JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4629
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

海外で公認されているギャンブル(オンラインカジノ、ブックメーカ)を日本国内からインターネットで 海外サイトにアクセ

質問者の質問

海外で公認されているギャンブル(オンラインカジノ、ブックメーカ )を日本国内からインターネットで
海外サイトにアクセスして行う場合、違法行為となるでしょうか。

あるサイトでの意見は以下でした。(この意見が正しいかどうかという点も知りたいです)
「日本の賭博罪は、必要的共犯または対向犯で成り立っていますから、賭ける側(プレイヤー)と
賭けさせる側(オンラインカジノ経営側)を同時に立件しなければいけない」

これが正しい場合は、オンラインカジノが海外で公認を受けているため立件が出来ないため
日本に在住しながら海外のギャンブルを行う事は問題ないと思います。

専門家様のご意見をお待ちしております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

ここのサイトでも何度も同じようなご質問がされています。

本来は、刑事事件ですから、弁護士の先生のご回答が良いのかもしれませんが

一般的な法的な見解等をアドバイス致します。

確かにおっしゃる通り、賭博罪は、胴元とプレイヤーを同時に立件するものですから

海外で合法なオンラインカジノであれば、同時に立件と言うことはあり得ないので

日本での逮捕者はいないと言われています。

ただ、日本人が胴元として実施していた、ネットカフェでのカジノは逮捕者が出ています。

弁護士の先生による判例などからは、犯罪行為の一部でも日本国内で行われれば

刑法を適用するとありますので、本来は違法と言うことになります。

ただ、今のところは逮捕者がいないのでグレーと言われていますが、逮捕されるリスクはつきまといます。

当然、そこは自己責任となります。

そのため、法的な判断を求めても、どのサイトもきちんとした判断は出来ないと思います。

警視庁の見解では、違法と言われていますので、やはりリスクは高いことになります。

単に逮捕者が出ていないだけです。逮捕されない可能性が有ると言うことではありません。

賭博罪は、罰金50万円以下ですが、常習賭博罪になると3年以下の懲役です。

一般的な、アドバイスから言えば、手を出さない方が無難でしょうとなります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答をどうもありがとうございます。


 


さて、一点質問があるのですが、警視庁の見解で違法との事で、この違法であるという警視庁からの公式の文面などがあれば出展場所を教えて頂きたいのですがいかがでしょうか。


 


よろしくお願い致します。


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

調べましたところ警視庁自体が正式の書面やネット上での表明はしていないようです。

報道機関の報道の中でそのような発言があったと言う書き方がされているようです。

その手の報道も、ネット上では削除がされていてなかなか見つけることができません。

オンラインカジノを推し進めたいやからによって検索エンジンの操作が行われて

いるのかもしれません。海外宝くじでもそのような状況があるようです。

いずれにしろ、最終的には、裁判所が決めることと言えそうです。

その判断が出てないためグレート言わざるを得ません。

法律 についての関連する質問