JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日、に引き続きご相談させてください。 本日、またメールが来ました。 『これから本訴を起こす予定ですが、もし仮に、本訴を起こせば100%弊社が勝ちます。 弁護士に確認していた

解決済みの質問:

先日、に引き続きご相談させてください。
本日、またメールが来ました。
『これから本訴を起こす予定ですが、もし仮に、本訴を起こせば100%弊社が勝ちます。
弁護士に確認していただければそちらが負けることがわかるでしょう。
また、裁判は東京地裁なおで裁判の際には月に一回くらい1年間東京に来てもらいます。
もし本訴ということでの解決をお望みなら、こちらは和解はしませんよ。
競売でご自宅を売却させていただいたお金で資金を回収させていただきます。
つまり、友利様の住む場所はなくなりますよ。
それでも大丈夫ですか?
一度だけ和解のチャンスを与えます。
なので弁護士に相談してみてください。
・友利様の弁護士費用
・友利様のご自宅が競売で住めなくなるといった点(これは脅しでいっているわけでも何でもな いですよ)
・友利様の東京までの旅費
・友利様の精神的負担等
をご考慮いただきまして、いったいいくらをいつまでにお支払いいただけるのかをご提示ください。
こちらが納得のいく金額でしたら和解とさせていただきます。
本訴ということになりましたらこちらは和解はしませんので、友利様のご自宅は競売ということになります。
なお、7月10日までにメールの返信がない場合は自動的に本訴ということになってご自宅は競売になります。』
これでも、脅しにはならないのでしょうか?
裁判で仮に原告が勝訴しても、判決に基づく賠償額を支払えば、競売にはなりませんとご回答を頂きましたので、一安心していたのですが、メールの内容のように競売にする方法などあるのでしょうか?
再度不安な日々を送らなければならず、この話も家族には言えません。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

相手は和解に応じるかどうかを通知してきているだけです。
質問者様に害を加えるとまではいかないので脅迫とは言えないでしょう。

安心してください。敗訴したからといって、いきなり自宅が競売されることはありません。
敗訴した場合、「被告は、原告に対して○○万円を支払え」という判決がなされます。
原告はそれにより、被告にお金を請求できます。そこで被告がお金が払えない、もしくは払わない場合に不動産などを差し押さえ、強制競売をすることになります。
判決に基づいて被告が金銭 を支払えば、原告は差し押さえを解除しなければなりません。
したがって、お金を払えば自宅が競売されることはありません。

文面を見ると、相手はやはりまだ弁護士に依頼していませんね。弁護士に依頼していれば弁護士から請求や和解の通知がくるからです。また、メールの内容も到底弁護士に相談した内容とは言えません。

質問者様が訴訟したいと考えているなら、相手が訴訟してきたタイミングで弁護士に依頼したほうがいいでしょう。相手がメールしてきても無視していればいいのです。もしくは、「訴訟してもらって構いませんので、今後は一切メールしてこないでください。迷惑です。」くらいの返信でもしておけばいいでしょう。

ただ、訴訟となると相手の言う通り、弁護士費用がかかります。質問者様が法廷で直接相手の言い分を聞きたいならば、そのための旅費もかかります。その分の出費があることは覚悟の上、訴訟に望んでください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただきありがとうございます。
敗訴の場合、賠償金額以外にも相手の弁護士代金や交通費などもこちらが支払わなければなりませんか?もし支払うとなると、おいくら位になるのでしょうか?事案ごとに違いはあると思いますが、その金額が何十万になるのでは、あまりにもばかばかしいので、よろしくお願いいたします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>敗訴の場合、賠償金額以外にも相手の弁護士代金や交通費などもこちらが支払わなければなりませんか?もし支払うとなると、おいくら位になるのでしょうか?
→敗訴したとしても、相手の弁護士費用を支払うことにはなりません。弁護士 費用は自分で支払うものだからです。

ただ、交通費は訴訟費用として認められ、訴訟費用は通常負けたほうが負担することになります。

訴訟費用には、訴訟のための印紙代、交通費、郵便切手代、などを負担することになります。何十万円にはならないですが、数万円の負担は覚悟したほうがいいです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問