JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫の不貞が原因による離婚協議中です。不倫相手の中国人女性には慰謝料請求をしない方向で話し合いをしていましたが、夫の不

解決済みの質問:

夫の不貞が原因による離婚協議中です。不倫相手の中国人女性には慰謝料請求をしない方向で話し合いをしていましたが、夫の不誠実な態度に業を煮やし、請求することにしました。しかし、すでに中国人はアメリカに引っ越してしまっています。この不倫相手に対し、慰謝料請求及び訴訟を起こすことは可能でしょうか?また、その際必要となる経費はどれくらいになるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでござます。

それは大変お腹立ちのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、不倫の相手が中国人で、アメリカに留学されるとなると

法的には、日本での調停や裁判が出来ない状況だと思いますので

国際私法に則ってのかなり大掛かりな裁判となる可能性があります。

そうなると、莫大な裁判費用、とりわけ弁護士の先生の報酬がかかる可能性があります。

弁護士費用を慰謝料に上乗せしても認められるかどうかは難しいので

現実的な対応では無いかもしれません。

それと日本での裁判では相手を訴えるためには、相手の住所地を確定しないといけません。

どうしてもこの「送達」と言う問題が残ります。

また、相手が留学生だとまだお若い女性ではないでしょうか?

場合によっては、ご主人様に対して貞操権侵害等もあり得るかもしれません。

そう言うこと考えると、やはり、ご主人様に対して、その愛人の女性の慰謝料も

上乗せされて請求された方が現実的だとは思います。

不貞行為の慰謝料は、共同不法行為の不真正連帯債務になりますので

どちらか一方に、2人分の全額を請求されても構わないのです。

いずれにしろ、協議離婚であれば、離婚協議書を公正証書で作成すれば

離婚後のトラブルはありませんし

相手が、それらの慰謝料の支払いに応じなければ

家庭裁判所の離婚調停を申立てられると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
早速のご回答ありがとうございます。仮に、来年日本に戻ってきたとして、その時に請求を起こしたら日本の裁判ができるのでしょうか?
また、現時点では住所はわからないのですが、調べることは可能です。
海外にいる相手に対しては、実質裁判は起こせない、ということでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、最初にご説明した通り、相手が海外在住で外国人であっても

義務履行地が日本であれば、日本の裁判所に訴えることができます。

その場合は、送達と言う問題があるとお伝えしました。

仮に日本に来た場合、1日~2日では意味がないかもしれませんが

長期滞在なら対応もあるでしょう。

ただ、裁判と言うのは現実問題どうかと言うのはあります。

日本でも、不貞行為の慰謝料請求にいきなり裁判はありません。

やはり、最初は内容証明で通知、それに応じなければ民事調停、それでもダメなら

民事訴訟です。

それと、仮に日本で勝訴しても、海外においての強制力はないと考えると

海外においての執行力を得るためには、相手のアメリカの裁判所で裁判を起こすことに

なります。

費用と時間等考えると、不貞行為の慰謝料が、単なる火遊びであれば

女性なら20~50万円と言う状況ですから、やはり現実的ではありません。

それでもやると言うのであれば、出来ないことではないと思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問