JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

現在は私と私の配偶者と亡くなった父の再婚相手である義母と同居しております。同居期間は約1年半になります。  家・家

解決済みの質問:

現在は私と私の配偶者と亡くなった父の再婚相手である義母と同居しております。同居期間は約1年半になります。
 家・家屋の名義は私の名義であります。父が3年前に他界した際に相続によって司法書士に依頼して名義変更しました。
義理の母と亡くなった父との婚姻期間は約3年 から4年です。
義母は遺族厚生年金について2か月に1回受給しております。
今回、新しい土地を購入して新築計画をしており、現在の土地家屋は売却して新築費用の頭金にと考えています。
新居での義母との同居は予定しておりません。
法律上は、私の判断(権利)で自由に現在の土地家屋は売却できるのでしょうか。
義母から慰謝料の請求など、法律上の土地住宅売却停止権の行使等は可能でしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

既に土地建物の名義がご質問者様の名義になっているのであれば、特に義母の許諾を必要とせず処分(売却、賃貸等)することができます。

 

今回のケースで義母がそれを拒否する権利は法律上何らございませんので、その停止権の行使や慰謝料請求などできませんのでご安心ください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問