JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

隣家のトタン屋根が、強風に煽られ飛来し、私の自動車に損害を与えた。 隣人は、天災だから責任がないと主張。 近隣の

解決済みの質問:

隣家のトタン屋根が、強風に煽られ飛来し、私の自動車に損害を与えた。
隣人は、天災だから責任がないと主張。
近隣の他の家屋は強風による被害はないが、
隣家は、相当古い建物であり、
屋根のメンテナンスを放置していたという意味で、
管理責任等を問えないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
はじめまして、弁護士です。

責任を問える可能性はあります。

強風といっても、注意して屋根が飛ばないようにできる程度のものであれば、
そのようにしておく必要があります。
そもそも、建物の所有者はその建物が崩れたりしたことで発生する責任を、
無過失で負うことになっていますから、かなり厳しいのです。
どうやっても防げないような強風とか、そのくらいでないと責任を負うんです。

質問文からすると、他の家はそういった事態になっていないようなので、
防ごうと思えば防げた可能性はあります。
そうすると、質問者様の賠償請求は認められる、という可能性が高いことになろうかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変有意義なご回答ありがとうございました。

理解を確かにするため、更問をお許しください。

私の念頭にあったのは、民法第709条の不法行為責任です。

本件の場合、管理責任上の過失はあるものの、天災は違法性阻却事由になるのではないか?あるいは、天災に対しては、過失すら認定されないのでは?との疑念からの質問でした。

JO-BAN先生は、「無過失責任」と仰いましたが、

①殆どの近隣が罹災するような天災でなければ、責を免れないと言う理解で良いでしょうか ?(本件は、本年4月7日、全国的に強風が吹いたときのことですが、殆ど全ての近隣は無傷です。)

②その根拠は特別法(建築関係の諸法規?)または判例でしょうか?

根拠条文等ご教示いただければ幸いです。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
よく知っていますね。

ただ、本件は709条ではなく、民法717条です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E7%89%A9%E8%B2%AC%E4%BB%BB
wikiですが、ご覧ください。
所有者は無過失責任を負うとされているんですよ。

①それはそのとおりです。

②根拠、というか無過失責任がそういうものですからね。
特定の事務所さんのサイトを紹介はできないので、
「工作物責任 天災」で検索などしてみてください。
私の回答に沿う内容が見つかると思います。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問