JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

株式買取り請求についての相談です。 昨年9月知り合いの経営者から、自社か一部譲渡したいので買って欲しいとの依頼を受

質問者の質問

株式買取り請求についての相談です。
昨年9月知り合いの経営者から、自社か一部譲渡したいので買って欲しいとの依頼を受け購入したのですが、株主としてのメリットを感じなく思い、買取り請求をしたいと思っております。どの様な手続きで先方に請求すればよいのでしょうか?教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.


はじめまして、弁護士をしております。

 

株式買取請求権の行使方法なのですが、
前提として、株式買取請求権の発生条件を説明させてくださいね。


ご存じでしたら、読み飛ばしてくださいね。

 

 

株式買取請求権というのは、法的な権利でして、
実は、いつでも誰にでも発生しているというわけではありません。

株主というのは、投下資本の回収は自分で行う、
つまり、譲渡する相手を見つけてきて自分で売ることが基本とされています。

ただし、一定の場合(たとえば合併等で合併内容に不満がある等)には、
会社に対して株式を買い取るように請求ができるという権利、株式買取請求件が発生します。

他方、自分で売るといっても、その株式が「会社の承認なく売ってはいけない」といった「譲渡制限」がついていることがあります。
このような場合、会社に対して、
「私は、自分が所有する譲渡制限株式○○株を、○○という者に譲渡したいと考えております。
よって、この譲渡につきまして、会社の承認を求めます。
なお、会社が承認しない旨の決定をするときには、会社が買い取るかまたは会社の指定買取人が買い取るよう請求致します。」
という書面を送ります。

そして、会社が承認すれば、譲渡相手と株式の売買契約を締結すればよく、
会社が買い取るのであれば、あとは会社と手続きをすすめ、会社から売却代金を受け取り、
会社が買取人を指定するのであれば、会社経由でその相手と手続きをすすめ、売却代金を受け取ります。

 

 

ですので、あなたがおっしゃっているのは、この譲渡制限株式の株式買取請求かと思いますので、
手続としては、上記のように、譲渡相手をまずはみつけてきて、そして、上記のような書面を送ることになります。

 

これは、会社法に基づく株式買取請求権の行使ですが、
実際には、その会社の経営者に連絡して、「会社に買い取ってほしい、会社が無理なら経営者が買い取ってほしい」と言って、事実上の買取請求を行います(譲渡制限会社の場合、譲渡相手なんて自分ではなかなか見つけることができませんからね)。
会社が買い取るといえば、上のような手続はあくまで自分で譲渡相手をみつけてくることを前提とするものなので、
事実上の買取請求をする場合には、会社が要求する手続にのっとって、売却の手続き、たいていは、売買契約書を締結して売却代金をもらうだけです。
この売買契約は通常の売買となんらかわるものではありませんのでご安心を(会社が買い取る場合、相手の会社にとっては資本の処理等をしなくてはいけないので、違いますが、あなたにとっては同じです。)

 

 

ひとまず、回答は以上なのですが、
疑問点がありましたらお手数ですが返信機能をご利用ください。
やりとりの中で疑問点を解消していきたいと考えております。

質問者: 返答済み 4 年 前.
Customerさんでよろしいのでしょうか?

 


早々のご対応ありがとうございます。


 


おっしゃる通り譲渡制限付きの株式です。


 


 その会社の経営者に連絡して、「会社に買い取ってほしい、会社が無理なら経営者が買い取ってほしい」と言って、事実上の買取請求を行いたいと思いますが、連絡方法は文書でしたいと思っています。


 


 その場合、これこれこういう理由であなたの会社の株式を手放したいのでというような文面は必要なのでしょうか?理由は将来性を感じなくなったというもので、必要以上に相手方を刺激してもよいものでしょうか?


 


 また、購入時の株式が、ひと株25万円でしたが現在50万円で購入している株主がいます。相対取り引きなので、50万円で買えと言えるものでしょうか?


 


教えて下さい。


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はい、こちらでは、そのアカウントで専門家登録(弁護士業務)を行っております。

こちらこそよろしくお願いしますね。

 

 

今回は事実上の買取請求、つまり、単純に、株式の売却の申込み(売買契約の申込み、買いませんかという提案)と考えてくださって大丈夫です。

 

つまり、あなたの感覚が正しいということなのですが、申込みの動機を示す必要は法的にはありません。

申込みの事実とその内容(ようは、○○株を一株いくらで買ってくださいということですが)さえ明らかにすればいいだけです。

そして、将来性を感じない、ようは、その会社に魅力を感じなくなったということなので、それを正直に言いますと、神経を逆なでしてしまいます。

ですから、あえて、申込みの動機をしめす法的な必要はないので、書かないほうがいいでしょうね。

 

 

もちろん、こちらからはいくらでも言うのは構いません。

あとは相手がのむか、ということですね。

相手がのみそうな金額より少し高めに言っておいて、あとは交渉ということも考えられるかと思います(お手間でなければの話ですが)。

 

ただ、他の株主で50万円で買っているという人がいるということは、50万円がおよそ妥当な価値なのではないでしょうか、ですから、そういう意味でも、ぜひ、50万円で買えと言えばよいかと思います。

 

なお、買取請求のときに、いくらで買ってください、と書かなくてはなりませんが、

この金額の根拠は、今回は書いたほうがより有利に交渉をすすめることができそうですから、書いておいたほうがいいでしょうね。

つまり、

少しへりくだって書くならば「他の株主が1株50万円で取引していると聞いております。この取引実績からは、当方としては、1株50万円が適正な評価額と考えております。つきましては、1株50万円での買い取りをお願い申し上げます。」

といった感じでしょうか。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

ただ、5日間ぐらいは評価の前後をとわず、いつでも返信機能をご利用できるはずですから、もう少しと言わず、せっかくですから、疑問点が解消するまでやりとりさせてくださいね。

回答させていただく立場として、少しでもお役にたちたいので。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

そろそろ期限切れの時期が近付いてまいりました。

追加の質問はいかがでしょうか?

疑問点はすべて解決しましたでしょうか?

返信お待ちしておりますね。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返事が遅れて申し訳ありません。
出張で立て込んでいました。今晩メールします。
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

忙しいところをせかす形になってしまって、

こちらこそすみません。

 

もし、期限切れとなってやりとりができなくなっても、

いったんこの質問への返金請求をしていただいて(たしか30日以内かと)、それから、時間があるときに再度質問してくださることもできるはずですから、大切な睡眠時間を削るなんていう無理はなさらないでくださいね。

法律 についての関連する質問