JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

「子連れ再婚」の場合に、過去に生じた、あるいは、生じうる問題について教えて下さればうれしいです。私の長男で42歳、相

解決済みの質問:

「子連れ再婚」の場合に、過去に生じた、あるいは、生じうる問題について教えて下さればうれしいです。私の長男で42歳、相手は32歳、子供は4人。中学生を先頭に4歳まで、女、男、男、男らしいのですが・・。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

子連れ再婚の場合に問題となるのは、養育費の問題と、相続の問題でしょう。

まず、連れ子には父親がいますが、その父親には子どもに養育費を支払う義務があり ます。再婚相手がその父親とどのような協議を交わしたのか、そして、きちんと協議書を作成したのか、というようなことを確認したほうがいいです。養育費を取り決めたのに支払ってくれないなら、請求する権利が生じます。
また、子どもたちを父親に面会させることも協議したかもしれません。その場合は月に一回は子どもを父親に会わせる必要があります。

そして、相続の問題ですが、息子さんが再婚しても自動的に連れ子が息子さんの法律的な子どもになるわけではなく、連れ子と養子縁組しなければ、法律的な親子関係にはなりません。つまり、養子縁組しなければ、連れ子は息子さんの財産を相続することはできません。再婚相手は息子さんの財産を相続できます。
再婚相手に連れ子がいれば、結婚と同時に子どもとの養子縁組も届け出るのが通常です。

質問内容からすると考えられる問題はこれくらいですが、不明な点があれば補足しますので返信機能を使ってください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問