JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

5年前、主人が亡くなった後、義母から遺産分割の裁判をおこされ、敗訴しました。対象の家土地の抵当権抹消をするべく返済し

解決済みの質問:

5年前、主人が亡くなった後、義母から遺産分割の裁判をおこされ、敗訴しました。対象の家土地の抵当権抹消をするべく返済しました。法務局に行き登記を済ませる事だけです が、その家に私物があり取りに行きたいのですが既に鍵が換えられ、義母の弟から登記を済ませた後荷物を渡す、と言われ困惑しています。5年間の裁判の流れ手で私が登記を完了しても、私物を返してくれる事をしてくれるどうか?その旨を書面で送りましたら、速やかに事を運ばないと提訴すると言われました。30年間の思い出の物ですが、諦め切れずどうしたら良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

はじめまして、弁護士をしております。

 

あなたの私物なのですよね?

でしたら、ここは、強く、所有権を主張して、返還を請求されてはいかがでしょうか。

 

30年の思い出の品なのですよね、

そして、あなたの私物であればあなたの物で、法的には、「当然に」返還請求ができます。

登記が終わったらなんて先延ばしにすることはできませんよ。

 

とはいって、鍵を壊して、侵入するわけにもいきませんので。

 

まず、口頭で、「弁護士に相談したら、

所有権に基づく物権的返還請求権として、動産の返還を請求することができる、と言われた、

なので、いったん、私物をとりにいかせてほしい、

もしそれがいやなら送ってほしい」と言ってください。

 

で、それでダメなら、同じような内容の書面を、内容証明で送ってみてください。

内容証明ですと、たとえ弁護士が作成しなくても、ひとまずの牽制になると思います。

 

そして、それでもダメですと、弁護士に内容証明を作成してもらって交渉をまかせたほうがいいでしょうね。

内容証明作成と交渉でおよそ5万円程度で依頼できますから。

 

ひとまずの回答は以上なのですが、

お手数ですが疑問点については返信機能をご利用ください。

やりとりの中で疑問点を解決できればと考えます。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問