JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4770
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

友達が息子のバイクを無断で乗り、転倒してバイクが破損しました。 修理代を請求していますが、本人は全額払うと言っていま

解決済みの質問:

友達が息子のバイクを無断で乗り、転倒してバイクが破損しました。 修理代を請求していますが、本人は全額払うと言っていましたが、未だに払ってくれません。友達は無免許で未成年ですが、働いています。今になって相手の親御さんから、以前無免許の子にバイクを貸したのだから、うちの息子にも責任があると言い、半分ずつにと言われました。
今回勝手にバイクを乗り、事故を起こしたのに、こちらにも責任がありますか?
全額請求はできませんか?
ご回答をよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、息子様のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、相手のご友人様は、自損事故で、他の方に怪我をさせたりは無いと言うことですね。

もしそうなら不幸中の幸いでした。自損事故でも本来は警察を呼ばないといけません。

多分、無免許と言うこともあり、それはされて無いのではないでしょうか?

無免許運転は、減点19点で、一発免許取り消しと同じ免許拒否処分です。懲役刑もあり得ます。

大抵は、20万円~30万円程度の罰金ですが、免許を取っても1年間の欠格期間が

つきます。

それほど、大きな事件を起こしておきながら、相手の親御様も不誠実極まりないとも

言えます。

 ただ、バイクを無断で乗ったとしても、キーがあるわけで、その管理をどうしていたかに

よれば、ご相談者様のお子様も無免許幇助になりかねません。

そうなると、息子様にも最低でも免停はあり得ます。悪ければ免許取り消しです。

誰かに損害を与える事故をしてれば、息子様に損害賠償責任もあり得ます。

 そう言うことも考えると、息子様に全面的に過失が無いとは言い切れないかも

しれません。

仮に、そこまで無断と言うなら、窃盗罪で被害届を出しておかないといけないことに

なります。

穏便に解決するなら、相手の要求も受け入れた方が良いかもしれませんが

今回においても、場合によっては人生が狂ってしまうような行動を起こしたご友人様とは

早目に決着をつけて、二度と息子様にお付き合いをさせないようにすることです。

示談の場合は、示談書を公正証書で作成しておくと良いでしょう。

そこで、精算条項を入れて、もう双方に債権債務はないとしておかないと

後で、事故の後遺症だ、なんだのと、難癖をつけて金銭を要求してくるでしょう。

半分だけ支払と言うなら、まだ先のことを考えれば、示談に応ずべき内容かもしれません。

公正証書の示談書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼

されると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。示談書は専門家に依頼しなければなりませんか? 依頼をした場合の費用は、こちらで持つものですか?
費用はどのくらいですか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

示談書は、ご自分達でも作成できるかもしれませんが

やはり、専門家に見ていただいた安心とは言えます。

費用は、どちらが出されても構いませんが

行政書士の先生なら、弁護士の先生と比較してかなりお安くできると思います。

示談書そのものを私文書なら、3万円程度、公正証書でも5万円程度で

公正証書の場合は、公証人手数料がかかるので、だいたい示談の額にも

よりますが、1万円程度でしょう。

公正証書は代理人でも作成できるので、息子様達が、公証役場に行かなくても

大丈夫です。代理人料金は一人1万円程度でしょう。

後のトラブルを考えると、示談書は作成はされた方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問