JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

こんにちは 質問させていただきます。 昨日、妻の不倫を発見しました。妻に問いただしたところ不倫を認め相手もわかっ

解決済みの質問:

こんにちは
質問させていただきます。
昨日、妻の不倫を発見しました。妻に問いただしたところ不倫を認め相手もわかってます。
不倫相手は、妻子持ちの家庭が有る人です。
相手とも会い話したところ、不倫の事実関係を認めました。
3年間で10回程度あったそうです。
証拠として妻と相手の事実を認めたボイスレコーダー、それと相手に書いて頂いた事実を認める書面に住所、氏名、拇印があります。
相手から慰謝料は取れるでしょうか?

よろしくおねがいいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

それだけ証拠があれば、確実に裁判となれば慰謝料請求は認められます。

ですので、わざわざ裁判をしなくても、示談で、慰謝料をとることもできます。

なお、将来裁判になるかもしれないようでしたら、ボイスレコーダーに録音されているやりとりは、書面化(かきおこし)をしておいたほうがいいです。

記憶が鮮明なうちのほうがやりやすいですから。

 

あなたと奥様の結婚期間がどれぐらいか(長いと慰謝料増額方向へ)、

お子さんは何人かどれぐらい小さいか(複数・年齢が小さいと慰謝料増額へ)、

交際期間と回数(長期、回数が多いと、慰謝料増額方向へ)

離婚をするかしないか(これが原因で離婚すれば増額方向へ)

という要素を考慮して、金額は決まりますが、

3年間で10回というのは、一般的に考えて嘘ではないかとも評価できそうですから、「3年」という長期間でありということで、この要素が慰謝料増額方向へいきます。

 

大体相場としては、50万から500万円程度ですが、

慰謝料というのは、あなたのお気持ちが傷つけられたことに対する損害賠償請求ですから、

とにかく自分が納得できる金額を相場の上限ぐらいで請求するという方法が一般的かと思います。

 

なお、相手方の奥さんは、あなたの奥さんに慰謝料請求ができますが、

この慰謝料請求と、あなたの慰謝料請求は、法的には相殺ができるものではありません(民法509条により不法行為に基づく損害賠償請求は一定の場合相殺ができないという決まりになっています。)ので、

相手方・相手方の奥さんがそれで相殺にしてなかったことにしてほしいと言っても、あなたがそれを望まないのであれば、拒否すればそれで問題はありません。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、

不明点については、お手数ですが返信機能をご利用ください。

やりとりをして疑問点を解決していくことができればと考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答有難うございます。


相手方は子供が3人(20歳18歳16歳)孫(1さい)がいます。


こちらは、子供4人(11歳9歳6歳4歳)です。


こちら側が請求しても相手方も請求してきますね。(相殺を拒否したとして)


相手方の請求に対してはどうしたら良いでしょうか?


よろしくおねがいいたします。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

こちらが小さいお子さん4人ですので、相手が離婚しない場合には、確実にこちらの慰謝料額のほうが大きいですね。

相手が離婚するとこちらの慰謝料と相手方の奥さんの奥様に対する慰謝料が同額程度になる可能性があります。

相手の請求はこれまた法的に確実に認められる慰謝料ですから、あなたの奥様が支払う義務がありますので。

あなたの奥様としては、相手の子はすでに大きいから大した慰謝料ではない、とか、自分には財産はないから払いたくても払えないと、言って、できるだけ低額になるように、交渉するしかないですね。

なお、これは、あなたの奥様が勝手に(?)負ってしまった債務ですから、夫婦であっても当然あなたが払う義務はありません。

あなたのお気持ち次第ということになりますね。

もし、あなたが、奥様とやりなおす、今回だけは奥様を許すということであれば、

あなたの慰謝料と相手の奥さんの慰謝料を相殺して、差額数百万円(この金額はご自分納得できる金額をご主張ください)を自分に払え!などという交渉に持ち込むのが無難かもしれません。

相手方の旦那の資力財力の状況にもよりますが。

慰謝料請求が法的に認められても、相手が何も財産がない支払い能力がないということであれば、いくら権利があっても、絵に描いた餅です。

つまり、500万円請求しても500万円は払えなさそうで、せいぜい100万円ぐらいしか無理ということであれば、100万円をもらって、

400万円分を相手方の奥さんの奥様に対する慰謝料はあなたが立替て払ったことにして、

それをあなたと奥様で書面化して(ついでに、今後絶対に不貞行為はしません、次に不貞行為が発覚したときは、この立て替え分400万円をただちに払います、と書かせて署名させる)今後のあなたと奥様の良好な関係のための念押しにする、ということもありかと。

なお、このような形で相殺することになった場合、4者間でお互いの慰謝料を相殺した結果、相手方があなたに100万円を払うことを約束する、といった書面を作り、

その書面通りにあなたが受け取ることができれば受領書を渡すといった感じです。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問