JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

友人にお金を貸しました。 最初は120万円、金額も大きいので覚書を発行してもらい、返済期日および遅延の場合の利

解決済みの質問:

友人にお金を貸しました。

最初は120万円、金額も大きいので覚書 を発行してもらい、返済期日および遅延の場合の利息についても記載されています。 しかし返済される様子がありません。

その後、さらに数万円を2度貸しました。これは覚書などは発行していませんが、メール/SMSでやりとりした、返済期日の記録があります。 こちらも「返す、返す」と言いながら返済される様子がありません。

友人でもあるので、いきなり訴えたくはありませんし、この貸金により私自身も弁護士の先生をお願いする余裕もありません。

この際、友情がぎくしゃくしてまうことはいたしかたないとして、とにかく粛々と返済を督促、分割でもかまわないので返済してもらう手段をご教示ただきたく、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問 を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。 貸したお金を「返す」と言っているのに返さない人は、ほとんど話し合いで返してはく れません。最終的には裁判になります。 とはいえ、質問者様のいきなり訴えたくないというお気持ちも分かります。そういう場合は、「内容証明郵便」を送り、本気で返してもらいたいということを伝えることができるでしょう。 内容証明郵便は以下のサイトを参考にして出すか、行政書士か弁護士に依頼すれば1万円から2万円で作成してもらうことができます。行政書士や弁護士に依頼すれば相手に心理的な圧力を与えることができます。 参考:内容証明郵便 http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/ 内容は以下の文面を参考に作成してください。 「貸金請求書私は、貴殿に対して以下の通りに金銭を貸し渡しました。 1、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日、遅延損害金 年○パーセント 2、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日 3、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日 (何回かに分けて貸した場合は借用書を参考に上記のように記載してください) しかし現在に至っても貸した金銭は返済されておりません。つきましては、本書面到達後◯日以内に貸金元本と遅延損害金の合計○○○万円をお支払いくださるようこ こに請求いたします。もし同期間内にお支払いなき場合には、法的措置を取る所存である旨を申し添えます。 なお、分割払いを希望されるのであ れば和解に応じることもできます。 平成○○年○○月○○日            質問者様の住所氏名 相手の住所氏名」 以上のような文面です。ただし、内容証明は強制力はありませんので、内容証明郵便を送っても返金がなければ裁判をしなければなりません。それでも内容証明を送れば相手も質問者様の切実な気持ちを分かってもらえるでしょう。 以上となりますが、参考になりましたでしょうか。不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
すみません。返信するとなぜか改行できず、読みづらい文書になってしまいました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
もう一度投稿します。



質問 を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

貸したお金を「返す」と言っているのに返さない人は、ほとんど話し合いで返してはく れません。最終的には裁判になります。
とはいえ、質問者様のいきなり訴えたくないというお気持ちも分かります。

そういう場合は、「内容証明郵便」を送り、本気で返してもらいたいということを伝えることができるでしょう。

内容証明郵便は以下のサイトを参考にして出すか、行政書士か弁護士に依頼すれば1万円から2万円で作成してもらうことができます。行政書士や弁護士に依頼すれば相手に心理的な圧力を与えることができます。
参考:内容証明郵便 http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/

内容は以下の文面を参考に作成してください。

「貸金請求書

私は、貴殿に対して以下の通りに金銭を貸し渡しました。
1、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日、遅延損害金 年○パーセント
2、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日
3、平成○○年○○月○○日、金○○万円、弁済期平成△△年△△月△△日

(何回かに分けて貸した場合は借用書を参考に上記のように記載してください)
しかし現在に至っても貸した金銭は返済されておりません。つきましては、本書面到達後◯日以内に貸金元本と遅延損害金の合計○○○万円をお支払いくださるようこ こに請求いたします。もし同期間内にお支払いなき場合には、法的措置を取る所存である旨を申し添えます。 なお、分割払いを希望されるのであ れば和解に応じることもできます。

平成○○年○○月○○日 
質問者様の住所氏名

相手の住所氏名」

以上のような文面です。

ただし、内容証明は強制力はありませんので、内容証明郵便を送っても返金がなければ裁判をしなければなりません。それでも内容証明を送れば相手も質問者様の切実な気持ちを分かってもらえるでしょう。


以上となりますが、参考になりましたでしょうか。不明な点がありましたら補足いたしますので、遠慮なく返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

最初にいただいた回答に対して、先ほど返答を送信いたしましたので、そちらをご確認ください。


返答が行き違いになり、申し訳ありません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
どうやら返信が届いてないようです。
不明な点がありましたら補足いたしますので、返信してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信に行き違いがあり、届いていないとのこと、失礼いたしました。


 


内容証明郵便を送ることに問題はないのですが、相手は米国人で過去に米国でもlawsuitを何件も経験しているので、内容証明郵便に法的強制力がないことを承知していると想像されます。よって無視される可能性が高く、結局裁判にもっていかざるを得ない気がします。


 


しかし、この貸金により私自身が経済的にひっ迫しており、裁判の費用の懸念があります。


 


またある意味、相手は裁判に慣れているのに対して、素人である一個人の私が努力しても精神的・肉体的・経済的に生活を維持することが難しくなると想像いたしますし、これ以上、精神的・肉体的・経済的なダメージを大きくしたくはありません。


 


督促をしつつも泣き寝入りする、あるいは裁判という二つの選択しかないのでしょうか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
返信ありがとうございます。

そういう方であれば内容証明を無視される可能性が高いですね。

相手にどうしても支払ってもらいたいのであれば、やはり裁判しかありません。それ以外では難しいです。

もし相手が裁判慣れしているのなら、こちらも弁護士か司法 書士に依頼することを考えたほうがいいです。
費用を捻出できそうにないなら、「法テラスの法律扶助制度」を利用するといいです。

弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれて、分割払いで支払っていくことができます(月々5000円から支払えます)。

法テラスの利用は以下のサイトを参考してください。
参考 法テラス神奈川 http://www.houterasu.or.jp/kanagawa/index.html

繰り返しになりますが、支払ってくれない人に貸金返還を請求するのは、裁判しかありません。
法律扶助制度というものもありますので、この制度を利用して請求していきましょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問