JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

私は妻子がありますが、依然別の女性とお付き合いをしておりました。その女性に新しい男性が出来たので別れたのですが。その

質問者の質問

私は妻子がありますが、依然別の女性とお付き合いをしておりました。その女性に新しい男性が出来たので別れたのですが。その女性が依然私と不倫をしていたことを男性に聞き出されました。するとその男性はもう二度とその女性がそのようなことをしないようにと、私の妻に電話をして告げて、慰謝料を二百万円( 慰謝料として百万円、私がその女性に使ったお金の一部を返却するとして百万円)払うと約束しました。女性もそれで同意していたのですが、お金を払う前にその男女は別れてしまい、私はその女性とも連絡がとれなくなり(電話番号も変わって)住所はわかっていたので手紙を何度も送ったのですがずっと無視されます。妻は何もしなくてもよいというので二百万円で話がついていたのですが、その後の態度の急変で怒りが増しました。何とかお金を取れないかと相談させてもらってます。

ただ、妻は、自分が手続きをするのが嫌みたいで、私が代理でできないかと言っています。もちろん何か署名のようなものがいるのなら、それはしてくれるみたいですが。

あと、慰謝料の相場というのがわかりません。彼女との交際は約8年です。妻は離婚は今のところ考えていないみたいです。

どうかよろしく、教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

まず、手紙を送っても無視するような相手ならば、弁護士に依頼したほうがいいでしょう。当人同士では解決しない可能性が高いです。
質問者様が奥さんの代わりに請求しても無視し続けられることになります。

結局、相手が慰謝料を支払わざるを得ない状況にするためには、裁判をして請求するしかありません。弁護士に請求さ せれば驚いて素直に支払うかもしれません。弁護士の請求を無視するなら、裁判になるでしょう。裁判になれば相手も無視せざるを得なくなります。

慰謝料の相場としては、不倫された配偶者が不倫相手に請求できる金額としては、離婚に至っていないことを考慮して100万円から150万円くらいでしょう。
ちなみに、質問者様が女性に使ったお金の返却は認められません。贈与したものとみなされるからです。

手紙を送って警察に相談されたなら、なおのこと第三者である弁護士を介することをお勧めします。


質問者: 返答済み 4 年 前.


早速のご回答ありがとうございます。


弁護士さんに依頼するのは、妻本人しかできませんか?


私が代理というのはダメでしょうか?


 


慰謝料の請求は話し合いで二百万円で約束していたのですが、それでも請求金額は100~150万円ですか?


妻の気持ち的には、200万円以上で請求したいくらいなのですが、妻の思う金額を請求して、お互いぎりぎりの金額で折り合うということにはなりませんか?


あと請求金額に弁護士さんの費用を上乗せすることはできますか?


 


いろいろ質問してすみませんが、教えてください。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>弁護士さんに依頼するのは、妻本人しかできませんか?
私が代理というのはダメでしょうか?
→質問者様が代理でお願い はできますが、奥さんは一度は弁護士の先生と会って話し合いをする必要があります。本人の意思確認をする義務が弁護士にはあるからです。その後は質問者様を通して連絡したりすることになるでしょう。


>慰謝料の請求は話し合いで二百万円で約束していたのですが、それでも請求金額は100~150万円ですか?
→相手の女性が二百万円で承諾しているなら、二百万円を請求できます。「二百万円を支払います」という約束をした証拠がある場合も二百万円を支払ってもらえるでしょう。100万円から150万円というのは相手が支払いを拒否している場合の裁判所が判断する金額ということです。
もちろん、二百万円以上の金額を請求して相手が和解に応じて、二百万円を支払うことで解決するという道もあるでしょう。しかし、相手が金額について争うことを決めたならば、二百万円以上の慰謝料を取ることはこれまでの判例を考慮しても難しいです。裁判所がそれ以上の金額で判決を下すことは考えられないからです。

なお、弁護士の費用は上乗せできません。弁護士の費用は依頼者が支払うべきものだからです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


弁護士さんに相談します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
こちらこそありがとうございました。頑張ってください。

法律 についての関連する質問