JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

mezasesakurasakuに今すぐ質問する

mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

1年半ほど前に、会社の同僚と仲良くなり、飲みにいったり夜中に会ったりしていました。メールや電話も度々していたのですが、ある晩会った翌日の朝から突然、メールの返事もなくなり、電話して

質問者の質問

1年半ほど前に、会社の同僚と仲良くなり、飲みにいったり夜中に会ったりしていました。メールや電話も度々し ていたのですが、ある晩会った翌日の朝から突然、メールの返事もなくなり、電話しても出なくなりました。何がなんだかよくわからず、理由を知りたく何度もメールや電話を1週間ほどしました。会社であっても無視され、余計になんのことかわからず、最終的に会社の内線電話で連絡をつけることが出来たとき会って話すことができました。その時に、あなたのやっている行為は、ストーカーだと言われ、そのせいで精神的にずたずたになったと言われました。また、警察にいうとおどされました。結局その時は、話を聞いて謝罪しました。しかしながら、しばらくたったあと、私がストーカー行為をしていたと噂を会社に流しました。私は上司から呼び出され、結局懲罰委員会にかけられ、役職を下ろされ、海外へ転勤させられました。
それ以降彼女とは、一切メールも電話もしていませんが、突如日本の自宅に電話してきました。刑事告発すると日本の自宅に住んでいる妻にいってきました。妻にはすべてを話していましたので、事情は知っています。彼女は、私とのことがあった後、会社を自ら辞めて、職が安定せず、苦労していると話したようです。また、彼女は、バツイチ子持ちで、子供にも精神的苦痛を与えてしまっているようで、それに比べて私が幸せに生活しているのが許せないようです。職をかえるたびに、私のせいだと憎んでいるようです。
また、この騒動があったあと私が直接会って謝罪をしなかった事も許せないようです。
1年 半ほど前で、肉体関係もそれを要求したこともありません。それ以来連絡は一切取っていません。こういう場合でも刑事告訴出来るのでしょうか。私は、謝罪するために手紙を書こうと思っています。前の上司が連絡先を知っているので渡してもらおうと思います。手紙は出さない方がいいでしょうか
宜しくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 3 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

詳細度高なのですが、端的に申し上げまして、あなたがおこなったことは、なんら犯罪ではなく(つまり刑事責任は負わない)、さらに民事の責任(不法行為に基づく損害賠償請求)を負うこともありません。

 

相手はストーカーといい、それで自分の精神が傷つけられたと言いますが、

これまで飲みに行っていたりして仲良く付き合いがあれば、連絡をとろうといった理由のため1日に6回ぐらい連絡をしてしまうこともあります。

このようなことが、相手の精神をぼろぼろにする行為かと言われれば、法的にはあきらかにそうではありません。

ですから、あなたがこのことで民事責任を負うことはありません。

 

次は、刑事責任のほうですが、ストーカー行為が犯罪になるのは、「警察から文書で近づくな連絡をとるなという警告」がでたにもかかわらず、「近づいたり連絡をとった」場合です。

今回は、このようなケースにはまったく該当しないので、まったく犯罪ではないのです。

しかも、今から、警察に相談したところで、過去の行為すぎて、もう現在ではストーカーの危険性はないわけですから、警察からあなたに事実確認の連絡ぐらいはあるかもしれませんが、警察がどうのこうのするわけがありません(つまり今更警告がでることも考えられないのです。)。

ですから、その女性が、警察に、被害届をだすこと告訴をすることはもちろん不可能、そして、現時点から警告を求めることすら考えにくい、といったところです。

 

ですので、法的には、まったくご心配されることはありません。

 

 

大変申し上げにくいのですが、おそらくあなたのことが今でもお好きでなんとかして奥さんと別れさせてやろうと思っているのか、

あなたがおっしゃるように、過去の好意が恨みにかわってあなたの幸せが許せないのか、どちらかでしょう。

ですので、手紙を書いたりすると、よけい藪蛇の泥沼になるかと…

さらに、法的には、手紙を書くと、こちらの「非」を法的に認めた書面ということになりかねず、相手が、不法行為に基づく損害賠償請求をしてきた際に、言い逃れがしにくいということにもなりかねません。

ただ、それでも、やはり手紙を書きたいということであれば、事実関係がわからないようにいろんな部分を省略したりまとめたりした手紙案をここに載せてみていただけませんか?

