JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

約一年前に離婚が成立しました。DVが原因でしたが相手は執拗に復縁を希望したため、離婚の際、財産分与等の取り決めが思う

解決済みの質問:

約一年前に離婚が成立しました。DVが原因でしたが相手は執拗に復縁を希望したため、離婚の際、財産分与等の取り決めが思うようにできませんでしたが、養育費だけは支払いがされています。
気がかりなのは共有名義の家です。ローン、名義等ともに4割が私の持分となっており、今は元夫が住み続けてローンや固定資産税も元夫が払っています。ローンの残りは20年、土地は定期借地権付の土地で、借地権の残りは35年程度です。
ローンの私の払い分としては、年間45万円程度になるのです が、元夫が全て支払っている現状で贈与税は発生するのでしょうか。
また、元夫は再婚する予定ですが、名義やローンの連帯債務者変更に応じる気は無いようです。
とはいえ、元夫は仕事は真面目にやりますし、経済力もあるのでローンは完済すると思われます。このような状況では、最終的に元夫や新しい配偶者の方にとってデメリットが残るだけなような気もするので、放置しておこうと思いますが、ローンの不払いが無かったとして、私としては今後どのような問題が生じる可能性がありますか?
また逆に、元夫と新しい配偶者にはどのようなデメリットが生じますか?
ちなみに、元夫とのあいだには子供が二人いて、親権は私にあり、三人で賃貸マンションに住んでいます。私は再婚していません。
できることなら、きちんとした手順で清算したいのですが、元夫はなぜか法的手続きを異常に面倒臭がり、こちらが催促しようものなら逆上し、脅迫めいたことを言ってきます。私も養育費だけでももらえている間は、相手をあまり刺激したくありません。
今まで、多々恐ろしい思いや嫌な思いをしてきているので、現状がすこしでも強みになるのであれば、それを逆に利用したり、安心材料にできないものかと考えています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


>ローンの不払いが無かったとして、私としては今後どのような問題が生じる可能性がありますか?また逆に、元夫と新しい配偶者にはどのようなデメリットが生じますか?

ローンの不払いがなければ、質問者様にデメリットは少ないです。ただ、実際にローンを支払っているのが元夫であるということですから、本来であれば質問者様が支払わなければならな い債務を元夫が肩代わりしていることになります。その肩代わりしていた債務に関して「代わりに払った分を返せ」と主張されることは考えられます。しかし、もしそうなれば質問者様の不動産の共有持分を元夫に譲り渡せば解決します。

一番厄介なのは、元夫が支払をしない場合です。その場合は連帯債務者である質問者様に支払の義務が生じます。家に住んでいないのにローンを支払わなければならないという最悪の状況になります。でも、支払いを完済すると思われているということですから、その点は心配ないのでしょう。

元夫と新しい配偶者にとってのデメリットは、共有名義として質問者様が登記されていることでしょう。今後不動産を売却しようという場合は、質問者様も協力が不可欠になります。質問者様が協力しなければ売却は難しくなります。
また、相続の点でも質問者様の名義が登記されているので、仮に元夫が亡くなった場合には、元夫の共有持分を新しい配偶者と元夫と質問者様の間のお子さん、そして質問者様が共有者となる、というとても複雑なことになってしまいます(元夫と新しい配偶者に子どもができれば、その子どもも相続人になり、また複雑になります)。

このままの状態でいるなら元夫のほうにデメリットとなるので、養育費もきちんと支払ってくれて、本人がそのままでいいと言うならそのままでもいいのではないでしょうか。ただし、元夫がローンを支払えなくなった場合のリスクは理解しておいた方がいいでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問