JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4336
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在、夫と離婚裁判を控えております。夫とは別居中です。 私は夫との離婚を主張しておりますが、夫は離婚に応じてくれま

質問者の質問

現在、夫と離婚裁判を控えております。夫とは別居中です。
私は夫との離婚を主張しておりますが、夫は離婚に応じてくれません。
夫は別居も認めてくれず、別居する前に私の鞄を勝手に漁り、子供名義で私の母が貯めてくれた通帳とその印鑑、子供と私の健康保険所、母子手帳等を盗みました。
盗んだ事を確認したところ、「よからぬ事をたくらむお前が悪い」「別居しないと宣言したら返す」といわれました。結局は警察を呼び、私名義で旦那の口座引き落としのクレジットカードを返す事(現金は貰えなかったので)で返して貰いました。
私が就職先が決まり、社会保険と厚生年金の手続きをする際も年金手帳を隠され、返して貰えず、「保険を解約しろ。解約すれば返す(私名義夫支払いの夫婦の養老保険)と言われ、結局返してくれないなら夫の会社に事情を話して年金番号を教えて貰うと言ったら、
次の日カメラで年金番号を撮影し、家のプリンターで印刷して置いてありました。
そんな状態でも夫婦の破綻は認められないのでしょうか?
二年近く食事は別、会話も罵り合い以外はしておりません。夫から話掛けてくる事はありません。テメー、アホ女等の暴言も言われていました。
また、別居しないと一筆書け・アパートを解約しろ、じゃないと返さない等というのは脅迫罪で訴える事は可能でしょうか?
ご回答宜しくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚裁判を控えているとなると、既に家庭裁判所の調停をされたと言うことでしょうか?

離婚問題は、必ず最初に離婚調停をしないといけません。これを調停前置主義と言います。

その調停の時に、調停委員等からどういう判断があったのでしょうか?

もしかしたら、調停にご主人様が出席せずに不調になったのでしょうか?

仮に調停がまだなら、調停を申立てて下さい。

離婚裁判になるのであれば、やはり弁護士の先生に代理交渉をご依頼すべきでしょう。

一般的に離婚裁判まで行くケースはほとんどありません。

夫婦間では、窃盗罪は刑事事件として成立しませんが、民事での不法行為による

損害賠償請求はあり得ます。

お話からは、ご主人様の行動は夫婦と言うより主従関係を強いる人権侵害とも

言えます。

そう言う意味では、夫婦関係が破綻しているとも言えるでしょう。

浮気やDVが無いと裁判上の離婚理由としては難しいので

やはり別居実績をしっかり作ることが大事です。

夫婦関係の約束はいつでも取り消せるので、一筆書いて、それを反故にして

別居されるのが良いかもしれません。

DVはモラハラでも成立するので、警察に被害届を出すのは離婚に有利に進むでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.


ご返答ありがとうございました。


 


すみません、もう少し詳しくお聞きしたかったので再度質問させて頂きます。


 


調停は2回目に夫が陳述書を出してきて(私が悪い妻、悪い母だから離婚しないという内容でした。嘘も沢山書いてありました。)私は弁護士さんをお願いしており、夫は調停で離婚に納得する事はないと思いますという旨を話していたので、すぐ不調を申し立て、今月末に第一回目の裁判をする事になりました。


 


窃盗罪にならないのは存じているのですが、テレビで夫を脅迫罪で訴えていた方がいたので、私のケースでも訴えれるのであれば訴えたいと思ったので質問いたしました。少しでも離婚にプラスになる事はしたいのです。


民事での賠償請求をした場合、離婚に少しでもプラスになりますでしょうか?


 


警察の方は実際の暴力じゃないとDVとして扱えないという風に言われました。記録?には残して貰っている様なのですが、モラハラを証明する為に何かした事がよい事がありますでしょうか?また、窃盗罪にはならないからどうする事も出来ない様な事を言われました。


 


弁護士さんとも少しお話したのですが、夫はモラルハラスメントだと思います。


起訴状では夫の性格の事は何も書いてありませんでしたので、今後出していくのかなと思うのですが、あまりとんちんかんな事を言って弁護士さんに失礼な事をしても・・・と思ったので、このサイトで質問させて頂きました。


 


夫は裁判で離婚という結果が出ない限り何があっても離婚しないと思います。恐ろしいです。


 


脅迫罪でも民事訴訟でも警察に被害届けでも離婚にプラスになるのであればなんでもしたいです。


 


アドバイスお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、ご主人様の発想は少し一般の方とは違うようです。

やはり、夫婦関係が破綻していて、高圧的な対応を強いられているようであれば

別居実績が一番離婚に強いので、何とか別居の方向で動くべきです。

モラハラであっても、婦人センター等にご相談されれば

DVシエルターなどに保護してもらえる可能性はあります。

大いなる人権侵害を受けているようですから

録音や記録などで証拠を作って行きましょう。

離婚裁判に関しては、DVや脅迫を受けていることを押し出す方が強いでしょう。

弁護士の先生は敷居が高いかもしれませんが、報酬額を支払って対応して

いただいているのですから、主張すべきことはして下さい。

難しいなら、もっと親身になっていただける弁護士の先生に変更すべきなのかも

しれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。


度々質問してすみません。


現在子供二人を連れて夫とは別居しております。


区役所ではDVを受けた旨等お話して住其ブロックをかけて貰っています。


 


やはり脅迫罪で訴えるのは難しいのでしょうか?


訴えても離婚しやすくはならないのでしょうか?


 


弁護士の先生には脅されたり、暴言のメール内容を印刷して夫はモラハラであると主張して欲しいと相談してみたいと思います。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

DVに関してそこまでの対応がされているのであれば

脅迫罪よりもDVで進めた方が良いでしょう。

DVに関しては、警察署や警察官によっても温度差があるので

本庁に相談するなど、工夫をされた方が良いでしょう。

DVの方が離婚はし易いでしょうね。

弁護士の先生には、とにかく離婚したいと強く主張して

対応を考えてもらうべきです。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4336
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問