そうしてくだされば、私のほうで、法的な問題がないかどうかの確認をさせていただきます。

(ただ…相手のあなたにした行為を考えると、あなたがそこまで誠実になる必要はないのではないかと思うのですが…)

ひとまず回答は以上ですが、

不明点については、お手数ですが、返信機能をご利用ください。

やりとりの中で疑問点を解決していくことができればと考えております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。


 


私も1年半前の話であること、そして、それ以降連絡を一切取っていないことなどから、警察がまともに相手をするとは思えませんでしたが、弁護士さんにおっしゃっていただくと安心できます。


このことを上司にも伝えましたが、私と彼女とのメールの内容を彼女から見せてもらった上司ですが、待ち合 わせ場所(彼女の家の最寄り駅)に行くから会ってほしいとメールしたのが怖いようで、それは問題になるのではないかと言われました。また、私は気になって、私の携帯だけではなく、会社の携帯や会社の一般回線からも電話したことがあります。それも怖いといわれました。それでも刑事責任、民事責任は負う必要ないでしょうか。ただ、私は付き合いを強要したり、していません。また、親告罪の場合、犯人が分かったあと、6ヶ月以内に告訴しないといけないという期限があるとネットで見ました。今回の場合は、6月以上なので、期限からでも告訴は不可能であるといえますか?


仮に私が刑事責任も民事責任も負う必要がないとしても、彼女のことが正直心配です。元々うつ病だったのが、ひどくなっており、毎日飲む薬の量も増えているようです。また、電車のフォームから飛び込もうと何度も思うことがあるようです。上司が電話で彼女と話した限りでは、私が謝罪をしなかったこと、自宅 に電話したときに妻が謝罪をしなかったことを相当根に持っているようです。刑事、民事責任を負う必要がなくても、正直なところ、このような精神状態の人をほっとくのも怖いです。彼女には立ち直ってほしいという気持ちもあり、私が手紙で謝罪をすることで少しでもその気持ちが和らぐのであれば、そうしてやりたいと思っています。下に記載しますので、確認していただけませんでしょうか。    


 ◎◎様                                         拝啓


 妻より◎◎様から自宅に電話があったことを聞きました。私の◎◎様への行為は、当然許されるべきことではございませんが、 謝罪したく、ここにペンを取りました。本来であれば、当時すぐにでも◎◎様に直接お会いして謝罪すべきところを今になって、このような形で、私の気持ちをお伝えすることになってしまい、申し訳ございません。私の配慮のなさの一言に尽きます。また、不安定な生活により、◎◎様自身だけではなく、お子様にも精神的苦痛を与えてしまい、なんとお詫び申し上げればよいのか、言葉が見つかりません。毎日、異国の地にて、自分が犯した行動について、猛省するとともに◎◎様の幸せを祈ることしかできない自分に対して不甲斐なさを感じております。お許しいただけるとは、思っていませんが、心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。


もしよろしければ、直接お会いして謝罪させていただければと思います。


また、連絡先が不明であり、直接送付できないことをお許しください。


敬具                                      

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 3 年 前.

家の近くに行くからあってほしい、という内容であっても、もちろん、大丈夫、法的な責任はありません。

会社の携帯電話や一般電話というのは、すこし、気になるところではありますが、

それであっても、少なくとも刑事のほうはまったく心配いりません。

民事のほうは、相手がもう会わないと言って自分の電話に出てくれなくなった、そして自分の携帯電話だと番号がわかっているので、会社からの連絡を装ったふりをしてしつこく電話をかけてやろうと思い、何度も会社から電話をかけまくった、というようなケースであれば、損害賠償請求される可能性はありますが、

おつきあいがあった人がいきなり会ってくれなければ理由をしりたくてとにかく連絡がつく電話で電話をかけようとすることも、普通にあること(つまり違法ではない)なので、やはり損害賠償請求はないですね。

なお、万が一の話でしかありませんが、あくまで仮に、民事が認められても、せいぜい2万円とかそれぐらいの慰謝料請求ですよ…

今回刑事のほうは明らかに心配はないのですが、

さらにおっしゃるとおり、ストーカーは基本が親告罪ですので(公安委員会から接近禁止命令というものがでているときは例外ですよ)、そして、告訴は6か月以内でないとできませんから、この意味でも、刑事事件になることはありえないですね。

そうですか、お優しいですね…とても素敵ですね。

では、確認させていただきますね。

1行目の、「私の○○様への行為は、当然許されるべきことではございません」はけずりましょう。

4行目の「自分が犯した」というのは、「自分がとった」という感じで、少しやわらかにしてください。

それから3行目の「また不安定な生活により…お子様にも精神的苦痛を与えてしまい」というものの前に、できれば、「また、私の行動がまわりまわってあなたとお子様に不安定な生活をさせるきっかけとなってしまったことは」と書きかえていただけると…

