JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3610
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

墓地の墓と戸籍の継っていない相手が、当家が使用している村落共同墓地内に、当家の許可受けず、使用権持たず、小石で造った仮墓を22年間置いていました。 仮墓の墓守り者に、10年ほ

質問者の質問

墓地の墓と戸籍の継っていない相手が、当家が使用している村落共同墓地内に、当家の許可受けず、使用権持たず、小石で造った仮墓を22年間置いていました。

仮墓の墓守り者に、10年ほど前から何度も除けるように話してました。仮墓の所有者は除ける話をしたと伝え聞きましたが、ズルズル今日に。

墓地所有者は、旧の村です。

ところが 相手は無断で、今回新しく墓石を建立しようと、仮墓を取り壊し、工事を始めました。

墓石業者に当家の使用墓地、通行妨害などと意義を伝え、工事が止まりました。

しかし相手は、時効取得していると、当家を墓石建立工事妨害禁止の仮処分の申立てをし裁判に。

相手の 墓地使用権の時効取得は可能でしょうか。 墓石の大きさは、仮墓に比べ広さが3倍、高さが5倍くらいで、通行できない箇所や、通りにくい箇所も出て、景観も大きく変わりますす。

相手の時効取得出来たと言う理由は、22年前に仮墓があったと書かれた手紙ですが、封筒なく、消印はありません。



当家も現在、祭祀財産承継者指定の裁判をおこしています。



当家が、墓地使用権取れていると仮定して、相手が、墓地使用権取得時効で取れるか、相手が新しい墓を建立出来るか、当家の裁判での対応方法、今後の対応の仕方を教えて下さい。

追加情報 (オプション):
該当する都道府県: 愛媛
既に行った対応および状況の詳細: 墓石建立工事妨害排除の、仮裁判中です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問