JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

インターネットでダウンロード商品(写真)を購入し、その後キャンセルをして、キャンセル料12%を差し引いた後、残金を返還するというサイトを見つけ、PAYPALでクレジット決済をした後

質問者の質問

インターネットでダウンロード商品(写真)を購入し、その後キャンセルをして、キャンセル料12%を差し引いた後、残金を返還するというサイトを見つけ、PAYPALでクレジット決済をした後、キャンセルをしました。
その後、キャンセルメールの受付メールが来たのち、返金されないので、メールで問い合わせたところ、5月28日に返金するとの回答でした。
ところが、5月29日になっても返金されません。
再度、メールで質問しましたが、今度は返信すらありません。
この方法がクレジット現金化の違法すれすれ?だとは思いましたが、現金が必要だったため、やむなく利用してしまいました。
取り返す事は出来るでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

クレジット現金化の意図で、はじめからキャンセルするつもりだったことが、問題で、返金されないのではないか、とご心配されているのですよね?

 

大丈夫ですよ、キャンセルはもうされているわけですし、そしてキャンセルされた以上、キャンセル条件に応じて返還しなければいけないのは、法的に当然のことです。

もう少しだけまってから、まずはペイパルに連絡をして、返金されない場合の対応をしてもらってください。

ペイパルでは解決しなさそうであれば、クレジット会社に、キャンセルした旨を伝えて引き落とされないようにしておいてくださいね。

 

なお、返金のことは上記のように問題はないのですが、

ご不安なように、違法すれすれといいますか、実は詐欺であることは確かなので(実際に購入する気がないのに購入しようとするふりをして売買契約の申し込みをするですから)、

1回程度であれば、捜査機関は立証できないでしょうし、立証できたとしても、事件として立件することはないので大丈夫かとは思いますが、

何度もしてしまうとそうはいきませんので、ご注意くださいね。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、

不明点についてはお手数ですが、返信機能をご利用ください。

やりとりの中で疑問点を解決していくことができればと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


 


クレジット会社(JCBですが)では、もう計上されているみたいですが、大丈夫でしょうか?

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

それでも大丈夫ですよ、法的な結論に違いはありませんね、法的には返還はされるべきです。

ただ、もうクレジット会社に計上されているのであれば、ペイパルでの解決をまっていると、引き落としがされてしまいそうなので、クレジット会社に解約したけど返金されず困っているので引き落としをしばらくまってほしいとの連絡だけはさっさとしておいたほうがいいですね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

JCBに連絡しましたが、PAYPALからのキャンセルが6月15日までに来ないと引き落とされますとの回答でした。


当然、この会社がキャンセルするはずはないので、このまま連絡が来ないと引き落とされてしまいますが、どうしたらよいでしょうか?


 


もう少し詳細に聞きたい場合、費用が発生しますか?

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、そういうことでしたら、このまま、お答えさせていただきますので、その費用はご心配なく。

ただ、このあたりの話は、法的な話ではなく、ペイパルでの手続きの問題となってしまいますので、その手続きのことは詳しくは私も知りません。

法的なことでしたら、返信機能をご利用になってくだされば、きちんとお答えできますので、許してくださいね。

 

逆にいえば、その会社からキャンセル通知がなくてもペイパルからあれば引き落とされないということですよね。

現実的にその会社から返還させるか、ペイパルから引き落としをとめるようクレジット会社に連絡をしてもらうかを

はやくしないとダメですが、その会社が返還してくれるならこれほど困っていないわけでそっちは期待できないですよね…

 

ですので、ペイパル経由での返還請求及びキャンセル通知をしてもらう方向ということで、

まず、これまでの事情を、ペイパルに説明して、異議申し立て?だったかな、そういう手続きを行ってください。

ペイパルは、まずは、当事者で解決してください、というスタンスのため、「まずは任意で交渉をしてください」と言われますが、すでに、もうしていて返金するといいながら返金期日を過ぎていて連絡すらないので、どうしようもない、カードの引き落としの期限が迫っているからすぐ対応してほしいと説明及び依頼をして、

返金請求をしてください。

返還請求と同時に、6月15日までにクレジット会社に連絡をしてクレジットカードの引き落としをやめるよう手続きをとってくださいと、依頼してくださいね。

 

正確なペイパルの窓口の名称がちょっとわからないのですが、売買契約のキャンセルのトラブルなどがあったときに、相手会社に対する苦情を受け付け調査と対応をしてくれる窓口がありますので。

もし、窓口がわからなければ、お手数ですが、ペイパルのサポートセンターに確認してみてくださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


PAYPALに調査依頼したところ、該当会社よりメールがあり、返金に応じる旨の連絡がありました。


暫く待ってみます。


それでも返金されないようでしたら、再度、新たな依頼という事で相談させていただこうかと思います。


重ね重ね、お礼申し上げます。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

いえいえとんでもないです。

 

ペイパルの調査依頼を通せばまず大丈夫かとは思いますが…

たちの悪い相手だと返金請求はもめありますからね…

 

一日でもはやく返金されることを祈っております。

法律 についての関連する質問