JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2228
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

200万円ほど、知人に貸しました。返済期日までに全く返してもらえず、返済してほしいと伝えると「今、お金がない」と言っ

質問者の質問

200万円ほど、知人に貸しました。返済期日までに全く返してもらえず、返済してほしいと伝えると「今、お金がない」と言って逃げられてました。挙げ句のはてには「カネカネうるさい!!!」と怒鳴られ、全く話し合いができない状態だったので、先日、「10日以内に返済しなければ法的手段にでる」という内容の内容証明を送りました 。
この時点で返済期日より80日以上たっていました。
そうしたところ、8/1に全額返済するから取りに来いとメールが来ました。借用書も貰っていたのでそれと交換だとのことでした。
私が取りに行かないといけないのでしょうか?そこにいくのにはかなり時間がかかりますし、交通費もかかります。また、その人とは縁を切りたいので会いたくありません。
銀行振込をしてもらえないんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

法律的には借用書と弁済は同時に履行しなければならないものではありません。お金を受け取ってから借用書を相手に返せば良いということになります。


民法(債権証書の返還請求)
第四百八十七条  債権に関する証書がある場合において、弁済をした者が全部の弁済をしたときは、その証書の返還を請求することができる。

また、弁済の場所ですが、特に別段の定めがないなら 、質問者様の住んでいる場所まで持ってきてもらうことができます。相手が取りに来いということはできません。

民法(弁済の場所)
第484条
弁済をすべき場所について別段の意思表示がないときは、特定物の引渡しは債権発生の時にその物が存在した場所において、その他の弁済は債権者の現在の住所において、それぞれしなければならない。

したがって、上記の法律を示して「お金は持ってきて下さい。それが無理なら銀行振込にしてください。入金を確認できれば借用書を送り返します。」と言って銀行口座を教えて振り込ませましょう。
領収書は銀行の振込依頼書の控えが領収書の代わりになりますので、発行しなくても大丈夫です。

お金を貸しているのは質問者様の方ですから、相手の言いなりになる必要はありません。きちんと法的な権利を主張して強気の姿勢を示しましょう。

以上となりますが、参考になりましたでしょうか。不明な点があれば補足しますので遠慮なく返信して下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

とても分かりやすくご説明頂きましてありがとうございました。知人と話をするのが困難なのでメールで対応していますが、電話もかかって来ています。電話には出ないようにしていますが、後々に問題あるのでしょうか?また、借用書を送るときは配達証明つきにしたほうがいいでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
メールのやり取りで問題ありません。都合で出られないこともありますからね。そういうことにしておけばいいです。

借用書は配達証明付きにするべきですね。相手が「郵便を受け取っていない」という言ったとしても、それに対処できるからです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先日、質問させてもらった者です。知人に銀行振込にする旨伝えたところ、借用書と交換でないと弁済しないといわれました。借用書のコピー等をとっておいて先に原本を渡してもいいのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
借用書と交換でないと返さないという、言い分は法的には通用しません。本来はお金を返してもらってから、借用書を返還するというのが筋だからです。
しかし、話して分からないような相手であれば、対策を練らなければなりません。

先に借用書を返してしまうと、借金の担保を失うことになりますので、あまりお勧めできません 。コピーを持っていても原本がなければ、相手に返済したということを主張されかねません。

相手が話して分からないような人物であれば、借用書と交換で現金を受け取るしかありません。

または、法律的に借用書はお金を返してもらってから返還するものである。あなたがお金を返した証拠は銀行の振込伝票で証明できるので問題ない。逆に私が借用書を先に返すと、こちらがお金を貸したという証拠がなくなってしまう。だから、先にお金を振り込んでもあなたに不利なことはない、ということを説得することで支払ってもらうかです。

とにかく、借用書を先に返せ、というのは不当な要求ですので、質問者様の法律的な権利を主張して、相手のペースにならないように気をつけましょう。


質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。本当にこの知人は信用できませんし、二度と会いたくありません。どうしてもと言うのであれば代理人を立てて受け取りに行くことも可能なのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そうですね。会いたくないのであれば、もちろん代理人でも構いません。
その場合は相手に代理人であることを信じてもらうために、委任状を作成して渡したほうがいいでしょう。
委任内容としては、「貸金債権の取り立てによる、金銭受領に関する一切の件を委任する」
というものでいいでしょう。

法律 についての関連する質問