JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

いま遺産の相続の事で悩んでいます。 そもそもの発端は、母の生命保険でした。生命保険に関しては、私が受取人になってい

質問者の質問

いま遺産の相続の事で悩んでいます。
そもそもの発端は、母の生命保険でした。生命保険に関しては、私が受取人になっている事もあり。
特に問題はないだろうと思っていたので、同居している二番目の兄と折半する形で相続しました
二番目の兄は、これまで葬儀費用を出すなど、そういった面でかなりの額を出していた事からそのように決 定したのですが。
次に自宅を相続する段階になって、父母の貯金などを家を出ている長男と四男に与える事にしたのですが。
その直前になって、生命保険の事が知られ。
揉め事に発展しました。

しかし長男と四男には、葬儀費用などを差し引けば、私達が受け取った生命保険の倍近い額の貯金をそのまま相続させることにしています。
相続する予定の自宅にしても、建てたころは二千万円あまり必要でしたが
立地条件などに問題があるので、売るとなればその半分でも難しいようなもの
今後、法要や墓を建てる金なども考えれば、こっちの方が受け取る額は、ずっと少なくなっても不思議はないような状況であるのに
さらには葬儀費用などは支払う意思は向こうにはなく、生命保険を丸々よこすことを要求するので
さすがに頭にきて、裁判も考えるようになりました。

そもそも生命保険の受取人は、私であり。
このお金に関しては、他の兄弟もタッチできないはずなのに
いい加減にして欲しいと感じています。

しかし叔母と相談した結果、裁判になった場合、こちらの財産状況が公になる可能性もあり
その場合、生前に父が親族から作った借金は、これまでは親族が子供からまで取り立てることはかわいそうだと我慢してくれいているのに
財産状況が知られると返済が要求されるようになり
遺産は全部なくなるから、裁判は避けるように言われました。

私は意地になっていますから、この際、裁判を行ってもよいと思いますが
実際はどうなのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

そのような事情でしたら、家庭裁判所の遺産分割調停・審判の手続きを利用するのが良いでしょう。
調停・審判は非公開の手続きですから、当事者が口外しない限り他の親族にその内容が知られることはありません。長男や四男もお父様が借金をした親族に知られれば相続人として取り立てを受ける立場にあるのですから、進んで自らの財産を失うようなことはしないはずです。


遺産分割調停では第三者である調停委員が相続人の間に入り、それぞれの意見や主張を聞いて、ときには無茶な主張を諭したりもしながら合意ができるよう進めてくれますし、もし調停でも合意ができなければ、審判に進み裁判官によって分割方法を決めてもらうことになります。

 

お考えのとおり生命保険金は受取人固有の財産であり遺産ではありませんから、受取人であるあなたが単独で自由にその使い道を決めることができますので、四男の主張は法律上の権利を超えたかなり無茶な要求ですし、お書きいただいた事情からは、あなたの提示している分割案は妥当なものだと思います。
生命保険金が遺産額に比べて多額である場合は公平のために特別受益として遺産分割に考慮されるケースもあるのですが、お書きいただいた事情のように遺産として預貯金1500万円+不動産があるようなケースでは、原則通り遺産分割には考慮されないとみて良いです。

 

相手にこれ以上無茶な要求をするのであれば、話にならないので遺産分割調停にすると伝えた上で、それでも要求を下げないのであれば調停手続きを進めた方が良いでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


ありがとうございました


そのご提案で兄弟と交渉してみます。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

はい。

大変だと思いますが、お体に気をつけて頑張ってください。

法律 についての関連する質問