JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

娘が団体所属でプロレスをやっています。 先日、団体の女性GMが自身の新聞のコラムに「いじめられていた」 と載せて

解決済みの質問:

娘が団体所属でプロレスをやっています。
先日、団体の女性GMが自身の新聞のコラムに「いじめられて いた」
と載せてしまいました。
始めたキッカケはそうだとしても私と娘はあえて公にする気はありませんでした。
それを承諾もしていないのに不特定多数が目にする新聞に載せた事に憤りを感じています。
その他にも事実を誇張したり過剰な着色をされました。
一般的な職業ではありませんが人気商売とはいえ未成年のプライバシーを親と本人が知らない形で公にしてもいいのかと感じています。
訴える事までは考えていませんが、抗議はしたいと思います。
その為にプライバシー保護法などの法律に抵触する様であればキチンと説明したいと思います。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

はじめまして、弁護士をしております。

 

なるほど、抗議するにあたって、法的論理をふまえた上で抗議したいということですね。

了解いたしました。

プライバシー保護法(個人情報保護法のことかと思いますが)には抵触しないのですが、

法には抵触しているので、ご説明しますね。

 

事実ではあっても本人の私的な事実を新聞という媒体に載せるということは、

不特定または多数人が認識しうる状態におくことですので、

プライバシー権の侵害です。

 

実は、このプライバシー権というのは、判例上で明確にされてきた概念でして、何かの法律によって認められているものではありません。

 

個人情報保護法というのは、人の氏名や住所といったそういう「個人を特定する情報」をその情報を管理する者が流出させた場合にどうするのか、そういうことが規定されています。

で、今回は、「個人を特定する情報」という問題ではないので、個人情報保護法の問題ではないのですね。

 

プライバシー権の侵害、プライバシー権は法律に書いていないのに、法律違反?と不思議に思われるかもしれませんが、実は不思議ではありません。

ある人がある人に殺されますよね、そのときは、生命の侵害です、そして、それは生きていく権利とでもいうべき生命の侵害です。

けれど、法律のどこにも、生命権なんて規定していません。

しかし、それは、人として当然の権利で、だれにもおかすことができない権利というのが明らかなので、法律に規定する必要がないからです(逆に法律に規定するということは法律を変えさえすれば権利がはく奪できることなので問題ですね)。

 

で、プライバシー権というのは、このように法律に書かなくても当然認められている権利なのです。

 

そして、このような権利を侵害するということは、民法709条の不法行為の問題となります。

ですので、法的には、「今回の相手方の行為はプライバシー権の侵害による民法709条の不法行為に該当し、相手方は娘さんに対して法的責任を負う」ということになります。

 

なお、本人の承諾なく事実を暴露するほうは、プライバシー権の侵害ですが、

脚色のほうは、それによって全く違う事実と誤解されている場合には、プライバシー権の侵害となり、ちょっとした脚色でそこまで誤解されるほどではない場合には、侵害とまではいかないですね。

 

ひとまず回答は以上なのですが、

お手数ですが、不明点については返信機能をご利用ください。

やりとりの中で疑問点を解決できればと考えます。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問