JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

ダンス教師をしておりますが、2か月前に辞められた元生徒からレッスン台の返金と謝罪文を要求されました。 返金について

解決済みの質問:

ダンス教師をしておりますが、2か月前に辞められた元生徒からレッスン台の返金と謝罪文を要求されました。
返金については規定の時間よりレッスンが短いことが 多々有り、それが苦痛なため5万円の返金に応じなければ損害賠償請求するというもの。ただしそのような事実は有りません。その方はどうも組んで踊ってる時がレッスンで、会話はそれに当たらないと思っておられたようですが、理解してもらえません。ちなみにレッスン代はその都度苦情も言わずに支払われてました。
謝罪は「アホ」と言ったとか、嘲笑したということについてですが、大半は記憶にありませんしこちらとしては言いがかりです。確かに「アホ」位はどの生徒にも言ってますが。しかし、それで心療内科に通った分の医療費を出せと言われています。ただしその方は元々そういった疾患があると申告しておられました。
送られた文書は日付も捺印もなく、一方的な言いがかりに等しいのですが、自宅とスタジオが同じため本人自ら自宅ポストに営業時間中投函されたようで(私は不在でした)、60代くらいの女性とはいえ今後少し怖さもあります。
要求通りにした方が良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

要求に応じてはいけません。

相手の言い分がでっちあげなのだとしたら、損害賠償請求などしようがありませんよ。
証拠がない請求を認めたりはしませんから、相手の請求は認めら れません。
毅然と構えるようにしてください。

また、今回の面倒だからといって要求にしたがったところで、
今回で請求が終わるという確証もないわけです。
むしろ、簡単にお金が手に入ったということでエスカレートするおそれさえあります。

というわけで、相手にペースにのまれず、相手の要求は拒否するようにしてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

毅然とした態度と言われて、少しホッとしました。確かに言った言わないについては証拠もありませんし、私のとった言動や態度で精神疾患になったのなら、その時点でまずは辞められるべきですし。


2つ質問です。


 


拒否というのは無視のことでしょうか?それとも謝罪文や返金には応じないということをはっきり通告するということでしょうか?


 


それと、先ほどの質問で書き忘れましたが、短縮された時間分のレッスン代は「契約不履行」だから返金しろ、と要求されていますが、最短で2か月前、古くは1年以上前のレッスン代で、当方は短縮など業界の沽券にかかわることなので行ったはずもなく、しかも本人が苦情をその場で言うこともなく支払っていかれたものが、後日の苦情で契約不履行になるのでしょうか?


言い掛かりだから払わなくて良いのか、そもそも法的に払う必要の無いものなのか、申し訳ないですがご教授お願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
無視か拒否かはどちらでもいいです。
相手に伝わりやすいのは拒否を通告することです。
弁護士に聞いたら、払わなくていいと言われた、でいいと思いますよ。

債務不履行にはなりません。
当時、しっかりとレッスンを提供したかどうかが問題です。
提供していれば債務を果たしていますから大丈夫です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問