JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

父母の生前に、同居の長男が、預貯金・有価証券を長男夫婦と自分たちの子供にほとんど名義変更し、遺産はほとんどない。とい

質問者の質問

父母の生前に、同居の長男が、預貯金・有価証券を長男夫婦と自分たちの子供にほとんど名義変更し、遺産はほとんどない。といいます。
相続税金対策でおこなったと思われますが、遺産はもらえないのでしょうか?
土地・建物は分割遺産として、私の相続分は、支払うが、預貯金・有価証券は、1億超でおおいので・・・。
相続人は、長男夫婦と私の3人です。

ご親切なご回答をお待ちしています。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

確認させてください。相続人が長男夫婦と質問者様の三名ということですが、長男の奥さんはお父様と養子縁組していたということですか?

養子縁組してないのであれば、長男の奥さんは相続人には含まれないということになるので。また、お父様とお母様が亡くなられたのはいつでしょうか?


よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

養子縁組しています。父はH23.11月、母はH24.10月です。
尚、家庭裁判所で審判(判決)した場合、完全勝訴と思われますが、当方の弁護士費用・遅延損害金は相手方からもらえますでしょうか?


ご教示おねがいします。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません、質問です。
家庭裁判所の土地の評価額は、 路線価か不動産鑑定士算定価格か、どちらでしょうか?


 


教えてください。 よろしくお願いします。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

前回答者がオプトアウトし回答しない意思を表示していますので、代わって回答します。

 

同居していることを利用して預貯金・有価証券をほとんど自分たちと子供名義に変更しているというのはとても不公平なお話ですし、家庭裁判所で審判(判決)した場合、完全勝訴できるとお考えになるのも無理はないと思います。
ですが、実はことはそう簡単ではないのです。

 

ご両親が生前有していた財産はあくまでもご両親自身のものですので、ご両親の意思によって自由に売却したり贈与することができます。
つまり、長男夫婦が同居という立場を利用してご両親を唆したのであっても、それがご両親の意思である限り生前に長男夫婦やお孫さんに自分の財産を渡すこと自体は違法なことではなく、あなたから生前の財産の移動が無効だということはできません。

 

しかしそれではとても不公平ですので、あなたからは長男夫婦に対して、生前のご両親から生計の資本として贈与を受けた財産については「特別受益」として遺産に加算し、それを前提として遺産を分けるように請求することができます。
この特別受益というのは、生前に一部の相続人が亡くなった方から財産を受け取っていた場合に、それを遺産の前渡しと考え、特別受益を受けていた相続人の相続分から差し引くことで実質的に公平に遺産を分けましょうという規定です。

ただ、生前の財産の移動が全て特別受益となるわけではありませんし、お孫さんへの贈与は相続人に対する贈与ではないため、特別受益としては認められにくいという難点があります。
どこまでの範囲が特別受益となるか、というのはケースバイケースで、非常に当事者同士での話し合いが紛糾する部分ですので、あなたの権利を守るためには弁護士に依頼して長男夫婦を相手に争った方が良いでしょう。

 

なお、争った結果、あなたの言い分が100%認められた場合でも、弁護士に依頼した費用は各自の負担となりますので、相手に負担させることはできません。遅延損害金については、一部認められる可能性があります。

 

家庭裁判所で争う場合の土地の評価額は、原則として当事者同士で合意したものを使用します。

当事者が鑑定料がかかるのは嫌なので路線価にしよう、と合意すれば路線価で計算されるわけです。

当事者で合意ができない場合は、不動産鑑定士に鑑定評価をしてもらいその価格を使うことになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

父母は、生前贈与をする能力はなく、完全にボケ状態の時に長男が自分の子供に贈与しています。


これは証明できます(認知症O級で)。


この場合は、どうでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
生前贈与などの法律行為をするには判断能力があることが前提になりますので、ご両親に全く判断能力がなかった場合は、生前贈与自体が無効であると主張できます。
証拠もあるということですので、まずはその証拠を持って弁護士と面談をしましょう。
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験: 民事法務専門
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

亡父・母の郵便局・銀行の10年前の出し入れは調査済みです。


プラス、証券会社、長男夫婦・子供(家族全員)の分は、弁護士又は、家栽で調査してもらえますか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
家裁が職権で調査することはできませんので、弁護士と協力してあなたの側で調査する必要があります。
また、長男夫婦や子供の個人の名義になっている財産を直接調査することはできませんので、相続人としての資格で調べられるご両親の財産の取引履歴等の情報を請求して、そこから調べることになります。

法律 についての関連する質問