JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

任意団体代表のものです。(所属総数約30名) 過日イベントを行った際、不特定多数にアンケートをして個人情報含むを収

質問者の質問

任意団体代表のものです。(所属総数約30名)
過日イベントを行った際、不特定多数にアンケートをして個人情報含むを収集しました。
しかし、不注 意により紛失してしまいました。今回の紛失の責務は個人の責任と言えないものでした。
アンケート回収枚数は145枚。内、個人情報記載アンケートは30枚前後あったかと思われます。
HPにお詫びを告知して対応しようかと思っております。
今回の質問は、仮に大問題(損害賠償などの訴訟がおきるようなもの)が発生した場合、
・被告は誰になるのか?
・損害賠償責任は誰が持つのか?
・有限責任なのか、無限責任なのか
などが知りたいと考えています。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

あなたが代表をつとめていらっしゃる団体が、

「権利能力無き社団」と法的に評価できるかできないかで事情は異なってきます。

 

①団体としての組織をそなえ、

②そこには多数決の原則が行なわれ、

③構成員の変更にもかかわらず団体そのものが存続し、

④しかしてその組織によつて代表の方法、総会の運営、財産の管理その他団体としての主要な点が確定している

これらのことが権利能力なき社団と評価されるかどうかのポイントです。

なおこれは最高裁の見解なのですが、厳密には、①から④まできっちり正確に満たさなくてはならないというものではなく、基本的には、「社会的に考えて、個人のたんなる集まりでなく、その個人とは別個の主体、つまり団体として法人と同じようなに評価できるだろうか」それを多角的に考えようということです。

例が悪いのですが、友達同士でカラオケをしたりすることも、はた目から見れば団体で行動していますよね、でもそれは団体として法人と同じようには評価できないのは、常識的に考えると分かりますよね、そういうことです。

 

で、ながなが書いたのですが、おそらくあなたが代表をつとめていらっしゃる団体は、

権利能力無き社団だと思われます。

あなたのご質問内容からしても、団体がその団体に属する個人とは別個の存在のようですので。

 

ですので、権利能力なき社団であることを前提にお答えさせていただきますね。

 

その前に、もし権利能力無き社団ではないということになれば、どうなるのかといいますと、

端的に申し上げますと、紛失した人が被告となり、損害賠償責任を負います。

ですので、有限無限責任は関係ありませんが(有限責任無限責任というのはあなたがお考えのとおり構成員が団体の債務についてどこまで責任を負うかという話ですので)、あえていうなら、その個人が無限に責任を負うということになりますね。

さらに、その行為を管理していた個人もまた一緒に損害賠償責任を負います。

その2人の関係は、連帯責任となります。

 

 

で、すみません、やっと本題です。

権利能力無き社団は、法的には、法人と同じような扱いをうけるのですが、代表者が決まっていれば、裁判においても、団体として法人と同じように扱われます。

ですので、今回の件に関しましては、損害賠償責任を負うのは、団体、そして、被告になるのも団体(実際の訴訟追行は代表者が行うことになりますが)となります。

そして、団体の構成員の責任は、有限責任です。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、

不明点については、お手数ですが、返信機能をご利用ください。

やりとりの中で疑問点を解決していきたいと考えております。

法律 についての関連する質問