JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして三橋と申します。こちらのサイトを見つけ相談させていただきました。 ご相談したい内容は私家族が 今住んでいる住宅と相続の件です。 私からの一方的なお話になってしまいま

解決済みの質問:

はじめまして三橋と申します。こちらのサイトを見つけ相談させていただきました。
ご相談したい内容は私家族が 今住んでいる住宅と相続の件です。
私からの一方的なお話になってしまいますが出来るだけ公平に内容を説明したいと思います。

現在 三世帯住宅で 名義は土地が100%母、建物は母・私(長男)・姉(長女・赤松)の名義です。
ローンは2001年ころに母と私が債務者になり組んだものです。
私は嫁・長男10歳・次男7歳の4人住まい、姉は26歳?長男と23歳?次男と3人住まい、母は1999年に父が他界し 1人住まいです。
住宅ローンの借り換えを考えており成立した際は私が主債務者、私の嫁が連帯保証人になります。
建物の名義の割合は未確認ですが 通帳など過去の記帳内容をしらべたところ 私達夫婦がローンと固定税、その他関わることに土地・建物の4割強~5割支払っててきたようです。

1984年ころ姉は赤松家に嫁ぎ、2000年ころに旦那が他界し 子供2人を連れて実家である今の住居に戻ってきました。
その際に 赤松のお父さんから購入してもらったマンションを売却し 出来たお金は 母に渡した・・と言うことです。その金額は定かでなく 母は800万円と記憶していますが 姉は1300万か1400万円と言っております。

姉は 今も三橋ではなく赤松の姓で暮らしていて、将来的には赤松のお父さんとお母さんの面倒を考えているとのことです。

ローンの返済が始まり すでに10年以上が経ちましたが 姉は未亡人であることと自分の老後の心配を理由に ローン・固定税・電気・ガス・水道代のほとんどを母の預金をあてにし 自らの貯蓄は蓄えてきたように思います。
姉の固定電話やケーブルテレビの月々の支払いは 母の口座から引き落とされ続け
そのことを 私から幾度となく姉に注意をしましたが 解約せず自分で払うこともせず 母の年金をあてに続けたいました。
※数年続きましたが ケーブルテレビは私が代わって解約、固定電話は未確認です。

一方、私事として 子供の貯金を含む 全てを家の維持に当て 全面的に協力することは伝えてきたつもりです。


建物に関する問題や 母の生命保険・介護問題など 姉と私が分担しながら 少しずつ共通の問題を解決するように手分けもしましたが 今では 姉の決めた役割も 放置され、
そのことに私が「何故・・」と問うと 「その事は二の次だ」と答えるようになりました。
さらに姉は「三橋家の問題に関わりたくない。一切を放棄する。」と逆切れの発言。
今まで我慢してきた私達夫婦は 姉の行動・言動に さらに不信感を強く持つようになりました。

放棄の際に 姉は入居時に母に渡した 金額も返金してもらいたいようです。
理由は 家を放棄する場合、赤松のお父さんのマンションのお金を母が受けとったことに対し 納得しないから・・とのことです。
私としては 嫁いだ先のお父さんが支払っていただいたマンションを売却し 実家の資金の一部に回した 姉と母の行為に 疑問がありますが・・・


昨年5月には 姉が私と ようやく約束した月々の支払い 4万円 も その直後には月平均2万5千円、 さらに今年は月平均1万2千円に減りました。
4万円ですら 大人3人の 光熱費+α程度 だと思うのですが。。。
約束を守らなかったことを私が注意すれば 姉は自分の立場を主張しながら 4万円、その後6万円 払ったものの
未だ安定した仕事を持たず不安定な姉家族が このまま払い続ける事は とても考えにくいです。


姉の収入は遺族年金(約15万円)とパート(約10万円)、姉の長男は 今年の初めまで長い間ニートでしたが 今は家具屋でパートをはじめました。
姉の次男は 今年の春 大学を中退し現在バイト中ですが 県から借りた大学の資金を返済中だと思います。


