 」 と 呼 ば れ て い ま す )。 そ の た め ,施設は , 利用者の心身状況に対するアセスメント(利用者の問題の 分 析 , 援助活動の決定を行うために行われる評価)を適切に行い , そのアセスメントを前提にした各種の対応をしなければならず , 介護事故の発生原因が , アセスメントがきちんと行われていなかったり , 利用者の課題の認識や , 課 題に対する対応が不十分であったりするような場合には , 利 用者に対し責任(債務不履行責任)を負わなければならない ,という こ とになります。(日弁連のHPから引用) 私としては民事調停を考えていて施設側の弁護士も裁判所から呼び出しがあれば応じると 言っています。 しかし、相手側提示額とこちらの請求額に大きな開きがあり調停は不調に終わりる思います。 数万円の費用もこちらが負担しなければなりません。 また相手側は弁護士に一任しているので弁護士が出てきますがこちらはまだ弁護士を立てていないので 何かと不利ではないかと思います。 弁護士の先生の率直なご見解、ご助言をお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問