JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

旅館に勤務している者です。宿泊予約に関してのトラブルについてご相談致します。予約サイトへの料金設定を誤り本来一泊二食

解決済みの質問:

旅館に勤務している者です。 宿泊予約に関してのトラブルについてご相談致します。予約サイトへの料金設定を誤り本来一泊二食のご宿泊料金が¥22,850のところ¥2,250にて登録してしまいました。登録後まもなく8名様の予約が入り間違いに気づきご予約者に設定のミスにつき、正規料金が¥22,850となる旨、留守番電話、メールにてご連絡していたところ、その予約を取り消す代わりに2名を無料で招待するように要求されました。このような場合当初の宿泊契約は成立してしまうのでしょうか?また、このような要求にどのように対処したら宜しいのでしょうか?お手数をお掛け致しますが何卒、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>予約サイトへの料金設定を誤り本来一泊二食のご宿泊料金が¥22,850のところ¥2,250にて登録してしまいました。

 

→錯誤(表示上の錯誤:表示行為じたいを誤るもの)です。表示意思を欠きますので、意思表示は常に不成立であって無効と解するのが多数説です(我妻総則〔317〕)。申込の誘引じたいは相手方に申込をさせようとする意思の通知ですが、その無効・取り消しということはありうることです。

 

>予約を取り消す代わりに2名を無料で招待するように要求されました。

→予約の構造は、申込の誘引→申込→承諾→予約成立となります。ここで錯誤によって申込の誘引をおこなったからといって、無償サービスの提供をすべき義務は発生しません。相手方に何等の損害も発生していないからです。

 

 不当要求に近いものです。相手方にしても値段がヒトケタ違っていれば、これは誤記とわかるでしょう。「誤記につき申込の誘引は表示上の錯誤として無効と考えます、従いましてお客様のご要望には沿いかねますので、あしからずご了承くださいませ」、と通知すればよいでしょう。

 

 *契約法務の専門家たる行政書士として行政書士法第1条の3第3号に基づく回答です。個々の法律事件につき法律見解を述べるものにあらず。

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問