「もしよろしければ、直接お会いして謝罪させていただければ」、というのは、まずいです。

これで本当に会うとなったら、会ったことを、「ストーカー」だと言いがかりをつけられかねません。

ですから、会うわけにいかない以上、こちらから、会うということも(いくら謝罪のためであっても)言わないでください。

「また、連絡先が不明であり、直接送付できない…」というのも「連絡先をおしえろ」という裏返しだと言われかねませんので、ダメです。

というわけで、最後の2行はけずってください。

これらは、法的な問題がありますので、ぜひ、書きかえてください。

それから、法的な話ではないのですが、冒頭に妻がでてくるのはちょっと。

おそらく奥さんの存在自体にいらだちを感じているかと思いますので。

冒頭は、電話があったと聞きました、にしていただいたほうがよいかと思います。

それから、手紙は自筆で、そしてできるだけ美しい便箋と封筒をお使いくださいね。

その女性のかたが少しでもお気持ちが和らぐようなそんな綺麗な便箋をあなたがご自身で選んであげてください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

たびたび、ご丁寧にありがとうございます。


いま、妻と話したのですが、妻は手紙を出すのは反対のようです。


たとえどんな手紙を送ろうと今の彼女は、すべてマイナスで受け取るので、逆効果となり、次また別の問題が起こるのではないかと危惧しているのです。


昨日、彼女と話した上司が、しきりに彼女が私と妻が謝っていないことに対して、納得していなかったとのことです。


もし私が手紙を書いて謝罪をすることによって、彼女の気持ちが少しでも晴れればとは思うのですが、手紙を出すことが逆効果になるのも怖いですが。


こればっかりは、法律で解決できる問題ではございませんので、上司と相談しながら、どうするか検討いたします。                       補足ですが、おそらく彼女は私に好意 をもっていなかったと思います。好意というのは、男としては見られていなかったと思います。おそらく、私がしつこくメールや電話をしたことで、私が彼女と男女関係になりたいと彼女が思っていたのではないかと思っています。妻に電話したときに、私はそんなつもりもなかったのに、あんなに連絡されて。。。。と言っていたようです。彼女は、最後に会うまで、一度も拒否する態度(メールでもうメールしないでほしいとか、電話でもうかけないでほしいとか)を取りませんでした。それが余計に私を悩ます結果となり、私自身もイライラして理由が知りたく、しつこくなってしまったのは、反省すべき点ですが。私も全く彼女を女性としてみていなかったと言えば、嘘になると思いますが、恋愛感情の有無によって、刑事告訴、民事告訴が可能になるような例外はあるのでしょうか。何度も申し訳ございません。ささいなことが心配になっております。よろしくお願いします。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 3 年 前.

なるほど、そうですね、おっしゃるとおり、手紙を送ることでその女性のお気持ちを、というのは、法律では解決できないことですからね。

彼女があなたがの奥様が謝っていないことにも腹を立ててるとしても、まさか奥様にも謝罪の手紙を書いてもらうなんて、おそよおかしい話ですしね。

ゆっくり検討されてください。

 

 

そうなんですか、今更連絡をとってくるなんて、てっきり、すくなくとも過去には相手の女性はあなたに異性としての好意があったのかと…とはいえ、一般論ではなかなか判断できないことですから、あなたの感覚のほうが正しいのでしょうね。

すみません、法的な話からそれてしまいました。

 

民事のほうは、彼女のあなたに対する好意(恋愛感情も含め)がない場合のほうが、民事責任が認められるのであればという前提ですが、より、損害賠償額が大きくなります。

つまり、何度も連絡されて迷惑というのは、好意がない相手だと、より精神的につらい、ものだからです。

あなたのほうの好意(恋愛感情)は、民事のほうには、一切、影響しません。

いずれにせよ、好意(恋愛感情)の有無で、民事責任が、ないのに、あることになったりはしませんね。

ですので、ご心配なく。

あくまで、「相手が連絡をとらないで」という意思をあなたに明確(たんに連絡がつかないだけでは連絡をとらないでほしいという意思を明確にしたことにはなりません)にした後で、あなたがどういう行為にでたのか、が、民事責任のあるなしに関係するだけです。

 

刑事のほうはですね、今回は、まったく関係ないので、ちょっと説明がしにくいのですが、

実は、そもそもストーカー行為というのは、「恋愛感情もしくはそれに起因するマイナス感情」に基づいてしつこく連絡をとること、というのが本質なのです。

つまり、たとえば、女性がある男性が自分に気があって電話をかけまくってくるから、警察に、なんとかしてください、と相談、すると、警察から、まずは口頭で、「ストーカー行為ですからやめなさい」と注意、それでも、その男性が行為をやめない、すると警察が、文書で「ストーカー行為をやめなさい」と警告、その文書の警告に反してはじめて、ストーカー犯罪です。

