JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中
法律

来週息子の審判があります。主人と私はとりあえずスーツ着用で行く予定ですが、息子はきっと逮捕された時のTシャツと綿パン

?みたいな格好で来るんだと思います。
鑑別所に私服の差し入れは出来ないのですが、やはり審判用の服の差し入れは出来ないでしょうか?
きちっとした洋服とよれっとした洋服では何か印象も変わってしまうと思うのは考え過ぎかと思いますが、親としては少しでもしっかりとした意見を言ってほしいので、あえて洋服も大事なのでは?と思っています。 主人は洋服は関係ないと申しますが、、、
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
法律 に関する質問をする
返答済み 4 年 前.
弁護士です。

大丈夫ですよ。
服装の心配は要りません。
裁く方は毎日そういった人を見ています。
もちろん、印象は大事ですが、その印象は話す内容で決まります。
外見で決めるようなことはしません。

大人の刑事裁判でも、服の差し入れができない場合には、
そのままで裁判を受けますが、ちゃんと有利な判決は出ます。

裁判官は事案をしっかりと検討し、人を見て判断しているのです。

むしろ服装を気にするべきなのは(気にしているようなので大丈夫です)、親御さんですね。
「本当に今度こそ子どもを監督できるのか。」
「ダメな親なのではないのか。」
と思われないように、しっかりした服装で臨んだ方がいいと思います。
質問者の返答 返答済み 4 年 前.

おっしゃる通りですね。私達親がしっかりとした服装でしっかりと受け答えしなければいけませんね。夜遅くですのにありがとうございました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

jo-ban, 弁護士 返答済み 4 年 前.
がんばってくださいね。

飾ろうとせず、ありのままをお話しすれば十分です。

緊張して言葉が出てこなくても焦らず、時間をかけて話しましょう。
質問者の返答 返答済み 4 年 前.

先日はご回答 ありがとうございました。一昨日審判で、なんとか試験観察で息子を連れて帰ることが出来ました。 しかし、偶然なのか、それともそういうものなのか、素人の私どもにはわかりかねますが、前回の最初の審判の時と同じ裁判官の方で、息子には「前も同じように言っていたよね?」「でもまた同じことをしてしまった」「本当に反省しているの?」と大変厳しい口調で詰問されておりました。息子には何度も「4週間の鑑別所で本当の更正など出来るわけがない」「もう二度とやらないといっても信じることが難しい」とおっしゃり、審判半ばまでは主人も私も「施設送致か・・」と覚悟しました。


しかし、私たちには何も聞いていただけないので(もうじき成人ということもあり、親の監護能力より本人の反省を重 視しておられたと思われます)自分から「被害者の方へなんとお詫びして良いか、言葉もない。息子が再犯してしまったことは親の自分たちが息子にストレスをかけてしまい、その発散のさせ方が間違った、規範意識が薄いのも前回自分たちが息子にちゃんと事件に向き合わせなかったせいである。」等々話しました。主人も同じようなことを話してくれました。そこで一旦裁判官と調査官が退廷し、「試験観察」となりました。少しは親を信用してみようか?と思っていただけたのかもしれません。次回最終審判に向け、息子とは遵守事項を決め、規則正しい生活をする。遊興施設への出入り禁止、スマートフォン、パソコンを持たせない、日記をつける。など約束して昨日より大学へ通っております。さすがにもう同じことはしないでしょう。この先最終審判までにやっておくことはなんでしょうか? また審判では先日と同じように詰問されるのでしょうか? きちんとした生活をしていれば保護観察にしていただけるのか、どんな場合に試験観察から施設送致になるのか?教えていただければと思います。よろしくお願い致します。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

jo-ban, 弁護士 返答済み 4 年 前.
裁判官が同じ、ということはよくあることですよ。
少年部は人数が少ないですからね。

>この先最終審判までにやっておくことはなんでしょうか? 

試験ですから、当然試されているわけです。
日記を具体的に書いて、どういう正しい生活を送っていたのかをアピールしたいんです。
また、将来のことも考えさせましょう。
将来こうなりたい!という希望を語らせることで、裁判官に訴えかけるのが有効です。


>また審判では先日と同じように詰問されるのでしょうか?

裁判官からすれば、信じて軽い処分にしたのに裏切られた思いというのは必ずあります。
ですから、次回も厳しい詰問はありえます。
日記を出したところで、
・こんな生活ずっとできるの?
・パソコンなくて困らない?いつかはパソコン使うと思うんだけど、そのときになったら反社会的なサイトを見たりするんじゃないの?
・ケータイ持ったら、また盗撮しない?なぜしないって約束できるの?前回も約束したじゃない。
などなど・・・。
ここを乗り越えてこその、更生です。
覚悟はしておいてください。

>きちんとした生活をしていれば保護観察 にしていただけるのか、どんな場合に試験観察から施設送致になるのか?教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

本人の受け答え次第としか答えようがないですね。
発生した事件自体は、もう動かないものですから、あとは本人なんです。
本人がきちんとした生活を送り、それが裁判官に信じてもらえるかどうか次第です。
保護者の意見というのは、十分に伝わっていると思います。
質問者の返答 返答済み 4 年 前.

息子にしてみればまだ家に帰れて2日ということで「留年しないでいけるか?」「家はいいなあ」というところでまだ思考が止まっているようです。もちろん、失いたくない物、傷つけてしまった物も十分わかってはいるようですが、何しろ表現力が乏しいのか、こちらがイライラしてしまいます。今日からもっとしっかりと考えさせて審判に臨みたいと思います。まだ施設送致はあり得るのだということをしっかり伝えます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

jo-ban, 弁護士 返答済み 4 年 前.
ちょっと事態がわかっていないようで心配ですね・・・。
だからこそ再犯に及んだというのもあるのでしょうけれど。

とにかく、まだ決着はついていないので、厳しく接した方がいいと思います。

法律 についての関連する質問