JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

損害賠償につて   私は農家で野菜を栽培しています。 栽培した野菜を大手スパーに販売しています ホームセンター販売してから四年めになります毎年の納品は8月お盆過ぎですので

質問者の質問

損害賠償につて
 
私は農家で野菜を栽培しています。
栽培した野菜を大手スパーに販売しています
ホームセンター販売してから四年めになります毎年の納品は8月お盆過ぎですので、今年も買取をお願いしたく7月上旬に大手スパーバイヤーに電話をしましたところ後で連絡するとのことでした。

しかし、7月の末になつても連絡がありません。そこで、又電話をしましたら、後で連絡するとのことです。
多分取引を中 止したいのではないかと推察し心配しています。
納品が大量なので心配で夜も眠られません。
他に販売することも出来ず信頼して待つしかありません。
そこで、もしこのまま待つて、毎年納品する八月が過ぎた場合、販売のすべもなく廃棄処分するほかありません。
このような場合、
損害賠償する事が出来るのでしょうか。
販売契約はありませんが連続三年の取引があり、
取引見込んで栽培した私にも落ち度がありますが、
取引中止するなれば、面会を引き伸ばさず対応すべきが、常識 ではないかと思い、 処分した野菜そうとう額損害賠償したいと思うのですが出来るでしょうか、
又、このような場合、
今 私はどうすべか、
ご指導賜りますようお願いいたします。



iPhoneから送信
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>しかし、7月の末になつても連絡がありません。そこで、又電話をしましたら、後で連絡するとのことです。
多分取引を中 止したいのではないかと推察し心配しています。
納品が大量なので心配で夜も眠られません。
他に販売することも出来ず信頼して待つしかありません。
そこで、もしこのまま待つて、毎年納品する八月が過ぎた場合、販売のすべもなく廃棄処分するほかありません。
このような場合、
損害賠償する事が出来るのでしょうか。

 

→後で連絡する、というのは大体解除でしょうね。2wというのは十分な期間です。

 

 買主が契約を解除する場合には、相当の期間を定めて告知するのが普通です。解除するつもりでありながら、ずるずる先延ばしにして期待と不安に陥れるのは信義則違反です。

 

>取引見込んで栽培した私にも落ち度がありますが、

→そんなことはないです。信義則違反です。

 

 もし買主がいきなり解除するような場合(無催告解除)、売主としては契約が存続していたなら得られたであろう利益の賠償請求を行いうることは明らかです。

 

 契約を解除する場合には、納期の1ヶ月~2ヶ月前までに通知すること、というような文言を入れていればよかったのでしょうが・・・・・・・・。

 

>他に販売することも出来ず信頼して待つしかありません。

 >ホームセンター販売してから四年めになります毎年の納品は8月お盆過ぎですので、今年も買取をお願いしたく7月上旬に大手スパーバイヤーに電話をしましたところ後で連絡するとのことでした。

 

→7月末まで待ってそれで解除です、といわれたらもうどうしようもないですね。

 

 イ 転売先が見つかった場合

 

 「本書到達後契約を存続される場合は、3日以内にご連絡いただきたくご通知申し上げます。ご連絡なき場合は、信頼関係の喪失・破壊とみて当該売買契約を解除し他に転売いたしますのでご了承ください」という文言になります。

 

 ロ 転売先がない場合

 

 「本書到達後契約を存続するか解除するかの意思表示を、3日以内にご連絡いただきたくご通知申し上げます。ご連絡なき場合、貴殿のがわからの理由なき一方的解除とみなして、契約が継続していたならば得られたであろう利益(履行利益:契約が完全に履行されたならば得られたであろう利益、積極的契約利益)又は目的物廃棄により発生した損害の賠償を請求いたしますので、ご了承ください」という文言になろうかと思います。

 

 このような通知書を内容証明で送ることです。

 

 

*契約法務の専門家たる行政書士として行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づく回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論するものにあらず。

法律 についての関連する質問