JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父とは30年以上音信不通でした。その父が昨年亡くなり、相続放棄の手続きをしました。 父の仕事仲間の方から連絡があり

解決済みの質問:

父とは30年以上音信不通でした。その父が昨年亡くなり、相続放棄の手続きをしました。
父の仕事仲間の方から連絡があり、会社で保険をかけていたが、法定相続人しか手続きできないと言ってきたので、相続放棄をしたので手続き出来ない旨を伝えたところ、相続放棄申述受理証明書をくださいといわれました。
一人暮らしの父の面倒を最期まで看取ったとの事ですし、かまわないかとも思うのですが、渡してもいいものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問 を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

保険金の受取人がお父さんの名義の場合、その保険金は相続財産となります。

しかし、質問者様は既に「相続放棄」の手続きをしているので、最初から相続人としての立場にありません。

ただし、保険の内容を確認してみるために、証券のコピーを受け取るほうがいいと思います。

仮に保険金の受取人が質問者様となっていた場合は、その保険金は相続財産ではなく、質問者様個人の財産で、相続放棄していても受け取る権利があります。

仕事仲間の人に、保険の内容を確認してもらうか、コピーを送ってもらって内容を確認して、保険金の受取人がお父さんの名義になっていたら、相続放棄申述受理証明書を送る、という対処のほうがいいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.


アリガトウゴザイマス。


シツモンノシカタガワルカッタミタイデス。


ソウゾクザイサンノケンリニツイテハアルテイドシッテイマス。


ソウゾクホウキシンジュツジュリショウメイショヲサイケントリタテイガイノコトデワタシテモ、モンダイナイカヲオシエテクダサイ


スミマセン、カタカナシカデナクナッテヨマニクイトオモイマスガ、ヨロシクオネガイシマス

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
相続放棄申述受理証明書を債権の取り立て以外のことで渡しても構わないか、という内容ですね。

問題ありません。大丈夫です。相続放棄申述受 理証明書は債権者に対して、自分は債務の相続をしていないということを証明することの他に、亡くなった人の相続人しか手続きできないことを「自分は相続人ではないので、できない」ということを証明するために必要になります。

保険金の手続きについては受取人本人またはその相続人にしか手続きができないので、どちらも存在しないということを保険会社に証明する書類として必要になるのです。渡しても悪用はできませんので、ご安心ください。

shihoushoshikunをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問