JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kanekiyoに今すぐ質問する

kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

結婚契約書を今年の2月に書きました。入籍して2週間も立たず不貞行為のような事をしたので私にとても有利な条件で交わしま

解決済みの質問:

結婚契約書を今年の2月に書きました。入籍して2週間も立たず不貞行為のような事をしたので私にとても有利な条件で交わしました。割印などもしてわりとしっかり作りました。しかしその乙と甲の名前を自分の旧姓で書いてしまいましたが上記にも記載したとおり入籍後の契約なのでその日付の私の 戸籍上の名前は旧姓ではありません。昨日旦那に殴られたのでこの契約書の件も引き合いに出し離婚の話をしています。その際に旦那に『あの契約書は無効だ!!契約をした時の名前はもう変わっていた!』と開き直られています。効力はいかがなものでしょうか?対策なども含めご意見是非ともよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

契約の効力は、両者にその意思があった時点で有効に成立します。そして、契約書はその証明にすぎません。

 

ですので、その時に誤って旧姓を使ったというだけで契約の効力を妨げるものではありませんし、契約書の証拠能力が失われるということもございません。

 

仮に当事者同士で折り合わず、出るところに出た(裁判所で離婚調停や裁判等)場合にも、その契約書は十分な証拠能力を有しておりますので、ご質問者様のご意向を実現するのに重要な物証となることでしょう。ご安心ください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

内容は下記の内容なのですが。問題無さそうでしょうか?




結婚契約書



前文


夫○○(以下、「甲」という。)と、妻○○(以下、「乙」という。)とは、甲乙間において婚姻するに当たりお互いの信頼関係を築くため協議し、お互いが安心感を得られるようにするため、甲乙の性格、その育ってきた生活環境、文化の違いを超えて、互いに生涯の伴侶として愛し、助け合うことを誓い、この契約を締結する。


なお、この結婚において、甲及び乙は互いの存在を尊重し、相互に理解することに心を砕き、甲と乙が婚姻生活において平等であることを自覚し、それぞれの家庭生活や職業生活を最大限に尊重して、これらがより安定することを目指すこととする。




第 1 条(相互の背景文化などの尊重)


甲及び乙は、それぞれのこれまで培ってきた生活、習慣、職業、文化等を尊重し、それぞれが現在までに築き上げた生活を、この婚姻によってさらに発展させるようにお互いに協力することを約束する。



第 2 条(誓約事項)


 甲及び乙は、相手方に対し、下記のとおり誓約する。


1. 甲及び乙共通の誓約事項


(1)一生涯一人を愛し続けること。なお、その証拠として記念日にプレゼントを贈る等、できうる限り相手方の目に見える形で積極的に伝える努力を怠らない。


(2)お互いが健やかに暮らせるよう精一杯の努力を惜しまないこと。


(3)心を通い合わせ何事も分かち合える夫婦になる為に、相手方に対する尊敬・愛情の心を常に持ち、自分から心を開示していく努力や誠意を見せ、何事も素直な心で話し合いに応じることとし、虚偽や秘密のない澄み切った夫婦間関係を築くこと。


なお、やむを得ない事情または勘違い等により、結果として嘘をついてしまったり隠し事をしたりしてしまった場合においては、相手方に誤解を与えないように必ず、速やかに事後報告をする。


(4)婚姻中における相手方に対する貞操義務を違反し、自ら夫婦関係を破綻させる浮気などの行為は一切しないこと


(5)甲は、乙に無断または相手方と連絡が取れない状況下で、異性と二人で会う等浮気と誤解されるような軽率な行動は絶対にとらないこと。


 (6)子供に対する教育に責任をもってあたること。


 (7)子供の教育、家事、家計等の方針について夫婦で十分話し合う機会を設け、協力して分担していくこと。



2.甲の誓約事項。


(1)病気等特別な場合を除き、会社を欠勤せず仕事に精進すること。


(2)泥酔はできるだけ控えめにし、無駄なタクシーなどは控える。


(3)パチンコ・競馬等のギャンブルを極力慎むものとし、


月1回以上はしないこと。


(4)乙に無断でサラ金業者等から借金をしないこと。


(5)暴力・暴言並びに無視等の精神的な暴力は絶対に振るわないこと。


(6)車等での暴走行為・脅迫行為など感情的な行動はとらないこと。


(7)女性下着の購入・譲渡など妻以外の下着を見たり触れたりしない。


(8)風俗営業と定める店舗等に関する出入りに関しは、厳正なる乙の審査のもとに前もった報告並びに直前の入電確認を行う。甲本人の支払いが生じる状態での入店は、禁止。


  (9)上記内容での乙が1つでも該当すると感じた場合妻からの一方的な離婚が可能とする。その際財産は、すべて乙が受け取り慰謝料として甲は乙へ別途七百万円の支払いを行う。支払い能力がない場合給料の差し押さえや甲が相続する本籍住所の家を担保にするなどして借入を行うなど最後まで支払いの義務を果たす。甲は、子供がいる場合親権は放棄し乙へ養育費など別途月10万円を支払う。この内容は、本契約のすべての契約事項の中で一番この項目を優先させる。



