JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

会社の人間が私文書偽造と横領を行い、その対応に追われております。 先日その件で、偽造した領収書の件でクライアント(

解決済みの質問:

会社の人間が私文書偽造と横領を行い、その対応 に追われております。
先日その件で、偽造した領収書の件でクライアント(医療系)と電話で話をしたのですが、こちらの話し方が悪かったと思いますが、院長が激高し1時間以内に来いと言われ、お伺いしこちらの非を認め謝罪しました。患者様がいらっしゃる時間帯ですぐに呼ばれたので相当お怒りになっており、改めて伺うと言っても横領した者と同様の扱いを受け、信用ならないと弊社に来るという事になりました。上司には相談しておりますが、先方の出方を待つようです。
こちらに非があるのは認めておりますが、横領した者と同様の扱いを受けそれなりの罵声を浴びました。もともと全般性不安障害を抱えておりますが、言われた事にショックを受け、仕事が手につきません。クライアントは私なのか会社なのか横領したものか分かりませんが、訴えると言っております。
この場合どのように対応すればよろしいのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

もう少し状況を詳しくお願いします。

1 偽造と横領とは、何を(領収証とありますが、より詳しく)偽造し、誰の何を横領したのですか?

2 それによりクライアントにどのような迷惑がかかっているのですか?

3 質問者様は、その横領をした社員の上司ですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご連絡ありがとうございます。状況は下記の通りです。

1.私文書偽造し、クライアントから偽造した領収書を作成し、多数のクライアントから現金にて集金し一部は会社にクライアントになりすまし入金、その他は家のために使ったと証言しております。

2.クライアント側はお金を横領した者に前倒しした金額渡しており、こちらとしてはその件について先方に確認と領収書の差し替えをお願いした次第です。

3.上司になります(係長)

宜しくお願い致します。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございます。
状況がよくわかりました。

まずは、犯行を具体的に自白させましょう。
単に偽造と横領をしたというだけではなく、いつ、誰のを、いくら横領したのかというのを覚えている限りで明らかにする必要があります。

会社としては、被害者に賠償することになるでしょうから、
適正に賠償するためにもその被害を把握したいのです。
そして、会社としてはその社員に対して同額を損害賠償請求することになるでしょう。
賠償さえしてしまえば、訴えられる心配は要りません。
要するに訴えるというのは、横領によって発生した金額を賠償するよう求めるわけですからね。

質問者様個人に責任が及ぶことはありません。
仮に責任が及ぶとすれば会社法人そのものです。

ですが、謝罪などの対応は現場の人間がするしかないわけです。
ですから、今はおつらいと思いますが、誠心誠意謝るしかありません。
そのことで、質問者様が法的責任を認めたことになるとかそういうわけでもないので、それは安心してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
この件で、不安障害が出てしまい、頭から離れません。
こんな事はしたくないですが、罵倒された院長を訴える事は出来ますか。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
その状況次第としか言えません。

いくら加害者側の人間だからといって、それを激しく罵倒していいわけではありません。
ただし、怒ることは当然ですよね。
その状況でも、優しく話せというのも無理に決まっています。

ですから、その状況次第ということになってしまいます。

また、横領を謝罪しに行ったのに、さらに訴えるとなると会社との関係も悪くなってしまうでしょう。
本件は、ありのままをお話しし、担当から外してもらうなどの措置をとってもらった方がいいと思います。
jo-banをはじめその他4 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問