母については 今週からデイサービスを受けるようになり 近い将来 施設に入ることも考えています。
そのため 母の年金は母の老後の費用に当てるつもりで考えております。


近い将来 姉家族と私家族だけになるとき 私達夫婦の金銭的な負担や 今後の協力。
また土地と建物の相続を考えたとき 三橋家の後継ぎとして私の立場や
わが子達に引き継ぐ事に 大きな不安を感じています。
そして他世帯の足りない分を補うため 看護士に戻った嫁に対しても たいへん申し訳なく感じてます。

今までの不信感は あまりに強く、共に暮らすことは嫁も拒絶しており私も同意見です。
私達として 姉は 自身の言葉通りに建物の所有分を放棄し 別に暮らしてもらうことを希望します。
もちろん その際に払うべき正しい金額があるのであれば準備していきたいと思いますが
このような場合に 一般的な意見や相続の問題はどのように解決されるのでしょうか。
また どのような方法が考えられるのでしょうか。

長くなりましたがお時間のあるときに どうぞご回答お願いいたします。

三橋
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お姉様のこと等でお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、お姉様に対する不信感や将来起こり得る相続の争いの不安がわかります。

いくらご兄弟や親子と言えども、口約束だけでは、将来的に争いのもとです。

今分かっていることはすべて文書として契約書にすべきです。

例えば、最初のお姉様が、嫁ぎ先のお父様にもらったマンションの売却益も

800万円と1400万円では2倍近く食い違います。

これを、相続時に借金としての返済を言われれば、証拠が無ければ争いになります。

その額を、そのままタンス預金と言うこともあり得ないので

通帳などに記載があるはずですから、証拠を確保して金銭消費貸借契約書などにしておくことです。

また、お姉様との月々の支払いの約束もやはり、契約書として、できれば公正証書で

書面化しておきたいものです。公正証書であれば未払い時に強制執行も可能です。

そして、それと並行して、やはりお母様にきちんとした遺言を作成していただくことです。

遺言が無いトラブルが世の中には多いのです。

契約書や遺言は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生に

作成のご依頼をされると良いでしょう。

また、お母様の判断能力が劣ることがあれば、成年後見制度を利用すべきです。

後見人は誰でも成れますので、ご相談者様が親族後見人となるか

司法書士の先生などの信頼できる専門職後見人も指定できます。

これらの何らかの対策をしておかないと、近い将来、トラブルになる可能性がございます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

質問へのご回答ありがとうございます。


とても分かりやすくご返答いただきありがとうございました。


 


書面等に残しながら解決していくことの重要性を改めて感じました。


加えて質問ですが このケースで もし遺言書が無い場合、相続(土地・建物)の割合はどのくらいになるのでしょうか。 それと、もし今後、姉家族を円満に家を出て行ってもらう方向へ・・となった場合、可能でしょうか、何か、方法はありますでしょうか・・


 


度々の質問になってしまい申し訳ありませんが


どうぞ よろしくお願いいたします。


 


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

全体的な詳細な財産の状況や特別受益の持ち戻しや生前贈与などのあらゆることが

わからないと何とも言えない部分はありますが

当然、遺言が無ければ法定相続割合に従うしかないのが現状です。

推定相続人がお二人なら、2分の1ずつです。

いろいろ画策する場合もあり、例えば、ご相談者様の配偶者やお子様を

お母様の表面的な養子にして相続人を増やすと言うこともあったりします。

遺言があっても、遺留分は法定相続の2分の1(つまり全体の4分の1)はあります。

 それと、円満に出て行ってもらえるのであれば、何ら苦労は無い訳ですが

お金の問題になってくるでしょう。引越代や新しい住居の斡旋などしていかないと

難しいでしょう。

また、人を家から追い出すことは、法的な実務でも強制執行するにしても非常に難しいと

言われています。家賃未払いのケースでも200~300万円かかることも多いようです。

慎重な話し合いが必要でしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問