JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

最近退職者した者です。家借りれる借りたいのですが、親は年金生活で私も貯金がわずかしかありません。株で生計立ててますが

質問者の質問

最近退職者した者です。家借りれる借りたいのですが、親は年金生活で私も貯金がわずかしかありません。株で生計立ててますが保有する株、余力資金は審査の対象にならないでしょうか?情けない話しですがよろしくお願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

本来であれば、会社を辞める前に、契約をしてしまえば、次の更新の時までは

問題が無かったとも思いますが、基本的に、無職だから家が借りられないとか

収入が何百万円以上でしか家を貸さないと言う決まりはありません。

基本的には、大家さんや不動産会社の判断次第です。

お話から、年金生活者の親御様がいらっしゃれば、仮に一緒に暮らすのであれば

今は、若いフリーターよりも、年金生活者の方が、貸す側としてはとりっぱぐればないと

歓迎される場合もございます。

仮に、今後、就職する予定がなく、しばらく株の取引き(デイトレなど)で生活すると

言うのであれば、家賃何か月分を前払いと言う契約もあり得ると思います。

その場合は、株を売却しないといけないでしょうが。

いずれにしても、お住みになりたい場所の地元に密着した個人事業的な不動産屋にご相談された方が

選択物件の範囲は広がると思います。

チェーン店みたいなところでは、頭が固くて対応は難しいかもしれません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問