JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

永年いる従業員が二人同時に辞めて、店の近くで、二人で店をするのですが、二人の売り上げがお店の6割以上を占めます、社会

質問者の質問

永年いる従業員が二人同時に辞めて、店の近くで、二人で店をするのですが、二人の売り上げがお店の6割以上を占めます、社会(店)の顧客を勧誘などして、お客様を連れて行くと思い、そんなこと絶対にしてはいけない、こちらの店が潰れてしまうと言いました。止める方法や損害賠償請求等、出来ますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、そのような状況は現実問題としてよくあります。

ただ、対策としては非常に難しいものはあります。

まず、職業選択の自由の問題があり、制限が限定的にしかできません。

一つは、雇用契約等で、辞めた後に、顧客を持っていかないと言う誓約書を書いていたかどうかです。

と言っても、営業の自由もありますから、そう長くは制限できず、せいぜい2年が限界と

言われています。

次に、顧客管理が厳重にされていたかどうかです。

お客様カルテが、誰もが持出しが出来ないように管理されていれば

それを勝手に持出したりコピーやUSBメモリーに読み込ませるなどは損害賠償の対象になります。

前述の誓約書は、辞める直前でも作成は可能です。

ただ、このような経済状況で、新規にお店を立ち上げて成功するとなれば

やはり前の顧客を利用せざるを得ないと思います。

その従業員の方が、2人とも辞めることで、ご相談者様のお店が潰れそうなら

その二人にそのまま辞めないようにしてもらう方が早いかもしれません。

どのような不満があって辞めるかわかりませんが、給与や待遇の面で

お二人に譲歩されてみてはどうでしょうか?

損害賠償し合っても、場合によっては共倒れもあり得ます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問