JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

父が危篤になり死亡の前日40万当日AM8:13に亡くなり当日別の銀行より40万引き出していた事が銀行の情報開示により

解決済みの質問:

父が危篤になり死亡の前日40万当日AM8:13に亡くなり当日別の銀行より40万引き出していた事が銀行の情報開示により判明しました。この様な件は刑事罰の対象でしょうか?またその場合どういう手続きが必要でしょうか?また他の銀行の取引状況を確認する良い方法はあるのでしょうか?(1軒づつ回るのは大変です)宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

もし引き出した者がお父様の意思に基づかずに引き出し自らのために使っていれば窃盗罪や横領罪といった犯罪に当たる可能性はあります。


ただご葬儀や入院費等の支払のために本人の財産から多額の預金を引き出すケースというのは良くあり、そうであれば違法とまでは言えませんから、引き出した者が何に使ったのか慎重に事実確認する必要があります。また、犯罪として処罰してもらうためには警察に被害届・告訴状 を提出し捜査してもらう必要がありますが、引き出したのが身内の者である場合、警察は家庭内のこととして介入したがりませんし、引き出したのが子供や配偶者、同居の親族の場合は刑罰が免除される場合もあり、現実に犯罪として捜査の対象になることは残念ながらほぼ無いと考えた方が良いです。
身内ではない第三者が勝手に引き出した可能性が高い場合は、まずは警察に被害届を出してください。

 

刑事罰が免除される場合でも、自らのために遺産を使うのが違法な行為であることは間違いないですから、民事で返還を請求することは可能です。その場合でも、引き出したのが相続人である場合は遺産分割の話し合いの中でその者の相続分を減らすなどの形で解決することが多いです。
まずは誰が、引き出したお金を何に使ったのかをしっかり確認しましょう。

 

銀行の取引状況については、残念ながら一行ずつ回る以外に方法はないのです。これは専門家が調査する場合も同じです。
銀行の取引状況は個人のプライバシーに関する重要な情報ですから、各銀行が責任をもって管理しており、集約などはされないからです。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

言い忘れましたがおろした人は内縁(16年)で籍は入ってませんがこの場合の解釈は第3者にあたるのでしょうか?申し訳御座いませんが追加でご回答お願い致します。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

内縁の妻は遺言書がなければ財産を相続することはできませんし、横領等の犯罪を犯した場合に刑罰が免除される親族にはあたらないという最高裁判所の判例もありますので、第三者と同じ扱いです。

どうしても刑事罰を与えたいというお気持ちでなければ、いきなり警察に被害届を出すよりもまずは直接問いただすなど使途を確認したうえで、お父様に関することに使ったのでない場合は全額の返還を請求し、返還を渋る場合は犯罪であること、返還しないのであれば警察に被害届を出すことを相手に伝えることで交渉のカードにするのが良いと思います。

法律 についての関連する質問