JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。中学1年生の娘を持つ母親です。 娘が、特定の同級生(トータル14~5名)に執拗ないじめ・からかいを受

解決済みの質問:

はじめまして。中学1年生の娘を持つ母親です。
娘が、特定の同級生(トータル14~5名)に執拗ないじめ・からかいを受けて困っています。この14~5名は殆ど娘とは違うクラスの子達で、彼女達の関係性は不明で、なかには娘自信がスルーしてしまえば良いようなものもありますが、本人だけではスルー出来ないものもあります。大きな問題として2つあります。
1つはある意味このいじめ・からかいの発端とも思えるもので、体育の時に一緒になる2名の生徒です。きっかけは1カ月程前の体育の時間、娘の走る姿を見て馬鹿にして笑い物にし、体育の時間の度にそれをネタにして笑っていました。(体育教師もその都度注意はしていたようですが)
それが体育以外…休憩時間や教室移動等…でもからかいが始まり、最近では体育の時間に故意にボールをぶつける・タオル等を使って叩く… という事になってしまっています。
段々エスカレートしてきたと思い、相手の担任から相手生徒の保護者に報告して頂いたのですが、辞める気配どころか、最近では新たにメンバーを加えてボールをぶつけてきたようです。この件も娘の担任・相手の担任にも伝えましたが、娘は「どうせまたするから…」と、学校へ行くのを嫌がっています。

もう1つは上記とは別の生徒達で、メンバーの入れ替わりはありますが、常に7~8名に囲まれています。その内容は、娘と娘の担任の事をからかうものです。(○○は▲▲先生の事が好き…だの、先生と付き合ってる…という、事実無根のからかいです)実に下らない内容で腹立たしいのですが、毎日しつこく、娘も担任を慕っていたのに相談はおろか雑談すら出来ない状態になり、担任も娘を気に掛けて下さるものの、何も出来ない…話し合いに入ろうとするだけで「彼女の味方に来た~!!」と大騒ぎ…で、物凄く迷惑を被っています。こちらはほぼ全学年(6クラス)に渡っての事で、娘としては自分のクラスに居てもからかわれ、友人の居る他のクラスに行ってもからかわれ…こちらも教室移動でもからかいがある為、この件でも「行きたくない」となってしまい、しばしば自宅で泣き叫び暴れる事もあります。

※ちなみに始めの2名と2点目の生徒達が合同で…というのは今の所ありませんが、娘が言うには相互に仲良しがいるようです。

若干の救いとしては、多くの先生方が理解し、サポートをして下さる事、何気にアドバイスをしてくれる同級生が居る事、部活ではトラブルも無く楽しく過ごせる事ですが、毎日続いている事・相手保護者や先生を交えても一向に収まらない事…で、娘は勿論、私もかなり参ってしまっています。

障害沙汰や金銭的トラブルでも無い事で、相談するのもどうかなぁ…と思ったのですが、母娘で悩み続けていて“とにかく誰かに聞いて欲しい”と思い、書き込ませていただきました。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

>障害沙汰や金銭的トラブルでも無い事で、相談するのもどうかなぁ…と思ったのですが、母娘で悩み続けていて“とにかく誰かに聞いて欲しい”と思い、書き込ませていただきました

いきなりですが、認識を改めましょう。
娘さんは学校に行くたびに辛い思いをしています。
毎日毎日が嫌な日々なんです。
そして、結果的に不登校にでもなれば、人生に大きく影響してしまう可能性さえあるでしょう。
それくらい深刻な状況なんです。法律家への相談は当然だと思います。


>若干の救いとしては、多くの先生方が理解し、サポートをして下さる事

とはいっても、結果として何もできていないわけですよね。
他のいじめの件も同じなんです。
注意はしてくれる、でも防いではいないんです。
中には「このまま卒業まで粘ればいいんだ。」くらいに思っている教員さえいてもおかしくないですよ。
悪くは言いたくないですが、そのくらい認識が甘いのが実態です。
脅したくはないですが、いじめ被害者が自殺したって、責任逃れに終始しているのが実態なんです。

さらに、いじめている方も、自分が人の人生を変えるかもしれない、ましてや命を奪うかもしれないことをしていると自覚していない。

とにかく、加害者、教員に、こっちは本気なんだとアピールすることが必要です。
保護者にも事の重大性を伝わるように動きましょう。
学校が頼りなければ、他(警察、弁護士)にあたってください。

今は、社会がいじめに厳しくなっており、警察も動きやすい潮流です。
加害者と加害内容を具体的に書き留めるようにしてください。
「*月*日、誰と誰に、**をされた。」など。

何かあったときに、そのように書き留めておかないと、何もできません。
警察への相談、弁護士に依頼しての損害賠償請求も視野に入れて行動してください。
まずは、上に書いた証拠作りです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問