JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

滞納者がいる会社に実態調査をしたら、滞納者は解雇されると泣きついてきますが、調査の段階で解雇とは、不当解雇にあたりま

解決済みの質問:

滞納者がいる会社に実態調査をしたら、滞納者は解雇されると泣きついてきますが、調査の段階で解雇とは、不当解雇にあたりますよね。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談の状況の詳細がよくわかりませんが、

「調査の段階で解雇とは、不当解雇にあたりますよね。」

とのご相談内容に対しては、「不当解雇にあたります。」と回答できます。

 

合理的理由のない解雇は無効、とされており、何も実態がはっきりしない状況での解雇はまさしく「合理的理由のない」解雇に該当します。

合理的理由がない以上、解雇されたらそれは不当解雇となります。



sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

滞納整理機構への移管もとからの案件なのですが、昨年度の源泉調査票をコピーして機構に送付してきました。しかしながら、地方税の徴収執行停止については、とことん調査して財産がないと確信でしないと執行停止が不可能です。ましてコピーされた源泉徴収書はパソコンでいくらでも偽造できます。その意味でも当然勤務先に調査をするのは当たり前なのですが。就業規則に、調査が入った段階で解雇になる。ありえないとおもいましたが、質問させていただきました。ありがとうございます。

法律 についての関連する質問