JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

婚活サイトで知り合った人(経営コンサルタントと名乗ってました)から、マンション投資をもちかけられ、契約してしまいまし

質問者の質問

婚活サイトで知り合った人(経営コンサルタントと名乗ってました)から、マンション投資をもちかけられ、契約してしまいました。
マンションは東日暮里のワンルーム3棟です。
ネットでのマンション勧誘のケースとあまりにも酷似しており、心配になっています。
15日に不動産会社で契約しており、クーリングオフも難しいと思いますし、銀行にもすでに行っており、ローン、融資の申し込みも終わっています。こう言った場合今後マンションの解約、または売却は可能でしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご存じのとおり、婚活サイトなどを利用してマンション投資を持ちかけるケースは最近非常に増えており、そこでのトラブルというのも報告されています。

ただし、全てがトラブルになるわけではありませんし、きっかけとして婚活サイトを利用していたとしてもそれ自体は違法ではないのです。

投資話そのものについて騙されたり、事務所に軟禁され契約しないと帰さないといった形で脅されたといった場合ではなく、あなた自身が投資しても良いとの判断をして購入を決定した場合には契約の効力を争うことはできませんので、一方的に無条件での解約はできず、契約書の解約条項に従って解約することになります。

一般的な契約だと、一定期間は手付金を放棄することで解約ができるという条項がありますので、契約書を確認してみてください。

マンションを購入したあとはあなたが所有者ですから、原則として売却することは自由にできます。

ただしローンを組んで購入する場合、売却するにはローン残高の全額を返済する必要があるため、購入価格よりも低い金額でしか買手がつかない場合は不足分を穴埋めすることが必要になります。

したがって、放棄する手付金の金額と、すぐに売却した場合に見込まれる損失を比較し、より金額の低いほうを選択するのがご自身の損害を最小に抑えることになるでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問