JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

アパートに入居するときに大家にお願いをしまして、家賃を47000から32000にして頂きました。 契約を交わすとき

解決済みの質問:

アパートに入居するときに大家にお願いをしまして、家賃を47000から32000にして頂きました。
契約を交わすときに大家が、賃貸契約と業務委託契約書をもってきました。それには、家賃47000
と書いてありました。大家に金額が違いますと言ったところ、大家は、まわりの住人の手前これで
交わしてくれと言いました。大家は、家賃を32000にするために、業務委託契約書をもってきまして2階通路のところの掃除とクモの巣の除去を15000であなたにお願いすると言うかたちを取らせてくれと行ってきました。私もその時は、それで、いいかなと思い判を押しました。
ところが、6ヶ月過ぎた頃、大家から掃除をしていない今からきて虫の掃除をしろ。出来ないのなら私が掃除をするぞ。そうしたら契約違反だからな。と怒鳴ってきたの で私も、週に1回の掃除なのできちんとしています。今日が今日突然来てそんなこと言われても困ります。と言ったのですが、グズグズダラダラ掃除をしていないと言っているので、私も売り言葉の買い言葉で業務委託契約を解除します。大家が気にいるように掃除をしたらどうですか?といってしまいました。
そうしたらすぐにメールが届きまして、6月20日を解約日としますので、業務委託料金の日割りで
5000の返金を求めてきました。また、7月より家賃を47000で支払ってくれと言ってきました。
業務委託契約書には、解除の申し入れは30前にと書いてあるのですが、私が、解除してもらって結構です。と言ってしまったために、言ったその日が解除日になってしまったのでしょうか?
7月から家賃は47000支払わなければいけないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 業務委託契約が受託者の責に帰すべき事由による場合とそうでない場合とで分かれる、とも考えられますが、

 

 契約書に、委託者のがわからの解除、受託者のがわからの解除の規定があればそれによります。

 

 >業務委託契約書には、解除の申し入れは30前にと書いてあるのですが、私が、解除してもらって結構です。と言ってしまったために、言ったその日が解除日になってしまったのでしょうか?

 

→これは委託者がわからの解除の場合と思われます。

しかし受託者がわからの解除の場合も、これと同様30日前の予告を必要とするとも読めます。そうなると、業務委託契約は失効していません。なぜなら、受託者がわ都合の解除だからといって、30日前の予告規定が失効すると解すべき合理的理由はないからです。

 

 なお契約書に業務委託契約解除の場合に、家賃が従前のものに戻るのか否か、取り決めがない場合は、賃借人は適当と思う賃料を供託する、家賃の増減請求につき調停を求める、等の方法があります。

 

★契約分野ということで民事法務の専門家たる行政書士の立場から回答しました(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき法律的見解を述べるものにあらず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問