JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

デート商法でマンション投資をしてしまいました。契約から3か月以上たっています。出会った相手と直接契約したわけではなく

質問者の質問

デート商法でマンション投資をしてしまいました。契約から3か月以上たっています。出会った相手と直接契約したわけではなく、仲介業者を紹介されて、デベロッパ ーに連れていかれました。民事裁判で訴えたいと思っているのですが、この場合、出会った人、仲介業者、売った不動産業者のどれを訴えればよいのでしょうか?また、裁判にかけるより先に、売った不動産会社とローン銀行充てに行政書士さんから内容証明のようなものを送ってもらう方を先にした方がよいものでしょうか?ネットでは情報が多くて判断がつかなくなってしまいました。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

訴えるべきは、契約した不動産業者とそのデート相手です。
仲介業者は難しいと思います。
状況によっては相手にすることも可能です。

そもそも、誰を相手に訴えるべきかを今悩むのではなく、
早めに弁護士に依頼することの方が先決です。
そうすれば、誰を相手に戦うのかも方針が決まるはずです。

本件は、内容証明を送っただけで解決するような事案ではありませんから、
最初から弁護士に依頼することをおすすめします。
行政書士ですと内容証明を送付した後の、交渉や訴訟をすることができません。
内容証明を送付した後に、交渉や訴訟をすることが予想されますから、最初から弁護士に頼んだ方がいいのです。
内容証明を送るにしても弁護士の名前が示されていた方が、相手へのインパクトは強いです。


最初に書いたとおり、すでに被害が出てしまっている案件ですから、
質問者様が作戦を気にしているのではなく、早く専門家に依頼するべきと考えます。
病気が進行しているのに、質問者様が治療法を悩むべきではなく、早く医師に頼む方がいいとわかりますよね。それと同じです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問