第 3 条(家事の分担)


家事は、原則として甲と乙が平等に分担し、各人の基本的生活に伴う家事は、各人が行う。ただし、お互いの職業を尊重して、相互の生活をより快適にするように努める。



第 4 条(夫婦の財産)


1.婚姻時より甲の収入・財産についてはすべて乙が管理とする。


2.甲のお小遣いは、月額支給額の1割とする。


3.甲が親族より譲り受け、または相続した財産は、二人の共有財産とする。


4.民法754条の規定に関わらず、お互いに夫婦間の契約取消権は放棄する。



第5条(離婚)


甲または乙は、次の理由があるときは、相手方に離婚を請求することができる。


なお、その場合、次の理由は甲乙間において「婚姻を継続しがたい事由」があるものとみなす。


(1)本契約に違反したとき。


(2)婚姻中における相手方に対する貞操義務を違反し、自ら夫婦関係を破綻させる浮気などの行為をしたとき。


(3)生活態度その他で改めるべきものがあり、改めることを要求したにもかかわらず、その要求をした時から六か月以上生活態度その他の改善又は努力がみられないとき。


(4)その他、婚姻を継続しがたい事由があるとき。


2.前項の離婚理由のある者は、相手方により離婚を請求された場合、誠意を持って協議離婚に応じなければならない。


3.離婚後の夫婦は、双方の子の福祉を最優先し、子の教育に関し協力することとする。



第 6 条(財産分与)


甲は、万一、将来離婚に至った場合においての財産分与に関して、夫婦共有財産は乙に譲渡することを予め合意する。



第 7 条(慰謝料支払いの誓約)


1.甲が、第2条各号の誓約事項を反故にし、離婚に至った場合においては、その当事者は相手方に対し、金700万円以上の慰謝料支払義務があることを承認した。尚、財産については、すべて乙のものとし養育費別途10万円以上支払い甲は、親権を放棄するものとする。


2.甲が、浮気により相手方に対する貞操義務を犯して自ら夫婦関係を破綻させるような行為におよび、相手方に精神的・肉体的苦痛を与えた場合には、その当事者は相手方に対し、金1000万円以上の慰謝料支払義務があることを承認した。


なお、上記を原因として甲が離婚に至った場合においては、上記慰謝料に加え、前項に定めた慰謝料もあわせて支払うことを承認した。



第8条(離婚時の義務)


1.甲は、万一、将来離婚に至った場合において、転職、転居、その他について変更が生じた場合には、直ちに書面により届け出るものとする。


2.甲は、相手方に対し、前項の届け出義務を怠った場合において、相手方が慰謝料請求等に関して要した調査費用等は全額負担することを承諾する。


3.甲は、相手方に対し、将来離婚となり、相手方が当事者の浮気相手等の第三者に慰謝料請求権を行使することとなった場合には、慰謝料請求権行使に誠意をもって積極的に協力することを約束する。


第9条(子の親権等)


万一、将来離婚に至った場合において、甲乙間の子が存在する場合(懐妊している場合を含む。)には、子の親権者を乙とし、乙が子を監護養育することに予め同意する。


2.前項の場合、親権者ではない甲は親権者と指定した甲に対し、離婚成立月の末日を第一回として子が大学またはこれに準じる高等教育機関を卒業する月(ただし、大学等に進学しない場合は満20歳に達する月)までの間、養育費として1カ月当たり金5万円以上(これより高い金額を定めた場合はその金額)を毎月末日までに、乙の指定する金融機関に振込送金して支払うことを予め約束する。



第10条(秘密保持)


1.甲は、婚姻を原因として知り得た相手方に関する秘密を、第三者に開示、漏洩しないものとする。


2.甲は、相手方の秘密情報を故意または重大な過失により漏洩し、相手方に損害(精神的苦痛を含む)が生じた場合、その当事者は相手方に対し損害賠償及び相手方が必要と認める措置を履行する義務を負う。



◎特記事項


この契約を結ぶ際の条件                  期限2013年02月21日


・ 甲の携帯番号の変更及びメールアドレスの変更をする。


・ 甲の現貯蓄すべて共有通帳へ入金


・ 甲の会社給料振込み先口座を三井住友銀行で新しく開設し会社からの


振込をそちらに変更。印鑑は、乙の所有する印鑑で届け出る。


・ この契約は、2013年2月26日に発生した不貞行為についての代償であり婚姻を継続したいという甲の強い要望の為甲に不利益契約である事項が多いことを甲が同意した。



上記のとおり合意が成立したので、上記内容の遵守を誓約し、本書2通を作成し、甲・乙並びに本契約が有効に成立したことを下記署名捺印により契約とする。


平成         





甲                   拇印      印





乙                   拇印      印   



 

専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.

財産分与や慰謝料、養育費等細かく定められているのでよろしいかと存じます。

ただし、養育費については相手方に減額請求権(生活状況等により支払いが不可能な場合)等もありますので、必ず要望通りにいくとは限りませんが、こちらとしては調停や裁判になった場合でも本合意を前提に話が進められるのでとても有用な契約内容となっているかと存じます。

kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験: 大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問