今回は、警察の警告がないということ、そして告訴の期間の問題で、どちらにせよ明らかに刑事告訴は不可能ですので…

あなたもしくは相手の恋愛感情の有無によって、刑事告訴が可能になったりするようなことはまったくありません。

ちなみに、他の犯罪(軽犯罪法等)もまったく該当するものがありませんので、そちらも大丈夫ですよ。

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験: 平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

追加で、お願いします。


彼女は、自宅に電話したとき、妻に対して、私が転勤した理由をまず最初に尋ねたようです。おそらく、私が妻に正直に話しているかどうかを確認したかったのだと思います。また、そのとき妻はあまりに突然のこと、1年半以上前のことであり、なんて答えたらいいのかわからず、はぁっといった返事しかしなかったようです。それも気に入らなかったようですが、そのときに、私が原因で自傷行為をしていること、子どもにも心配掛けていること、刑事告訴するといっています。妻は、非常に怖がっています。私も逆恨みでなにをされるか不安でしかたありません。念のため、電話は着信拒否にしましたが、彼女は、私の会社に勤めていたときの緊急 連絡簿をそのまま自宅に保管していたので、自宅の電話番号も住所も知っているようです。なので、自宅に電話してきました。着信拒否にしましたが、精神的におかしな状況の人は、なにをするかわかりません。連絡が付かなくなったとき、自宅におしかけてくるのではないかと心配です。また、電車のフォームから飛び込むときに、私の名前を書いた紙を持って、飛び込んでやろうと思ったことがあることを上司との電話で話しています。私や妻には、直接言っていません。これは、ある種脅迫行為にはならないのでしょうか。電話だけで済むのであれば、いいのですが、今後が心配です。これからも同じようなことが続くようであれば、私のほうがなんらかの法的処置を取りたいと思います。後、彼女とのことは、社内では噂にはなりましたが、一部の人しか知りません。ですので、会社には極力このことは知られたくありません。仮に民事訴訟(彼女が私を訴える)になった場合、会社には、知られますか?或いは、私が彼女に刑事告訴した場合、会社に知られますか?

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 3 年 前.

そうですね…

自分の家で自分しかいないならともかく、奥様がいる家に来られるのは、来られること自体でも迷惑ですし、不安ですよね。

それに、彼女が病気であろうことも不安ですが、あなたの元とはいえ同僚でご友人の方を悪く言ってしまって申し訳ないのですが、その前から、過度に物事を荒立ててしまう人なのかという気がしますし…

脅迫罪というのは、「害悪の告知」と定義されます。

「害悪」というのは、何かといいますと、一般的に考えて人が恐怖心を抱くようなこと、ということになります。

となりますと、たとえ、あなたの名を書いた紙をもって自殺しても、必ずしも「あなたが悪い」ということにはならないので(とくに今回はあなたに原因がないことは明らかですし)、言葉が悪いのですが、やりたければやれば、ということになり、そうすると、一般的に考えて、そのようなことを言われても、恐怖心を抱くとは言えないと思われます。

むしろ、家族にまで「告訴する」と言うことこそが、「害悪の告知」として脅迫となる可能性が高いですね。

通常、「刑事告訴します」など言われれば、恐怖心をいだくと一般的に言われますから。

なお、家におしかけてきた場合に、「かえってください」と退去を求めたにもかかわらず、退去しない場合には、「不退去罪」ですので、このときに警察をよんでしまうのが一番てっとり早いかもしれません。

現行犯になりますからね。

今後法的措置をとった場合なのですが、

基本的に、民事訴訟にしても、刑事告訴にしても、会社に知られることは、ないです。

が、しかし、人のうわさというのは、意外にすごいものでして、いつの間にやら知られるとか、会社に匿名でのFAXが届くなど、知られることはないとは言えません。

とくに、民事訴訟は裁判の期日が裁判所に紙で貼ってますから、だれがだれに訴えを起こしたかも、裁判の内容も、だれでも知ろうと思えば知ることができますし…

とくに、今回の相手の女性が、自分が告訴されたことや訴訟を提起されたことを、会社に知らせることは十分ありえるかと思いますので、できるだけ会社に知られたくないということであれば、その点、私としては非常に不安なのですが…

質問者: 返答済み 3 年 前.

もう退会されるのですね。残念です。


他の方にもお願いしたのですが。


彼女から電話がほしいと上司を通じて連絡がありました。


電話をしても問題ありませんでしょうか。


どういう内容かわかりませんが、電話したいと思っております。


電話すると、ストーカーと言われないか心配しております。


アドバイスお願いします。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問