JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話になります。 父の死後、知人にお金を貸している事がわかりました。 遺品整理中にその借用書が出てきました。

解決済みの質問:

お世話になります。
父の死後、知人にお金を貸している事がわかりました。
遺品整理中にその借用書が出てきました。
生前「返してもらえなくて困っている。」ともらしていました。
この借金を、息子である私が取り戻す事ができるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

貸金債権は相続人に相続されます。したがって、質問者様も請求が可能です。

その場合、お金を確かに貸しており、質問者様が相続したことを相手に通知する必要があります。
・相続した旨を通知
・被相続人が貸した相手から債務確認書をもらう


なぜ、債務確認書を受け取る必要があるかというと、借金なんてしていないと悪質な方もいるからです。例え、債務確認書がもらえ なくても、債務の一部を支払ってもらったり、債務の承認を行えば同じ効果があります。とはいえ、口頭よりもきちんと書面にしたほうが、後で回収する際に安心なので書面でもらったほうがいいでしょう。

債務確認書の内容は、被相続人であるお父さんから幾らお金を借り受けていること、それを質問者様が相続したので、質問者様に返済すること、毎月幾らずつ返済すること、を内容として記載すればいいでしょう。最後に相手のサインと実印を押してもらってください。印鑑証明も添付してもらうといいですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

借金返済の交渉を人に頼むとしたら、弁護士がいいのか司法書士がいいのか?どちらがいいですか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
借金の額が140万円未満ならば司法書士が交渉できますし、費用も安いと考えられます。

ただし、借金の額が140万円以上ならば司法書士は相手と交渉はできません。弁護士に依頼するしかないでしょう。

どちらに依頼しても問題ありませんが、質問者様の話を親身になって聴いてくれる事務所に依頼したほうがいいですね。その事務所の代表が直接面談しないような事務所は信頼できないのでやめたほうがいいでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問