JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

開発行為(建築及び調整池の設置)をするの当たり、排水承諾(水利関係者)が必要とのことで、水利 関係者に同意を求めた

解決済みの質問:

開発行為(建築及び調整池の設置)をするの当たり、排水承諾(水利関係者)が必要とのことで、水利
関係者に同意を求めたところ、開発区域から200mぐらい先の水路のコンクリートを打設しない限り同意しないと言われました。
コンクリートを打つ範囲は、200mぐらいあります。
費用もかかることに加え、筋が通らないように思いますが、話に応じて頂けません。
この場合、訴訟を起こすことは可能ですか、何卒ご教示ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 排水承諾に限らず、地元住民の同意料(ハンコ代)として何がしかの金銭を授受することが一般化しています。

 

 >開発区域から200mぐらい先の水路のコンクリートを打設しない限り同意しないと言われました。

 

→これは無体な条件ですから、コンクリート打ちの何分の1かに当たるハンコ代を呈示してみることです。

 

 訴訟といわれますが、行政代執行のような手続きはありませんし、逆に住民がわから工事差し止めの仮処分があるだけです。業者がわからの訴えは方法がありません。

 

 ★許認可の専門家行政書士として、行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づき回答しました。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。


一つ確認ですが、水利権者の権利の濫用ではないですか?


 

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 もちろんそうですが、権利濫用法理というのは、一般条項といって、何も訴える手がない場合に最終に使うものであり、伝家の宝刀でめったに使うものではありません。

 

 許可を受けることが先決ですから、ハンコをもらうことを考えてください。

 

 もちろん、住民に裁判外で「住民エゴだ」「おまえら権利濫用じゃ、いいかげんにしろ」ということ自体は自由ですが、訴訟上で権利濫用といってもこれは説得力に欠けます。

 

 ★許認可の専門家行政書士として、行政書士法第1条の3第3号(法定外業務 法規相談)に基づき回答しました。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問